今日からShopify で販売を開始しよう

Shopifyを無料で試して、ビジネスの開始、運営、成長の為に必要なすべてのツールとサービスを体験しましょう。

ノートパソコンで小規模ビジネス向けローンの申し込みを行っている女性。

ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

自宅でお金を稼ぐ方法25選:在宅ワークで稼ぐには?

「在宅ワークで稼ぐ方法」というキーワードで表示される他の記事には、これからお伝えするような情報は書かれていません。

在宅ワークでお金を稼ぐためにはネット上の情報をいったん忘れ、代わりに自分の知識と経験に基づいて独自のビジネスを構築しましょう。

決断力と行動力があれば、家にいながらオンラインで収益を上げることは可能です。

この記事では、1件いくらといった単発の仕事ではなく、より在宅ワークに適した魅力的なアイデアを紹介します。

自宅で稼ぐ方法25選

  1. カスタム商品を販売する
  2. プリントオンデマンドビジネスを立ち上げる
  3. サブスクリプションボックスを作成する
  4. マーケットプレイスで商品を販売する
  5. デジタル商品を販売する
  6. クリエイティブ作品を販売する
  7. オーディエンスをマネタイズする
  8. フリーランスになる
  9. バーチャルアシスタントになる
  10. リセラーになる
  11. アート作品の制作・販売を行う
  12. ビンテージアイテムの収集と販売
  13. 写真を販売する
  14. 未使用スペースを賃貸する
  15. ペットビジネスを立ち上げる
  16. コーヒー豆を販売する
  17. 木工品を製作・販売する
  18. CNC工作機械でオリジナル製品を製作・販売する
  19. オリジナルのキャンドルを販売する
  20. 石鹸を作成・販売する
  21. バスボムを作成・販売する
  22. スキンケア商品を販売する
  23. フードビジネスを立ち上げる
  24. オンライン講師になる
  25. 自宅で保育サービスを提供する

1. カスタム商品を販売する

カスタム商品とは、ユーザーが好みに合わせて色やデザイン、素材、サイズなどを選択できる商品です。
カスタム商品は、ユーザーの個別の要求に応えることができるため、例えば、カスタムTシャツやカスタムジュエリーなどは、特別な贈り物やイベントなどにも利用されます。
過去にShopifyが行った消費者調査において、パンデミックが収まったら買いたいものは?と質問をした際には、以下のような項目が回答にあがりました。オンラインで販売するカスタム商品のアイデアの参考として紹介します。

  • アパレル製品:人々は自分の個性に合った洋服やアクセサリーを探しており、アパレル製品は常にトレンドになるアイテムです。そのため、アパレル製品は収益化しやすい商品といえます。
  • インテリア雑貨:多くの人は雰囲気が良くて居心地の良い、自分好みの空間を作り上げたいと考えています。そのため、インテリア雑貨は人気のカテゴリーです。ネットショップでは多くの人にオンラインで雑貨を販売ができるため、ターゲット層のニーズをつかんで需要の高い商品を販売することで、効率的に収益を得られます。
  • ヘルス&ビューティー:ヘルス&ビューティーケアのカテゴリーには、スキンケアやコスメ、ヘアケア、フレグランスなど、さまざまな製品があります。また、男性向けの製品やアンチエイジング製品などは今後さらに需要が増えていくと予想されています。
  • アート&エンターテイメント:アート&エンターテイメントのカテゴリーでは、ゲームやアニメキャラクターのデザイン、漫画、絵本など、多岐にわたる商品があります。最近ではデジタルでイラストを作成するのが主流となっているため、「Photoshop(フォトショップ)」や「Illusurator(イラストレーター)」といった画像編集ソフトがあれば、クライアントから依頼を受けて在宅ワークで収益を得ることができます。
  • フード&ドリンク:飲食業界はパンデミックの影響にもかかわらず、飲食の分野は毎年成長を続けています。さらにeコマースの波に乗って、今後はオンライン経由の販売も急増していくと見込まれています。

商品を制作・販売したい場合は、市場の需要を調査し、トレンドを追うことから始めるのがおすすめです。販売したい商品が見つかったら、Shopifyの無料トライアルでネットショップを立ち上げて、すぐにビジネスを開始することができます!

2. プリントオンデマンドビジネスを立ち上げる

プリントオンデマンドでは、サプライヤーから仕入れた無地の商品にオリジナルのデザインをプリントすることで、独自ブランドとしてオリジナルグッズを販売できます。

プリントオンデマンドビジネスは注文が入ってから作成を行うため在庫をもつ必要がなく、低リスクで始められるのが大きなポイントです。

プリントオンデマンド会社は商品のプリントから発送までを行ってくれるため、ネットショップの準備さえ整えば、あとはユーザーが商品を選んで注文処理を完了するのを待つだけです。

プリントオンデマンドが在宅ビジネスに最適な理由は以下の通りです。

  • 商品の制作が早い:デザインが決まったら、数分で自分のサイトに掲載できます。
  • 発送の心配が不要:サプライヤーが発送プロセスを進めてくれるため、自身は顧客サービスに注力することができます。
  • 初期費用とリスクが低い:在庫をもつ必要がないため、ストアに商品を追加したり、新しい商品アイデアの試験など簡単に行えます。オンラインショップを開始させるだけなので、事前の費用は最小限で済みます。

またプリントオンデマンドビジネスは、商品を通じてユーザーと交流する機会を提供してくれます。ブランドのスタイルを商品デザインに反映させている例として、Boba Love(ボバラブ)を紹介します。

Boba Loveの商品はすべて、「タピオカティー」(または”boba”)というテーマに基づいて作られています。タピオカティーは1980年代に台湾で生まれましたが、その人気は世界中に広がり、いまも多くのファンを魅了し続けています。

Boba Loveでは、シャツやトート、ブランケット、ハット、ステッカーなどを販売しており、ユーザーがストアで注文すると、サプライヤーがそれを作成して発送します。

3. サブスクリプションボックスを作成する

サブスクリプション(継続購入)ビジネスとは、ユーザーが繰り返し購入する商品を、定額料金制などで継続的に提供するサービスです。急速な成長を遂げる「eコマースのサブスクリプション市場」では、毎年利用者が右肩上がりに増えています。その中でもサブスクリプションボックスは、定額料金を払うことで、ユーザーのためにセレクトされた商品のボックスが毎月届くというサービスです。

サブスクリプションボックスを作成するメリットは以下の通りです。

  • 収益を予測しやすい:定額制のため毎月の収益を予測しやすく、成長戦略の計画が立てやすいというメリットがあります。
  • キャッシュフローが安定する:毎月ユーザーが課金するビジネスモデルのため、ユーザー数を一定以上に増やすことでキャッシュフローが安定します。
  • 顧客獲得コストを削減できる:ユーザーが定期的に購入してくれるため、一回一回の購入に対して、その都度顧客獲得コストをかける必要がありません。

Shopifyの調査によると、サブスクリプション販売を行っている創業者の63%がビジネスの結果に満足しており、一方で非サブスクリプション販売の創業者では満足している人の割合が55%に留まっています。

近年、成功したサブスクリプションビジネスには2つのタイプが存在しています。

  • 補充モデル:補充モデルでは、購入者は定期的に同じ商品や類似の商品を受け取ります。例としては、グルーミングブランドのHarry’sがあります。顧客が購入するHarry’sのスターターセットには、ハンドルやシェイビングジェル、かみそりカートリッジが入っています。顧客の使用頻度に応じて、毎月ジェルや刃を自動で受け取れる仕組みです。
  • メンバーシップモデル:メンバーシップモデルでは、購入者は月額や年額の料金を支払うことで限定商品や特典を受け取ります。例として、フリーランスのラインティングコミュニティであるPeak Freelanceがあります。彼らはメンバーシップモデルを運用しており、メンバーは定額料金を支払うことで、プライベートなSlackグループやオンデマンドのツールやコンテンツ、専門家のインタビュー、戦略セッションなどにアクセスできます。

    4. マーケットプレイスで商品を販売する

    オンラインのマーケットプレイスに出店して商品を販売することで、マーケットプレイスの集客力を利用して効率的に在宅で収益を得られます。

    一方、ネットショップを始めたばかりの初心者が自分でECサイトを構築して商品を販売する場合には、自身のショップに集客するのに時間と労力を要するでしょう。複数のマーケットプレイスで販売をすることで、より多極的にビジネスを展開できます。

    代表的なオンラインマーケットプレイスには以下のようなものがあります。

    • Etsy
    • Amazon
    • eBay
    • Faire
    • Mercado Libre
    • Rakuten
    • Facebook Marketplace 
    • VarageSale 

    5. デジタル商品を販売する

    デジタル商品は、オンラインで販売できるデータ形式の商品です。PDFファイルやプラグイン、テンプレートなど、ストリーミングやダウンロードが可能な形式で提供されます。

    デジタル商品は、開発の段階では一定の時間と費用がかかりますが、利益率が非常に高いため人気の高い商材です。メディアやソフトウェアが完成したあとは、保管や配布にかかる費用はほとんどありません。

    販売できる商品の数に制限はなく、クリエイターは専門知識を活かして、プロが利用できるアセット(キットや印刷可能な資料、ファイルなど)を作成できます。

    2013年に始まったUXキットは、ワイヤーフレーム、ユーザーペルソナ、フローチャートなどの、デザインプロセスをサポートする商品を提供しています。

    このブランドは、100以上の国で1万人以上のデザイナー、開発者、プロダクトマネージャーにキットを販売しました。その後、3種類の物理的な商品に拡張しましたが、数年前に作成されたデジタルアセットはまだ売上を伸ばし続けています。

    デジタル商品は、プロフェッショナル向けのものばかりではありません。ホームフィットネスを扱う会社のStreet Parkingは、自宅でワークアウトをする人のために、ワークアウトプラン、オンライン講座、メンバーシップのサブスクリプションなどのさまざまなデジタル商品を販売しています。

    どんなデジタル商品を作成するにしても、まずはターゲットとなる層のニーズを捉え、そこから逆算して進めていくことが重要です。

    6. クリエイティブ作品を販売する

    クリエイターは、インターネット環境があれば自身の作品を簡単に販売できるようになりました。ネットショップを立ち上げれば、音楽、動画、デジタルアート、写真、雑誌、ポッドキャストなど、ジャンルを問わずオンラインで販売を開始できます。

    クリエイティブ作品の販売はデジタル商品と同じように思われるかもしれませんが、商品はより創造的な要素を含んでいます。消費者のニーズに応えるというよりは、オンライン上での自己表現がメインといっても良いでしょう。ギャラリーやPR会社とのつながりがないクリエイターやアーティストでも、自分の情熱を追求しながらオンラインで収益を得ることが可能になったのです。

    Harry HambleyのInstagramで始まった漫画は、世界的なアイコンとeコマースブランドに成長しました。BBCのインタビュー(英語)で語られているように、Ketnipzのクリエイターはオンラインで漫画を描くために大学を中退しました。

    結果的に、Hambleyの戦略は成功したといえるでしょう。Ketnipzブランドは衣類やアクセサリーをオンラインで販売し、Instagramでは290万フォロワーを獲得、さらに世界のあちこちで壁画に描かれるほどに人気となりました。

    SNSとネットショップを組み合わせれば、オンラインで収益を得ることが可能です。積極的に投稿し、オーディエンスと関係を築き、ブランドを成長させ、新規の顧客を見つけましょう。

    7. オーディエンスをマネタイズする

    オーディエンスをマネタイズするビジネスは簡単ではありませんが、コマース指向のクリエイタービジネスで収益を上げる人は年々増加しています。ブロガーやインフルエンサーは必ずしもネット上で有名になる必要はなく、1〜2個のプラットフォームでオーディエンスを見つけることができれば、それを収益に変えることが可能です。

    植物のオンラインショップPartly Sunny Projectsの創設者であるSonja Detrinidadは、パンデミック中の一時的な趣味をTik Tokマーケティングを通じてフルタイムのビジネスに転換しました。彼女はTik Tokのインフルエンサーになるつもりはありませんでしたが、偶然にオーディエンスのマネタイズの可能性を発見したのです。

    Sonjaは植物ショッピングのハイシーズンに、1ヶ月で1,200件以上の注文を処理しました。Tik Tokでセンセーションが起こってからは、フォロワーは35万人に増加し、サブスクリプションボックスの購入は4倍に増えました。

    オーディエンスのマネタイズをする方法はいくつかあります。

    • ウェブサイトを構築し、オンライン販売を行う
    • アフィリエイト報酬を得る
    • Instagramのショッピング機能付き投稿を利用する
    • YouTubeチャンネルを開設して広告運用を始める
    • アクティブなブログにGoogle AdSenseを追加する

    どの方法を選択するとしても、オーディエンスをマネタイズすることは在宅ビジネスにおいて効果的な方法です。オーディエンスの構築には時間がかかるかもしれませんが、長期的に見れば投資した時間は報われるでしょう。

    8. フリーランスになる

    在宅ビジネスのアイデアとして一般的なのは、クライアントにオンラインでサービスを提供するフリーランスの仕事です。企業が雇用しようとしている職種の多くは、フリーランスとしても提供できるサービスです。

    具体的には、以下のようなものが挙げられます。

    • ライティング
    • グラフィックデザイン
    • マーケティング
    • データ入力
    • イラストレーション
    • トランスクリプション
    • オンライン指導
    • Shopifyストア設定

    企業も自社で社員を抱えるよりも、発生するプロジェクト単位でフリーランスに業務委託をしたほうが固定費を抑えられ、外注して社員の付加を軽減することで組織の生産性も上がるため、有能なフリーランスには前向きに発注したいと思っています。また、フリーランスは単に納品物だけでなく、仕事の成果に基づいて料金を請求できます。これはサービスの価格設定においてとても重要な意味をもちます。

    Peak Freelanceの共同創設者であるElise Dopsonは、「すべてのフリーランサーは、最終的には企業にビジネスの成果が求められていることを理解しています。」と説明しています。「たとえばフリーランスのライターは、単に企業のブログを書くだけが仕事ではありません。企業のためのトラフィック、リード、顧客を増やすコンテンツを作成することが仕事なのです。このことに気づき、それを提供できれば、フリーランサーとしてより多くの収入を稼ぐことができます。」

    Eliseは、ConversionXL、HubSpot、Privyなどの主要なBtoBのSaaS企業と協力し、成果を上げる素晴らしいコンテンツを制作しています。その結果、彼女は21歳で2,000万円以上の年収(英語)を実現できました。

    多くの企業が完全リモート体制に移行しているなか、在宅フリーランスとして収入を得るチャンスは豊富にあります。

    ライティング、デザイン、マネジメントなどに興味をもっているなら、それをフリーランスのサービスに転換してみましょう。結果はきっと満足のいくものになります。

    9. バーチャルアシスタントになる

    企業のオンライン移行に伴い、バーチャルアシスタント(VA)の需要が増加しています。バーチャルアシスタントとは、企業や個人と契約を結び、リモートで働く従業員のことです。

    バーチャルアシスタントが行う在宅ワークには、以下のようなものがあります。

    • 時間管理や管理業務:メール返信など
    • 財務業務簿記や請求書発行など
    • チームマネジメント:納品物のフォローアップ、トレーニングセッションの管理、タスクテンプレートの作成など
    • SNSやデジタルマーケティング:コンテンツの投稿や管理など
    • 個人的な業務:投資資産の管理、請求書の支払い、旅行計画など
    • コンテンツ関連の業務:動画やポッドキャストの編集など

    VAはそれぞれが専門領域をもっています。筆者自身、執筆ビジネスで長年にわたりVAと仕事をしてきましたが、彼らの大半はフルタイムのバーチャルアシスタントとして生計を立てています。

    システムと戦略を専門とするVAのAlexandra Froeseは、剰余タスクの合理化やビジネスの効率化を求めるクライアントをターゲットに仕事を獲得しています。

    Alexandraは、自らタスクを行ったり、ワークフローを開発することで起業家をサポートしています。少ない数のクライアントでも十分な収益を得られますが、仕事を停止するとキャッシュフローも止まってしてしまいます。しかし、VAはブログやデジタル商品の販売、または他のVAへの指導などによって新たな収益源を作り出し、在宅ビジネスを展開することもできます。

    続きを読む: バーチャルオフィスを活用して起業する場合の費用

    10. リセラーになる

    リセラーとは、メーカーや小売業者などから商品を仕入れて、それを顧客に販売する人のことで、「ディーラー」や「販売パートナー」とも呼ばれます。

    商品購入先のサプライヤーとしては、例えば以下のようなものがあります。

    1. DSersSaleHooなどのドロップシッピングサプライヤー
    2. ビンテージブティック
    3. 委託販売店
    4. Facebook Marketplace

    COAL N TERRYは、ネットショップでビンテージコレクションを販売しているリテーラーです。自社の独占ブランドのフーディーやほかのアパレルと一緒にクラシックなアイテムを販売しており、ユーザーは多彩な商品ラインナップを楽しむことができます。

    美容やファッションなどの領域にニッチな専門知識があるなら、再販ビジネスで利益を生み出せるでしょう。もし商品開発やオーディエンスの構築をゼロから始める必要がないのであれば、オンラインショップを立ち上げるだけですぐに販売を始められます。

    11. アート作品の制作販売を行う

    アーティストは、ネットショップやNFTマーケットプレイスなどのオンラインチャネルを通じて、作品を直接ファンに販売することができます。

    アート作品の収益化には、例えば以下のような手段があります。

    • オリジナル作品の販売
    • 限定版や普及版のプリント
    • デジタルダウンロード
    • 手数料
    • 帽子やエナメルピンなどの商品化
    • 生地や壁紙などの模様プリント
    • ほかのブランドや出版社とのライセンス契約
    • 企業や他のクリエイターとのコラボ

    12. ビンテージアイテムの収集と販売

    古着が好きな人は、在宅でビンテージアイテムを販売するという選択肢もあります。

    ビンテージ品の顧客は、ショップの厳選されたセレクションを閲覧しながら、コンディションの良いアイテムを探しています。

    ビンテージアパレルの需要は高く、ThredUpのようなブランドを成功に導いただけでなく、EtsyやeBayでの古着販売者の増加にも関係しています。その分競争も激しいですが、独自のブランドを作り上げることでビンテージコミュニティの中に自分自身のスペースを確立することができるでしょう。

    OMNIAの創設者であるNaomi Bergknoffは、2010年からビンテージアパレルのオンライン販売を行っています。ビンテージ品への熱い思いと小売業での経験を組み合わせ、マーケットプレイスではなくブルックリンの自宅近くで、独自のスタイルを考え出しました。

    13. 写真を販売する

    写真家としてのスキルがあれば、在宅ビジネスとして収益を得ることができます。

    自分にしか撮れない写真を撮ってファンを築いていくことで、複数の収入源に繋げられます。

    写真を活かした在宅ビジネスには、例えば以下のようなものがあります。

    • ストックフォトのマーケットプレイス:Alamy、500px、123RF、Stocksyなど
    • 商品:プリント、写真集、シャツや帽子などのグッズ、プリントオンデマンドサービスなど
    • サービス:ファッション撮影、商品撮影、イベント撮影、好きなものの撮影など

      14. 未使用スペースを賃貸する

      使っていない部屋を賃貸することで、手軽に不労所得を得られます。ベッドルームや駐車スペースなど、眠らせている未使用スペースがあるなら喜んで借りてくれる人に貸し出して収益化しましょう。

      収益化には、例えば以下のような方法があります。

      • 部屋を貸す同居人を見つける
      • Airbnb(エアービーアンドビー)で賃貸する
      • 倉庫を賃貸する
      • 駐車スペースを貸し出す
      • 海外留学生を受け入れる
      • ペットホテルサービスを提供する

      スペースの貸し出しには時間やお金はそれほど必要ありません。無駄に未使用のまま眠らせているよりも、必要としている人に提供しましょう。

      15. ペットビジネスを立ち上げる

      動物好きな人にとって、ペットビジネスは楽しみながらできる在宅ビジネスです。犬の散歩サービスやグルーミングサービスの提供、トレーニング、ペット用おやつの販売、エサ皿やおもちゃの再販など、さまざまな方法があります。

      ペットビジネスの対象は犬猫だけではありません。爬虫類、魚、うさぎなど、自分が好きな動物に特化することもできます。矢野経済研究所の調査によると、ペット関連の総市場規模は2024年には1兆8,370億円になると予測されており、新規ペットビジネスにとって魅力的な可能性が広がっています。

      16. コーヒー豆を販売する

      コーヒーが好きな人は、自宅でコーヒー豆を焙煎して、ネットショップで販売するという方法もあります。

      国際コーヒー機構によると、コーヒーの消費量は世界的に年々増加しています。適切なブランディングやマーケティングを行うことで、コーヒー豆の販売は魅力的な在宅ビジネスになり得るでしょう。

      ただし、焙煎豆の販売には事前に保健所への届出や食品衛生責任者の資格取得が必要です。

      17. 木工品を製作・販売する

      木工の経験がある人や、クラフトに関心がある人は、製作した木工品をオンラインで販売してみましょう。木工品の製作販売は、初心者から熟練者まで、さまざまなレベルで販売可能です。

      製作販売する木工品には、以下のような例があります。

      1. 木製の看板
      2. キッチン製品
      3. 家具
      4. サーフボード
      5. 箱物
      6. 写真立て
      7. プランター

      18. CNC工作機械でオリジナル製品を製作・販売する

      CNC工作機械を使用することで、さまざまな市場のバイヤーに対して、世界に一つしかない精巧なオリジナル製品を製作・販売できます。CNC工作機械は、あらかじめコンピュータに入力したデータに基づいて、金属や木材などさまざまな素材を複雑な形状に削ることができます。また、3Dプリンターのようにプログラムでオートメーション化が可能であり、複雑なパーツのデザインにも対応可能。CNC工作機械の価格は、メーカーやモデルによって異なりますが、小型のものならば3〜4万円程度で入手できます。

      CNC工作機械で製作できる製品には例えば以下のようなものがあります。

      • ホームデコ商品
      • キッチン&バーベキューツール
      • オフィス製品
      • カスタムサイネージ
      • おもちゃやゲーム
      • ジュエリー

      CNCルーターは難しそうに感じる人もいるかも知れませんが、使い方などの情報はWeb上に豊富にあり、参入障壁はそれほど高くありません。最低限の初期費用で、商品の製作・販売が可能です。

      19. オリジナルのキャンドルを販売する

      オリジナルのキャンドルを作成してオンラインで販売することで、収益を得ることができます。キャンドル作りには、ダブルボイラーやビーカー、容器などの道具が必要ですが、初期費用は比較的安く、自宅で始めやすいビジネスといえます。

      キャンドルは多くの人に人気のある商品なため、大きな収益を生み出せる可能性があります。キャンドル会社のBoy Smellsは、創造性豊かな独自のブランドを構築し、2016年からファッションや家庭用品、アロマなどの領域で従来のジェンダーの垣根を打ち破る斬新なアプローチを取っています。

      20. 石鹸を作成・販売する

      石鹸はパンデミックの影響で売り上げが急増しており、感染予防のための衛生用品として高い需要があります。さまざまな種類や香りを提供することで独自性を発揮でき、キャンドルやフレグランスなど他の製品の領域にもブランドを拡大できる可能性があります。

      ただし、日本国内で人間の体用の石鹸や化粧品を製造・販売するには、化粧品製造販売業許可や化粧品製造業許可の取得が必要です。詳細については、「化粧品販売:D2Cスキンケアブランドの始め方」もご確認ください。

      21. バスボムを作成・販売する

      手作りのバスボムを作成・販売することで、在宅ビジネスとして収益を得られます。

      カラフルでおしゃれなバスボムは、Instagramなどでも多数の写真が投稿されており、人気を集めている商品です。ただし、石鹸と同様、バスボムを作成・販売するためには化粧品製造販売業許可や化粧品製造業許可の取得が必要です。

      DIYや手作業が得意なら、ガイド記事「バスボムビジネスの始め方」(英語)をご覧ください。原材料の調達方法、バスボムの製造方法、人気のビジネスに成長させる方法が学べます。

      22. スキンケア商品を販売する

      スキンケアが好きで知識が豊富な人は、オリジナルのスキンケア商品を作って販売しましょう。最新のトレンドは、コスメとスキンケアが融合したハイブリッドビューティーや、健康に害をおよぼさないクリーンビューティー商品などです。

      小規模ブランドの利点は、特定のニーズに対応できることです。既存のブランドがまだサービス提供していない市場を見つけ、そこに向けたスキンケア商品を開発しましょう。

      スキンケアビジネスで利益を上げるためには、製造やサプライヤーとの協力が不可欠です。また、化粧品製造販売業許可や化粧品製造業許可の取得が必要です。

      23. フードビジネスを立ち上げる

      レストラン以外にも、初期費用や間接費を抑えて運営できる高利益率のフードビジネスは数多く存在します。成功の秘訣は、経験レベルに関係なく、自身の関心や情熱を持てる料理に取り組むことです。

      フードビジネスのアイデアとしては、例えば以下のようなものがあります。

      • フードトラック
      • ケータリングビジネス
      • クッキング教室
      • ミールキット
      • ソース
      • スナック
      • 自家製のジャム
      • ワイン、ビール、スピリッツ

        24. オンライン講師になる

        数学や英会話、ヨガなど、専門領域をもっているなら、オンライン講師として在宅ワークが可能です。オンライン講師は対面ではなく、オンライン上で講義を行うため、時間や場所に縛られず、本業をやりながら副業としても始めやすいのが特徴です。生徒を見つける方法としては、自身のWebサイトを立ち上げるほか、既存のスクールに所属したり、マッチングサイトやクラウドソーシングを利用するというものがあります。

        専門性に自信がないという場合でも、所属するスクールなどによっては研修制度が充実しており、初心者でも始めやすいものもあるので、興味のある分野があれば挑戦してみましょう。

        25.自宅で保育サービスを提供する

        専業主婦(主夫)や子どもの世話が好きな人は、自宅で保育サービスを始めるという選択肢もあります。これは家庭的保育事業と呼ばれ、子ども・子育て支援新制度の地域型保育事業の一環として実施されています。

        自治体の認可を受けて事業を始めるには市町村が実施する保育実習や認定研修をクリアし、家庭的保育者の資格を取得する必要があります。自宅で預かれる子どもの年齢や人数などには制限があるため、事前に確認しましょう。

        避けるべき在宅ワーク

        さまざまな在宅ビジネスの良いアイデアを確認したところで、次は避けるべき仕事を見ておきましょう。

        フリーランスのマーケットプレイス

        FiverrUpworkなどのマーケットプレイスは、始めやすいものの、すぐに低価格競争に巻き込まれる可能性があります。厳しい値下げを強いられては、サービスの差別化やプレミアムなものを提供することはできません。そのため、自分でフリーランスとしてのウェブサイトを作って、マーケットプレイスに依存しないビジネスを構築したほうがいいでしょう。

        オンライン調査サイト

        オンライン調査サイトの報酬はとても低く、時間を失うばかりで、長期的に価値を蓄積したり、スキルを磨くことはできません。

        時間をお金に変えることは短期の副業としては妥当といえますが、長く続けるのは避けたほうが良いでしょう。

          サイドギグ(単発の副業)

          手っ取り早くお金を稼ぐなら、ギグワークをするという選択肢もあります。ただし、これらはオンライン調査サイトと同様で、長期的な価値を生み出すことはできません。

          もし空き時間を利用してFacebook広告の運用やドロップシッピングストアの立ち上げなどのスキルを習得すれば、継続的な収入を得ることができるでしょう。

          マルチ商法的なもの全般

          ビジネスには投資が必要です。しかし投資をすれば必ず儲かるなどと謳っているタイプのものはほとんどが詐欺の手口なので、十分に注意が必要です。ビジネスの原則として、人が本当に欲しいと思うものを売って販売をしましょう。

          まとめ:自宅でお金を生み出す方法

          インターネット環境さえあれば、自宅でお金を稼ぐことができます。在宅で稼げる独自のビジネスは、どんなテスターや調査サイトよりも大きな利益とやりがいをもたらしてくれるてしょう。

          もし素早く簡単に収益が得られる仕事があれば確かに魅力的に見えますが、それはあなたの時間をお金に変えるハムスターの回し車のようなものかもしれません。時間は、人生でもっとも大切な資産です。時間を賢く使ってビジネスに投資しましょう。


          あわせて読みたい:副業の確定申告について

          よくある質問

          人気の在宅ビジネスは?

          例えば以下のようなものがあります。

          • カスタム商品の販売
          • プリントオンデマンドビジネスの立ち上げ
          • サブスクリプションボックスの制作
          • マーケットプレイスでの販売
          • デジタル商品の販売
          • クリエイティブ作品の販売
          • オーディエンスのマネタイズ
          • フリーランス
          • バーチャルアシスタント
          • リセラー

          避けるべき在宅ワークは?

          フリーランスのマーケットプレイス:価格競争を強いられます。

          オンライン調査サイト:報酬が少なめです。

          マルチ商法的なもの全般:詐欺が多く、トラブルのもとです。

          単発の副業は良い在宅ビジネスですか?

          案件を獲得する工数が必要になり、長期的に価値を生むものではありません。デメリットを理解した上で始めましょう。

          ネットショップを開設しよう!

          Shopify無料トライアルはこちら