ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

サイト売買(M&A)とは? メリット・デメリットについても解説

Karolina Grabowska 

ウェブサイトを立ち上げるのが簡単になった近年では、ネットショップを開設してお好みの商品を売りたいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、ウェブサイトの開設に時間やスキルはそれほど必要がないとしても、自分のサイトを安定した収益を見込めるレベルに成長させるには、ある程度の時間と労力が必要です。そのような状況で役に立つのが、サイトの売買です。この記事では、ウェブサイトの売買について押さえておきたい基本知識についてご紹介します。

サイト売買(M&A)とは?

サイト売買、またはM&A(Merger and Aquisition)とは、既存のウェブサイト(ドメイン)を売ったり買ったりすることです。運営年数が長く、アクセスや収益が多いサイトには高い価値がつきます。何らかの理由で、会社がそのウェブサイトを閉鎖したり、必要性がなくなった場合、売り手側は、売却することで大きな資金を得ることができます。また、買い手側は、有利な条件が整ってたサイトを購入することで、すべてをゼロから始める新規サイトよりも優位な条件で運営を開始することができます。

サイト売買のメリット・デメリット

双方に利点があるウェブサイトの売買ですが、どのようなメリット・デメリットがあるのかを見ていきましょう。

買う側のメリット

既存のドメインを買う利点は、安定したトラフィックを見込める点です。そして、すでに利益を上げているサイトであれば、好条件のまま引き継ぐことができるため、集客やマーケティングにかける時間や人材を雇う費用を大幅に節約し、ウェブサイトの成功までの道のりを短縮することができます。

売る側のメリット

アクセス数や収入が多いウェブサイトを運営している会社は、サイトを売却することで、まとまった資金を得ることができます。ウェブサイトの価格は、月額利益の数か月から数年分にもなりますので、その資金で新たなプロジェクトを開始することもできます。売却することを前提にしてウェブサイトを制作している運営者も少なくありません。

買う側のデメリット

買う側のデメリットは、良い条件を引き継いだとしても、違う運営者に同じような成功が保証されているわけではないことです。例えば、デザインのイメージや、コンテンツの内容を変えてしまうと、以前のウェブサイトに愛着を示していたユーザーが、同じように共感してくれるかは分かりません。

後ほどご紹介する、ウェブサイト売買仲介業者の「サイト売買Z」の創設者の方も、「300万ほどで購入したサイトを、わずか数か月ほどでダメにしたこともある」と失敗談を語っています。大きな変更を加える場合は、慎重に行うことが必要です。

売る側のデメリット

売る側の一番のデメリットは、収益がなくなってしまうことでしょう。そして、売却後は、サーバーの移転、ウェブサイトの引き渡しに時間がかかることや、書類の作成や提出に手間がかかることがあります。

また、売却する際に、売る側は、購入予定者にアクセス数や報酬履歴を公開する必要があります。その情報が悪用されたりする可能性もありますので注意が必要です。

サイト売買の方法

ウェブサイトの売買を行うには、個人で行う方法と仲介業者に依頼する方法があります。

サイト売買は個人でもできるの?

結論から言うと、ウェブサイトの売買は個人でもできます。サイトキャッチャーのような、個人で交渉ができるオークションサイトを利用するのも一つの方法ですが、慣れていない人は仲介業者を利用しましょう。

ウェブサイトの相場は?

ウェブサイトの価格は、その種類によって異なります。おおよその相場は以下のようになります。

ウェブサイトの種類

相場価格

アフィリエイト、アドセンスサイト

月間利益の2年分

ブログサイト

月間利益の半年~2年半

ポータルサイト

月間利益の3~5年分

ECサイト

月間利益の1~3年分

サイト売買をサポートしてくれるおすすめの仲介業者

日本で知名度の高い仲介業者を見ていきましょう。手数料は発生するものの、交渉に慣れていない人には強い味方になります。

ラッコM&A

ラッコM&A

ラッコM&A

ラッコ株式会社は、国内で最も知名度の高いM&A業者と言っていいでしょう。数万円で購入できるウェブサイトもあります。手数料は、売却者は無料、購入者には成約額の5%が発生します。

売買交渉チャット、弁護士相談チャットなどの機能も用意されており、疑問点があれば問題なく解決できます。趣味のブログなど、個人同士で売買が行われている場合もありますので、個人での取引を考えている人にもおススメです。

サイトマ

サイトマ
サイトマ

サイトマの特徴は、サイトの売買(M&A)を完全に任せることができる「ワンストップサービス」であることです。ウェブサイト売却のための文章作成、情報収集、価格交渉、面談、ウェブサイトの移行、入金など、面倒くさい作業をすべてお任せすることができます。

そして、サイト売買の際には、スカイプ、その他の方法で、売り手と買い手が面談できる機会が設けられています。メールの交換だけで成立する取引とは違い、サイトマの取引では双方に信頼感が生まれます。

サイト売買Z

サイト売買Z
サイト売買Z

サイト売買Zは、アフィリエイトサイト運営者に人気のサービスです。個人での売買にも問題なく使えます。案件が成立した場合、買主側に手数料3%が発生します。サイト売買Zでは、売却者は、非公開でウェブサイト売却を進められるのも一つの大きな特徴です。

ECサイトのデザインはShopifyで

近年ではネットショップ開設のハードルが低くなりましたが、アクセス数を伸ばして、収益を上げることができるレベルのウェブサイトに成長させるには時間がかかるという点は変わりません。

そのため、サイト売買のサービスを利用して、ビジネスとウェブサイトの成功までの道のりを短縮できるのは、とても便利です。

世界175カ国、100万以上のショップに利用されているShopifyは、ECサイト運営に便利な機能が搭載されたECプラットフォームです。カスタマイズ機能も豊富なので、あなたも個性的なECサイトを作ってみませんか?

よくある質問

サイト売買とは何ですか?

サイト売買とは、既存のウェブサイトを売買することです。一定のアクセスや収益があるウェブサイトには価値があります。新しいウェブサイトを立ち上げて、ECサイトやその他のビジネスを始めたい人は、すでにSEO対策が行われているウェブサイトを手に入れることで、時間や労力のかかるSEOや対策やマーケティングのプロセスを大幅に削減できます。

サイト売買は個人でもできますか

サイトの売買は個人でも行うことができます。サイトキャッチャーのようなオークションサイトを利用したり、ラッコM&Aのような、個人にも丁寧なサポートを提供してくれる仲介業者もありますので、この記事でご紹介した業者を比較して、ご自分の条件に合ったサービスを利用してみましょう。

サイトの価格はどれぐらい?

価格はウェブサイトの種類によって異なります。種類は、アフィリエイト・アドセンス系サイト、ポータルサイト、ブログサイト、ECサイトなどに分類できます。価格は、月間利益の半年から3年分など様々です。詳しくは、この記事の「ウェブサイトの相場は?」をご覧ください。価格は業者によって異なりますので、気になるウェブサイトがあったらチェックしてみましょう。

サイト売買の方法を教えて下さい

この記事でご紹介している仲介業者のサービスページを見て、手数料、サービスの内容などを比較し、お好みの条件に合ったサイトで、目的に合ったウェブサイトが見つかるかをチェックしてみましょう。

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: