ShopifyとMagentoの比較

ShopifyとMagentoの比較 (2022) - どちらのEコマースプラットフォームを選ぶべきでしょうか?

Shopifyではあらゆる規模のビジネスに、自社開発のPOSシステムや6,000超の統合、24時間体制のサポートに加えて、高度なセキュリティ機能も提供しています。

ShopifyとMagentoの比較

ShopifyとMagentoの機能比較表

主な機能

Magento

Shopify

ウェブホスティング込み いいえ はい
無制限の商品登録数 はい はい
100を超える決済ゲートウェイサービス はい はい
無制限の帯域幅 いいえ はい
数千もの統合機能 4,000超 プラグイン経由
24時間体制のサポート はい はい
無料のサブドメイン いいえ はい
コーディング不要のストアビルダー いいえ はい
無料のSSL証明書 いいえ はい
ブログ込み いいえ はい
スタッフアカウント 6,000超 はい
詳細な売上レポート いいえ はい
PCI-DSS準拠 いいえ はい
国際決済処理サービス はい はい
組み込みの不正注文防止機能 はい はい
ストアオーナー向けモバイルアプリ いいえ はい
オープンソース はい いいえ

Magentoと比較して、Shopifyだからこそ提供できる10つのメリット

ウェブホスティング

Shopifyの月契約のサブスクリプションにはウェブホスティングが含まれています。そのため、Magentoのようにウェブホスティングプロバイダーに新たに登録する必要はなく、設定がより簡単です。

初心者にもわかりやすい

ShopifyとMagentoを比較すると、Shopifyではオンラインストアの構築にドラッグ&ドロップ機能が利用できることがおわかりいただけます。Magentoはエンタープライズビジネス向けに構築されているため、ウェブサイトや追加の拡張機能の構築に開発者が必要になる可能性があります。一方でShopifyでは、サポートを必要とせずにウェブサイトをご自身で構築できます。

時代に合ったテーマ

Shopifyのすべてのテーマは無料のものも含めてレスポンシブデザインです。Magentoで利用できるのは、わずか11テーマですべて有料です。Shopifyでは、約70個のテーマがあり、そのうち約10個は無料です。時代に合ったデザインで、価格も手ごろです。最も高額のテーマは、Shopifyの場合わずか180米ドルですが、Magentoでは499米ドルとなっています。

数千もの統合機能

Shopify アプリストアには6,000を超えるアプリがあります。ShopifyとMagentoを比較すると、Magentoが提供している拡張機能は4,000未満です。Shopifyではオンラインストアのカスタマイズを簡単に行えるアプリを豊富に取りそろえています。

24時間体制のサポート

Shopifyのサポートチームは、電話とチャットで24時間お問い合わせに対応しています。そのほかにも、メールやフォーラム、ヘルプセンターによるサポートもご用意しています。さらに、オンラインコースやウェビナー、ブログ記事を通じた情報提供も行っています。Magentoは、ヘルプセンターやフォーラム、開発者向けドキュメント、技術リソースのほか、電話やチケットでのサポートや、デモのサポートも提供しています。

サブドメイン込み

ShopifyとMagentoを比較すると、Shopifyには毎月のサブスクリプションにサブドメインが含まれているというメリットがあります。例えば、ドメイン名をまだ確定していない場合、.myshopify.comのサブドメインを使ってビジネスを宣伝できます。Magentoはエンタープライズビジネスを対象としているため、Magentoで使用するドメイン名が必要になります。

コーディング不要

ShopifyにはHTMLやCSSの編集機能があるため、プラットフォームを使用するにあたりコーディングの方法を知る必要はありません。簡単なドラッグ&ドロップ機能や、そのほかにも6,000を超える役立つアプリがあり、さらに複雑な変更が必要な場合にはShopify Expertに依頼することができるため、Shopifyは誰でも簡単に使える、コード不要のストアビルダーとなっています。Magentoでは、大半のビジネスがウェブサイトを構築する開発者を社内に配置するか、拡張機能の利用に大きく依存することになります。

設定が簡単

Shopifyでは、登録からオンラインストアの構築を完了するまでのプロセスが簡素化されています。簡単に操作できるメニューで、すべてのステップを1つずつ完了できます。また、テーマエディタを使ってサイトを簡単に構築し、カスタマイズすることもできます。

手ごろな選択肢

ShopifyとMagentoを比較すると、Shopifyはより手ごろな選択肢であることがわかります。決済ゲートウェイサービスの取引手数料はShopifyのほうが低く、ウェブ開発に必要な作業ははるかに少なくて済みます。また、ウェブホスティングやサブドメイン、無料のテーマに加え、無料のドロップシッピングなど多くの機能を利用できます。一方でMagentoには毎月のサブスクリプションはありませんが、サイトの立ち上げと運営に高額の費用がかかります。

簡単なカスタマイズ

Shopifyのテーマエディタを使えば、フォントやカラー、画像、レイアウト、通貨など多くの要素をカスタマイズできます。ShopifyとMagentoを比較すると、Magentoではカスタマイズのためにサードパーティの拡張機能の使用が頻繁に必要になります。

MagentoよりもShopifyがマーチャントに好まれる理由

コンテンツ管理システムの機能

ShopifyにはCMS機能が組み込まれており、オンラインの小売業者はブログを掲載、管理できます。シンプルなエディタでヘッダーや書体の変更、リンクや画像の追加など、さまざまなことができます。Magentoで同じように効果的なブログを作成するには、外部サービスとなるMagentoの拡張機能を追加する必要が生じることがあります。

無制限の帯域幅

Shopifyでは、すべてのプランのマーチャントに無制限の帯域幅とオンラインストレージを提供しています。Magentoで無制限の帯域幅を使用するには、個別にオンラインストレージを設定する必要があります。

自社開発のPOSシステム

POSシステムの観点でShopifyとMagentoを比較すると、Shopifyでは自社開発のPOSシステムを提供しているのに対し、Magentoでは外部サービスのPOSシステムであるConnectPOSを拡張機能として提供しています。ShopifyのPOSシステムはオンラインストアと統合してビジネス全体のデータを確認できるようにします。

マーチャントから寄せられる信頼

数百万のマーチャントがShopifyのEコマースプラットフォームを利用しているのに対し、Magentoのプラットフォームを利用しているのは25万超のマーチャントです。Shopifyは小規模からエンタープライズまであらゆる段階のマーチャントをサポートしているため、起業家はShopifyでビジネスを成長させることができます。

SEOのベストプラクティス

ShopifyにはメタディスクリプションやメタタイトルなどのSEO機能が組み込まれているため、検索に対してウェブサイトを最適化することができます。また、マーチャントはShopify アプリストアのアプリで機能を追加することもできます。Shopifyのコンテンツ管理システムなどの機能により、ウェブサイトにブログを構築したり、検索エンジンでの掲載順位を向上させることができます。

取引手数料なし

Magentoでは取引手数料はかかりませんが、決済サービスを追加すると料金が発生します。Stripeを例に挙げると、ヨーロッパ以外での取引には2.9% + 0.20イギリスポンド、ヨーロッパでの取引には2.4% + 0.20イギリスポンドの手数料が発生します。Shopify ペイメントを使用する場合、ご利用のプランに関係なく取引手数料は発生しないため、より費用対効果の高いソリューションといえます。

手ごろな価格のドロップシップ

ShopifyとMagentoのいずれでも、起業家はドロップシップを利用できます。Magentoでドロップシッピングを利用するには、ドロップシップ拡張機能に249米ドルの一定料金を支払う必要があります。Shopifyでは複数のドロップシッピング会社から選択できます。例えば、Shopifyが所有しているOberloには、毎月のサブスクリプション料金なしでドロップシップを利用できる無期限無料のプランがあります。

組み込みのセキュリティ

ShopifyとMagentoのセキュリティを比較すると、Shopifyには不正解析機能が組み込まれており、SSL証明書付きでPCI-DSSに準拠しています。また、GDPRにも準拠しています。MagentoでSSL証明書を追加するには、サポートに問い合わせる必要があります。PCI-DSSに準拠してMagentoで販売するには手動でSSL証明書をインストールしなければなりません。

あらゆるEコマースビジネス向け設計

Magentoはエンタープライズビジネス向けに作られていますが、Shopifyはあらゆる規模のビジネス向けに作られています。ビジネスの成長に合わせてビジネスを後押しするための追加機能が多数用意されているため、必要なときに必要な機能だけを利用することができます。

私たちは、多くのブランドが10年かけても構築できていないことを、たったの3年で構築できました。

Chiomaさん, Cee Cee's Closet NYC

Shopifyについてさらに詳しく

Shopifyを比較

Shopifyと他のプラットフォームとの比較を見る

比較ページを見る 

Shopify コミュニティ

Shopify フォーラムでビジネスオーナーから学ぶ

Shopify フォーラムを検索する 

Shopify ヘルプセンター

Shopifyに関するすべての疑問の答えをすばやく見つける

ヘルプセンターにアクセスする 

3日間の無料体験をお試し!

Shopifyを無料で試して、ECサイトの作成、運営、成長に必要なすべてのツールとサービスを体験しましょう。

よくある質問

MagentoからShopifyへの移行方法を教えてください。

MagentoからShopifyへの移行方法について詳しくは、Shopifyへの移行 をご覧ください。

ShopifyとMagentoでは、どちらがSEOに適していますか?

ShopifyのほうがSEOに関して優れています。これは、サイトの読み込み速度が速く、SEO機能を備えており、アプリも豊富なためです。Magentoとは異なり、Shopifyにはブログ機能が組み込まれているため、検索に基づいたブログ記事を作成して検索順位を上げるために活用することもできます。

MagentoとShopify Plusの違いは何ですか?

MagentoとShopify Plusの主な違いは、Magentoがオープンソースである点です。Shopify Plusはオープンソースではありませんが、ホスティングや高度なセキュリティ機能、低額な取引手数料により、エンタープライズビジネスにとってより優れた選択肢といえます。

MagentoとShopifyを比較すると、どちらのサイトのほうが操作が簡単ですか?

Shopifyはコード不要のストアビルダーであるため、誰でもビジネスを立ち上げることができます。テーマエディタを使えば、シンプルな数ステップだけでご自身のオンラインストアを簡単にカスタマイズできます。

ShopifyとMagentoでは、どちらが優れていますか?

Magentoは、社内に開発者を持つチームにとっては優れたプラットフォームといえます。Shopifyは開発者以外の人でも操作できるため、小さなビジネスからエンタープライズまでの幅広いビジネスにより適しています。また、Shopifyではすべてのプランでホスティングや無制限の帯域幅とオンラインストレージを提供していますが、Magentoでは自社でホスティングやクラウドストレージを調達する必要があります。Magentoで外部サービスを使用した場合、ビジネスが拡大するにつれて、ホスティングやストレージの費用は増えていくでしょう。

Magento、Shopifyとは何ですか?

MagentoとShopifyはオンラインストアビルダーです。Shopifyでは、オンラインストアの仕組みを理解し、構築し、拡大することができます。Shopifyを使えば、コーディング方法を知らなくてもストアをすばやく立ち上げることができます。

Eコマースプラットフォームとして最適なのは、Magento 2とShopifyのどちらですか?

Shopifyは「より優れたコマース体験をすべての人に」という使命を掲げています。初めてビジネスを立ち上げる場合でも、新たなソリューションを求めているエンタープライズの場合でも、Shopifyはオンラインストアの運営を成功へと導く数多くの機能を提供しています。すべてのプランで無制限の商品登録、無制限の帯域幅とオンラインストレージ、Shopify POS (Point of Sale)、ギフトカード、不正解析などさまざまな機能をご利用いただけます。

ページ最終更新日:2021年4月13日