今日からShopify で販売を開始しよう

Shopifyを無料で試して、ビジネスの開始、運営、成長の為に必要なすべてのツールとサービスを体験しましょう。

ノートパソコンで小規模ビジネス向けローンの申し込みを行っている女性。

ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

ドロップシッピングとは?:仕組みからメリット・デメリットまで徹底解説

ドロップシッピングを紹介

ドロップシッピングとは、商品が売れた際に、メーカーなどから直接、購入者に商品が発送されるビジネスモデルです。


ドロップシッピングでは、売り手は、商品を仕入れたり、売れた商品を発送したりするプロセスを省略できるため、マーケティングや販売に専念することができます。

この記事では、ドロップシッピングの仕組みやメリット・デメリットなどについて、初心者にもわかりやすく解説します。

目次

ドロップシッピングとは?

ドロップシッピングは、オンラインストアや通販サイトなどで商品が売れた際、メーカーや卸売業者(サプライヤー)から購入者に直接商品が発送されるビジネスモデルです。 この仕組みを利用すれば、ショップの運営者は商品を仕入れたり、在庫として商品を保管・管理したりすることなく、商品を販売することができ、さらに梱包や発送作業も 行わなくて済みます。通常のECサイトなどに比べて商品の仕入れコストや不良在庫を抱えるリスクを抑えてビジネスを始められるのが大きな特徴です。

ドロップシッピングの仕組み

ドロップシッピングは、サプライヤーに商品の発送を委託することにより、自分で商品の仕入れや梱包、発送をしなくても商品を販売できます。

一般的なドロップシッピングの仕組みは下記のとおりです。

  1. ネットショップなどに出品した商品に顧客から注文が入る
  2. サイト運営者は注文情報をサプライヤーに送信する
  3. サプライヤーは受注処理を行い、商品を直接顧客に発送する

この仕組みにより、サイト運営者は在庫を抱えずに商品を販売でき、サプライヤーは商品の受注処理や発送を担当することで、効率的な物流を実現します。また、顧客はECサイトから直接商品を購入でき、メーカーなどが直接顧客に商品を発送するため、発送までの時間が短縮される場合もあります。

    ドロップシッピングのメリット

    在庫ゼロで商品を販売できる

    ドロップシッピングではECサイトが在庫を抱える必要がありません。 通常、オンラインショップなどが商品を販売するためにはまず商品を仕入れて在庫を保管する必要があります。しかし、ドロップシッピングを導入することで、オンラインショップは商品を持っているサプライヤーに発注するため、仕入れで前払いすることなく、また在庫過剰になる心配もないため、すぐにショップを立ち上げることができます。

    発送・梱包作業をしなくていい

    ネットショップなどで商品が売れると、通常はネットショップ運営側が商品を梱包し、発送作業などが必要となりますが、ドロップシッピングでは、サプライヤーが商品の梱包や発送作業を担当するためこれらの作業は不要です。ネットショップ運営側は発送・梱包作業にかかるコストや手間を削減し、マーケティングやブランディングに集中できます。

    発送や配達業社とのやりとりをしなくていい

    ドロップシッピングでは商品在庫を持たないため、発送や配達業者との直接的なやり取りが不要です。これにより、通販サイトなどの運営者は、配送や物流業者に関する問題に対する責任を負わずに済みます。

    初期費用が低い

    ドロップシッピングは商品在庫の確保、物流関連の業務が基本的に不要なため、初期費用を抑えてECサイトを立ち上げられます。

    ドロップシッピングのデメリットと注意点

    競合が多く、利益が少ない

    ドロップシッピングで販売可能な商品には、すでに多数の競合が存在している場合があり、価格競争は避けられません。 また、ドロップシッピングで商品を販売する場合、仕入れ価格の面でも不利になる場合があります。 一般的なオンラインストアなどの運営では、商品を一定数量以上仕入れることで通常の価格よりも安く商品を仕入れられますが、ドロップシッピングでは商品を仕入れないため、単価が高くなりがちです。

    価格競争を避けるには、例えば、商品の厳選、サービスの充実、購入者特典の付与など、付加価値をつけて商品を提供することが重要です。

     

    一度も見たことのない商品を売ることは難しい

    ドロップシッピングでは、サイト運営者は見たことも触ったこともない商品を販売しなくてはならない場合があります。その場合、実際に触ったり使ったりして商品に対する知識を深めることができないため、顧客から商品について質問を受けてもうまく回答できず、顧客の信頼度が低下してしまうかもしれません。また、商品を発送する前に検品することができないのも、商品によっては難点にあげられます。
    販売者はネットで情報を集めたり、不明点はメーカーに問い合わせるなど、販売する商品についてできる限り知識を深める必要があります。

    外部に発送を任せると失敗する

    ドロップシッピングを導入することで、サプライヤーが配送業務を通じて消費者との接点を持ちます。そのため、適切に梱包してくれるか、また、配送の遅延やトラブルが発生した場合は適切に対応してくれるかを確かめる必要があります 配送や物流業者に関連したトラブルなどが発生して、商品の発送や到着に遅れが出たり、その延長で消費者に迷惑がかかる場合のカスタマーサポートは、通販サイトが実施することになります。

    商品の差別化が難しい

    ドロップシッピングでは、サプライヤーが同じ商品を複数のECサイトに提供していることが多々あるため、他サイトと差別化を行うためにECサイト側で商品の魅力的な特徴や利点を強調することが重要になります。 しかし、当然他のECサイトでも同じように商品の魅力を強調する施策を行っているため、差別化は容易ではありません。

    まとめ

    ドロップシッピングは、在庫を持たずに低リスクでECサイトなどを始められるビジネスモデルです。商品の在庫管理や発送作業に悩まず、マーケティングやブランディング、カスタマーサービスに注力できるため初心者にもおすすめです。

    ただし、利益を出すためにはSNSや広告などを活用し、効果的に集客を行う必要があります。

    ECサイトを検討している人は、本記事を参考にドロップシッピングでショップ運営に挑戦してみてはいかがでしょうか。

    ドロップシッピングに関するよくある質問

    ドロップシッグとは?

    ドロップシッピングは、ECサイトが在庫を持たずに商品を販売するビジネスモデルです。ECサイトで商品が売れるとサプライヤーから直接購入者の元へ商品が発送されます。

    ドロップシッピングのメリットは?

    事業を低コストで始めることができること、ビジネスとしての効率の良さ、どこからでも事業を運営できること、そしてすでに多くのビジネスが成功していることが挙げられます。

    ドロップシッピングは儲からない?

    ドロップシッピングで利益を出している人はたくさんいます。しかし、利益を出すには魅力ある商品を選定し、効果的に集客を行い、適切な価格で販売する必要があります。一般的にドロップシッピングで販売できる商品には競合が多く、価格競争が激しくなりがちなので、以下に他サイトと差別化を行うかが重要です。

    ドロップシッピングは違法?

    ドロップシッピングという販売方法は、違法ではありません。実際に海外でも日本でも、多くの事業者に一般的に行われているビジネスモデルです。

    ドロップシッピングとECサイトの違いは?

    通常のECサイト運営では商品在庫の確保や在庫管理・商品の発送などもECサイトが行います。しかしドロップシッピングではこれらの作業は商品管理業者が行い、ECサイトは主にカスタマーサービス・商品販売に必要なマーケティングやブランディングなどを行います。

    ネットショップを開設しよう!

    Shopify無料トライアルはこちら

    トピック: