ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

ネットショップの移行・乗り換えの手順や注意すべきことを解説します

ネットショップを何年も運営していると、時代や機能が進む中で、自分のショップでできないことが増えたり、セキュリティの面が心配になったり、もっと魅力的なサービスが出てきたりなどということが良くあります。

そういうときにネットショップの乗り換えや移行を検討するのか、それとも今のサービスを使い続けるのかという難しい決断に迫られることもしばしば…。

しかし、いざショップの引っ越しをしようと思っても、実際はすでにお持ちのネットショップの日々の作業に追われたり、実店舗が忙しく引っ越しの準備の時間が作れなかったりということもあります。いかに効率よくやるかが大事になってきます。

今回は、そもそも移行するために確認すべき点や、どのように移行するのか、またどのようなデータが移行できるのかなどという、移行や引っ越しの基本についてご説明いたします。

これからネットショップを移転しようと考えている人はぜひチェックしてみてください。

移行前の確認点と準備

実際にデータなどの移行作業をはじめる前にいくつか確認や準備をすべき点をご紹介します。

最初に「なぜ移行するのか」ということを整理しましょう。新しいプラットフォームでどういうことをやりたいとか、何を改善したいのかをしっかりまとめるのは非常に大事です。こちらの点は、すべてのプラットフォームの移行において同じことが言えます。

例えば、「ネットショップのデザインが古い」であるとか、「こういうことがやりたいけど今のサービスではできない」、「新しい決済サービスを導入したい」などの機能面の理由から、「ネットショップが使いにくくて新しいサービスにしたい」、「セキュリティが心配」、「最新のプラットフォームに乗り換えたい」、「そもそもお金がかかる」などの管理や運用の面で移行をしたいケースもあるかと思います。

また、もう一点非常に大事で、自分以外にも関係者が存在する場合に、関係各所にも共有をしておかなければならないことが、「システムを乗り換えても、以前使っていたシステムとまったく同じことができるとは"限らない"」ということです。各サービスで多くの点が微妙に異なるので、以前使っていたサービスでできていたことが、新しいサービスではやり方が難しいなどということがあります。そのような点も考えて、まずは移行が本当に必要なのかと確認するのは非常に大事です。

なお、Shopifyほどの拡張性があるプラットフォームでならお望みの機能が基本機能になくてもアプリを使って機能追加をするといった方法が用意されていたりしますので、もし機能面でのご質問がある方は、以下のリンクから年中無休対応の日本語専門サポートにご連絡ください。

 

また、実際に移行する前にShopifyの無料体験をはじめるのも良いでしょう。14日間の無料体験期間中はクレジットカードの入力も必要ないので、気軽にShopifyを触ることができます。

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

さて、実際の移行に関しては、基本的には大きく分けて2つの仕事があります。データ移行と設定です。移行の際にもっとも大事なのはデータ移行です。プラットフォームによって移行できるデータとできないデータが存在しますが、今回はShopifyへ移行するという前提で見てみましょう。

他プラットフォームからShopifyへ移行できるデータ:

  • 商品データ
  • 顧客データ
  • 受注データ(アプリを使う必要あり)
  • コンテンツ(一括移行はアプリを使う必要あり)

移行できないデータ:

  • デザイン(似たものを作る必要あり)
  • アカウントのパスワード
  • クレジットカード情報などの暗号化されているデータ

ネットショップの引っ越しの際は上記のデータを移行する・しないという話になります。

それでは各項目を見ていきましょう。

商品データの引っ越し

移行するときに最も大変なのが商品と顧客データを新しいショップで引き継ぐことです。商品数が少ない場合は、手動で商品を追加することもできますが、数百点のようになると、一括で登録した方が効率的です。そのようなときに役に立つのがCSVファイルです。CSVファイルとは、ファイルの形式の種類でカンマで区切ったテキストデータのことを言いますが、Shopifyを含む多くのプラットフォームがCSVファイルを活用しての一括登録に対応しているため、こちらを使えるようにしておくと楽です。

なお、CSVファイルの形式は各プラットフォームで異なるので注意が必要です。Shopifyの商品データのCSVファイルのサンプルは、こちらをダウンロードしてください。

顧客データの引っ越し

顧客データも商品データと同じくCSVファイルを使ってデータ移行することが多いです。商品に比べたら、住所や名前など、項目が少ないので、作業自体は楽なことが多いですが、個人データを扱う作業のため、慎重に行いましょう。Shopifyの顧客データのCSVファイルのサンプルは、こちらをクリックしてダウンロードしてください。

なお、Shopifyの顧客CSVファイルでは他のプラットフォームと異なる箇所があるので注意点が必要です。

  • 姓名が別れている:First Nameには名前、Last Nameには苗字が入ります。姓名をこちらのような方法を使って分離しない場合は、Last Nameに姓名ごと入れてください。Shopifyの決済システムでは姓のみの入力でも決済することが可能です。
  • Country CodeとProvince Codeで国名と都道府県を認識する:日本の場合、Country CodeにはJP、Province Codeにはこちらの表をご参照して入力してください。なおこの2つが入っていれば、CountryとProvinceが空欄でもインポートできます。

受注データの引っ越し

受注データは移行できますが、移行しなくても良いと考える事業者も増えているようです。しかし、過去のデータは保存する必要があるので、CSVでのエクスポートは忘れずに行っておきましょう。

なお、Shopifyでは受注データはCSVでエクスポート=取り出すことが可能ですが、手動でインポートをすることができないので、受注データの移行にはMatrixifyなどのアプリが必要です。一方で、Shopifyの受注データは常に商品情報と結びついているため、過去の受注データを完璧に使うためには、すでに販売していない過去の商品データもショップに移行する必要があるので、少々大変です。

コンテンツの引っ越し

コンテンツの引っ越しも注意が必要です。移行するコンテンツの量が少ない場合には、手作業で同じコンテンツをコピペして公開して、もしURL構造が異なる場合は、さらにリダイレクトを設定するという方法で良いですが、コンテンツが何百記事にも渡ると、Shopifyの場合ではアプリの力を借りた方が楽です。

SEO的にはどうしても一時的にはランキングは下がりがちなので注意が必要ですが、しっかり内部リンクなどを作り直すことで、ある程度の回復も見込めます。

その他の注意点

移行にあたってデータ以外でも注意すべき点がありますので、そちらを見ていきましょう。

デザインの引っ越し

前のプラットフォームで使っていたデザインとまったく同じデザインを新しいプラットフォーム上で使うことはできません。基本的には「似たサイト」を作り直す、もしくは「新しくデザインする」ということが選択肢になってきます。

お客様への告知

移行作業に気を取られていると忘れがちですが、既存のお客様へのコミュニケーションはなるべく早い段階から複数回行いましょう。例えば以前のショップがいつまで使えて、これまでのポイントや顧客アカウントがどうなるかなどの情報告知は余裕を持って行います。

早めに複数回連絡を取ることで、移行のことがお客様に周知されるので、移行後のお問い合わせなども減り、結果的に効率良く移行を進めることができます。

ドメインの変更

ドメインに関しては各プラットフォームで独自ドメインが使える・使えない、外部から接続できないなどがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。Shopifyの場合は、こちらの記事のようにAレコードやCNAMEレコードを設定してみてください。

なお、国産のドメインサービスでは元のサイトからドメインを外して、新しいサイトへドメインを接続するまでに大きく時間がかかることがあるので、公開日の約1週間前から前もって設定しておきましょう。移行作業でバタバタしていると忘れがちですが、ドメイン関係の対応は早めに準備しておきましょう。

決済方法

新しいプラットフォームでも、昔使っていた決済サービスと同じものが使える場合と使えない場合があります。使える場合はそのままアカウント移行することで対応できる場合がありますが、各ECプラットフォームが独自の決済方法を持っていることが多いので、その場合は一から設定しなおしましょう。

Shopifyの場合では初期設定でShopify ペイメントというクレジットカード決済が導入されており、Shopify ペイメントは登録した日からご利用可能ですが、PayPalやAmazon Pay、Paidy、Komojuなどの決済方法は個別に登録・設定する必要がありますので、お早めにご登録ください。

まとめ

今回は、ネットショップを移行・引っ越しするための注意点をご案内しました。さまざまな事業者に聞いていると、自分だけでも意外となんとかなるという声も聞きますが、その場合でもしっかりと確認点をチェックし、お客様とのコミュニケーションや、決済方法の確認、ドメインの移行などの忘れがちな点を忘れないようにしましょう。

 


ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: