ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

ECサイトとは? 種類・サイト運営方法を成功例とともに紹介!【基礎知識】

ECサイトとは一体どういう意味なのでしょうか?

新型コロナウィルスの影響で、人々の生活が変化し、消費者の行動も大きく変化してきています。パンデミック以降の越境EC市場規模やEC化率が増加している事実は、消費者がインターネットを介して商品を購入する機会が増えたことを表しています。

ECサイトを運営すれば、国内はもちろん、海外のユーザーにも商品を販売することができ、売上アップを期待できます。

この記事では、ECサイトの定義やECサイトの種類を紹介し、具体的にECサイトを構築した後に発生するECサイト運営業務一覧、そして代表的なECサイトの例を出し、ECサイト運営について解説していきます。

目次

ECサイトとは? 定義は?

ECサイトの定義は?

ECサイトとはどのような意味で、どのように定義されているのでしょうか?

ECとは英語で「Electronic Commerce」の略であり、ECサイトとは簡単にいうと、ネットショッピングや電子商取引ができるサイトのことを指します。

電子商取引とは「Eコマース」とも呼ばれ、インターネット上での商品の売買、及びインターネットを介して行われる契約、オンライントレード、ネットオークションなども含まれます。

ECサイトと同じ意味として使われる類義語で「ネットショップ」や「ネット通販」などがありますが、一般的にどれも、インターネット上で商品を販売しているサイトのことを意味します。

近年中国をはじめ、人気が上昇中の「Mコマース」という単語も普及しつつありますが、これはスマートフォンやタブレットを利用した電子商取引のことです。

Mコマース(モバイルコマース)は、Eコマースよりも新しいコンセプトのネットショッピングの方法で、パソコンからショッピングするEコマースよりも手軽で簡単に商品をオーダーできることから、人気を年々増しています。

他には、「Sコマース(ソーシャルコマース)」という言葉も普及してきており、これはEコマースとSNSを掛け合わせたネットショッピングの方法で、SNSを通してECサイトやECストアで商品を販売する、または直接ユーザーがSNSのページで購入する形態のことを指します。

また、ECサイトで商品を販売する場合は、ECストアが在庫を持たずに商品を販売するドロップシッピングが近年、人気な方法のうちの1つです。

また、ネットショップを開設してから、サブスクリプションサービスで商品を販売する方法も人気です。

ECサイト運営に関しては、サステナブル経営も目を外せない近年のトレンドです。

ECサイトの種類

この様なECサイトにはどのような種類があるのかを紹介します。

ECサイトには大きく分けて、2つの種類があり、「モール型ECサイト」と「自作(自社)型ECサイト」があります。

モール型ECサイト

モール型ECサイトとは、インターネット上のショッピングモールの様なプラットフォームで、多くのネットショップが1つの場所に集結しているECサイトのことを指します。

代表的なモール型ECサイトとして、「Amazon」、「楽天」、「Yahoo!ショッピング」が挙げられます。 

自作(自社)型ECサイト

自作(自社)型ECサイトとは、独自ドメインを取得して、企業が独自にECサイトに必要な機能を構築し、ネットショップを運営するサイトのことを指します。

代表的な自作(自社)型ECサイトとして、ユニクロ、無印、Appleが挙げられます。

この種類のECサイトはさらに細分化して、「フルスクラッチ」、「パッケージ」、「オープンソース」、「ASP」があります。

フルスクラッチとは、ゼロから自社ECサイトを構築し、集客や顧客管理、決済サービス導入、サイト設計、などネットショップに必要な機能を構築して、デザインやシステムを構築します。

パッケージとは、ECサイト構築に必要な機能が詰まっているソフトウェアをパッケージ販売会社から購入し、ECサイトを構築する方法です。顧客管理や売上管理などの機能をゼロから作らずに、自社ECサイトを構築できます。

オープンソースとは、企業や個人が独自に開発した無料のソフトウェアをインターネット上でダウンロードし、ECサイトを構築する方法です。コストをかけずにECサイトを構築できますが、セキュリティ対策や不具合があった場合は自社で対応する必要があります。

ASPとは、ECサイト運営に必要な機能が揃っている運営サービスからサーバーを借りて、ネットショップを運営する方法です。ECサイト運営に必要な機能が常に最新の状態で提供され、最も手軽でコストをかけずにネットショップを開設できます。

ECサイトのビジネスモデル

ECサイトを運営して商品を販売する方法には以下の4つのビジネスモデルが存在します。

  • B2C (Business to Consumer)
  • B2B (Business to Business)
  • C2B (Consumer to Business)
  • C2C (Consumer to Consumer)

B2C (B to C) とは「Business to Consumer」の略で、企業が個人(一般消費者)をターゲットにして商品を販売して取引を行うビジネスモデルです。

大手のサイトで有名なのは、Amazon、楽天市場、AppleなどがB2Cビジネスモデルに当てはまります。

B2B (B to B) とは「Business to Business」の略で、企業(法人)が他の企業(法人)をターゲットにしている、企業間同士の取引のことを指すビジネスモデルです。

モノタロウは、約1,800万点以上の商品を扱う工業用間接資材通販サイトで、企業をターゲットにしているのでB2Bビジネスモデルに当てはまります。

C2B (C to B) とは「Consumer to Business」の略で、個人が企業に対して商品やサービスを提供するビジネスモデルであり、従来のB2Cビジネスモデルの逆のタイプのビジネスモデルです。

具体的なC2Bビジネスモデルの例を挙げると、インフルエンサーやブロガーはAmazonアソシエイトのアフィリエイトを通して商品をSNSなどで紹介して手数料を得ています。

C2C (C to C) とは「Consumer to Consumer」の略で、個人(一般消費者)同士でものやスキルを売買するビジネスモデルです。

日本でも人気なアプリ「メルカリ」はC2Cビジネスモデルに当てはまり、個人間での取引をメルカリのプラットフォームを通じてできます。

ECサイトの一覧

ECサイトの一覧

ECサイトの意味や種類を理解したところで、モール型のECサイトと自社型(ASP)のECサイトの例を見ていきましょう。 

モール型ECサイト一覧

・Amazon Japan

https://www.amazon.co.jp/

Amazon Japan (アマゾンジャパン)は、アメリカの大手ECサイトの日本語版ウェブサイトで、日本最大級の利用者及び集客力があります。AmazonでECビジネスを始める場合、「小口出品プラン」と「大口出品プラン」の2種類があり、それぞれ基本制約料や月額登録料が違います。

・楽天市場

https://www.rakuten.co.jp/

楽天グループが運営するモール型ECサイトは、楽天ポイントも利用でき、楽天経済圏を活用するのに欠かせないモール型ECサイトです。

・Yahooショッピング

https://shopping.yahoo.co.jp/

ソフトバンクグループのZホールディングス株式会社の子会社であるヤフー株式会社が運営するECサイトです。初期費用がかからず、毎月の固定費や売上ロイヤルティが無料なのが特徴です。

・Qoo10

https://www.qoo10.jp/

eBay Japan(イーベイ・ジャパン)合同会社が2010年から運営しているモール型ECサイトです。海外商品が多く、申し込みから最短で3日で商品を出品でき、20〜30代の女性に人気なのが特徴です。月額固定費は無料で、販売手数料は6〜10%となっています。

・auPAYマーケット (旧auWowma!)

https://wowma.jp/

KDDIとauコマース&ライフが運営するモール型ECサイトです。誰でもECサイトは利用できますが、特にauユーザーにお得なシステムが構築されていて、auユーザーに行なっている料金割引やポイント高還元システムが特徴です。

・ポンパレモール

https://www.ponparemall.com/

リクルートが運営しているモール型ECサイトです。リクルートが運営している他サービスの「じゃらん」、「タウンワーク」、「スーモ」などからの既存利用者からの流入が望めるため集客力が強いです。出品方法が分かりやすく、販売手数料は売上の2.5%と比較的安いです。

・ZOZOTOWN

https://zozo.jp/

衣料を中心に扱うモール型ECサイトです。欲しいファッションアイテムを検索しやすく、多くのアパレル関係者が注目しているため自社のブランドの認知度を上げやすいです。出品手数料は商品価格の20%〜40%と割高ですが、ZOZOが運営する「WEAR」は世界で1,000万ダウンロードされており、集客力が高いです。

・メルカリ

https://jp.mercari.com/

国内最大のフリマサービスとして知られており、初期費用や月額費用が無料なため、ユーザーが手軽に商品を出品できます。販売手数料は10%ですが、ユーザ数が多いため商品が売れやすいです。

・eBay

https://www.ebay.co.jp/

190カ国に商品を出品することができる世界最大のモール型の越境ECサイトです。日本で売れないものや、中古品も売れます。また、商品購入者のメールアドレスを取得しメルマガ配信から他の商品紹介など販売促進ができるのが特徴です。

・T-Mall Global (天猫国際)

https://www.tmall.com/

中国の大手IT企業アリババグループが運営する中国最大のモール型越境ECサイトです。5万以上の出品者に、約7万以上のブランドがあり、「高品質・安全」をウリにしています。中国法人を設立せずに審査に通れば出品ができますが、初期費用や年会費が高いです。

自社型(ASP)のECサイトプロバイダー一覧

・Shopify

https://www.shopify.jp/

世界175か国100万ショップ以上に利用されているカナダの企業です。デザインが豊富でシンプル且つ高機能なため評価が高いです。初期費用がかからず、月額課金制です。ECサイトを手軽に構築できるので、初めてネットショップを運営する人におすすめです。

・BASE

https://thebase.in/

年会費ともに月額費用が無料で手軽にネットショップを作成できます。誰でも簡単にネットショップを開設できるサポート体制が整っており、商品が売れた時の決済手数料とサービス料がかかる仕組みになっています。

・STORES

https://stores.jp/

スマホからでも手軽にネットショップを開設でき、月額費用無料のフリープランと月額1,980円のスタンダードプランが用意されています。フリープランでは決済手数料が5%で、有料プランでは3.6%に下がります。

・MakeShop (GMOメイクショップ株式会社)

https://www.makeshop.jp/

豊富な機能と自由度の高さをウリとし、手軽にECサイトを構築することができます。ECサイト運営が初めての方のためのサポート体制も整っており、料金は各プランの月額費用と初期費用のみです。

・futureshop (フューチャーショップ)

https://www.future-shop.jp/

実店舗との連携が可能となっていて、月額22,000円からのスタンダードプランと月額81,000円のゴールドプランがあります。店舗・ブランドのファン化のためのキャンペーンが充実しており、経験豊富なECアドバイザーからサポートも受けられます。

・ショップサーブ(株式会社Eストアー)

https://sps.estore.jp/

創業20年以上経っており、ECサイト構築のための機能提供及び調査分析、プロモーション支援、制作代行などのマーケティングサービスも提供しているのが特徴です。開通量は15,000円で、月額利用料は4つのプランがあります。 

・カラーミーショップ(GMOペパボ株式会社)

https://shop-pro.jp/

月額費用0円のプランと有料プランに分かれていて、専門的な知識がなくてもECサイトを手軽に構築できる機能が揃っています。

・らくうるカート(ヤマトフィナンシャル株式会社)

https://business.kuronekoyamato.co.jp/raku-uru/

ヤマトグループのヤマトフィナンシャルが提供しており、ネットショップ開業から運営をサポートしています。「ライトプラン」、「レギュラープラン」、「アドバンスプラン」の3つに分かれていて、ヤマト運輸サービスとの連携性が高いです。

・Cafe24(CAFE24 Japan株式会社)

https://www.cafe24.co.jp/index.html

月額費用と初期費用が無料で、越境ECビジネスを始めやすく、国内・海外販売どちらも可能です。1つのアカウントで多言語サイトが作れ、Googleショッピングや楽天市場と連携可能です。決済手数料や有料オプションがかかりますが、直感的な操作で簡単にネットショップが構築可能です。

ECサイトに必要な機能と準備

ECサイトに必要な機能と準備

ECサイトを運営するために必要な機能とは具体的にどのような機能かを紹介します。

ECサイトに必要な機能

ショッピングカート

ユーザーが欲しいと思った商品をカゴに入れる機能です。

「カゴ落ち」とは、ユーザーがECサイトのカートに商品を入れたまま放置し、購入に至らなかったケースのことを指しますが、カゴ落ち対策のアプリを導入したり、カゴ落ちしたユーザーに対してECサイトに再度訪問させる対策が必要です。

決済サービス

ECサイトでユーザーが商品を購入するために、独自の決済サービスや決済代行サービスを利用して最適な決済方法を導入する必要があります。

ECサイトの三代決済とも呼ばれる「クレジットカード・代金引換・コンビニ後払い」の導入や、キャリア決済、QRコード決済など様々な決済方法が存在します。

セキュリティ

ECサイトユーザーが安心して商品を購入するために、ECサイトを常時SSL化する機能です。ECサイトをSSL化すれば、重要なユーザーの個人情報を保護することができます。また、クレジットカードの不正利用を防ぐために、3Dセキュア・セキュリティコード入力も必須な機能です。

受注管理システム

ECサイトユーザーが商品を購入してからの、受注確認、入金確認、キャンセル処理、そして出荷を管理する機能です。商品を消費者に届けるまでの期間を最短にし、顧客の満足度を高めるために必要な機能です。

メール配信システム

ECサイト運営のためにはリピーターを獲得することが大事です。これはECサイトのユーザーに会員登録を促したりするなどでメールアドレスを取得して顧客情報を得ます。

メールアドレスを取得すれば、新商品の情報やクーポン情報なども届けることができます。

集客サービス

ECサイトに顧客を誘導するために、SNS連携機能などを使わないと特に自社ECサイトの場合は集客が難しいです。集客のハードルを下げるためにも、Web広告配信やアフィリエイト広告を利用することも集客の手段です。

ECサイトに必要な準備

モール型ECサイトでも自社ECサイトでも、商品を出品するために写真撮影や、商品説明を作成する必要があります。

ECサイトを多言語化する場合は、商品説明の正しい翻訳も大事です。

モール型ECサイトを選ぶ場合は、上記で説明した機能が既に揃っていますが、その分決済手数料や月額利用料、または売上金額の数%を支払う必要のあるECサイトもあります。

自社ECサイトを構築する場合は、ECサイトのデザインやバナー作成などをデザイナーやエンジニアと相談して作成する必要があります。さらに、ECサイトをスマホ対応させることは近年のトレンド上、必須です。

集客方法も、しっかり戦略を練るのもECサイト運営で大事なポイントです。

SEO対策、リスティング広告、ディスプレイ広告、SNS運用など、商品やターゲットに合わせた集客方法を選択しましょう。

ECサイト運営のための業務一覧 

ECサイト運営のための業務

ECサイト運営のために必要な業務一覧です。

商品マスター管理・撮影・商品説明作成

商品マスターとは、「商品名」、「商品の在庫ID」、「ロット」、「単価」などの在庫管理をする上で必要な商品に関する様々な基本情報です。これらの情報をECサイトに登録します。

これらの在庫管理に加えて、商品を出品するための写真撮影や商品説明ページに載せる商品説明を作成します。

サイトデザイン設計・機能カスタマイズ

ユーザーがECサイトを使いやすくするために、プログラマーとコミュニケーションを取り、ECサイトのデザインを決めます。

受注管理・入金確認・顧客対応

商品を購入したユーザーの注文を管理し、顧客からのメール・電話での問い合わせ対応で顧客をサポートします。

在庫管理・検品・発送

倉庫にある商品の品数確認や、商品を購入者に届けるための検品・梱包・発送をします。注文された商品に問題がないかのチェックや、注文された商品と違う商品を発送しないための確認作業も重要です。

売上管理・発注管理

予算を作成して売上管理とこれから販売する商品を発注します。既に在庫にある商品の品数を確認しながら発注管理を行い、倉庫の商品数を調整します。

顧客管理

会員登録している顧客にメール配信を行い、セール情報や最新の商品情報を届け、販売促進をします。クーポンの配信も行えば、それをきっかけにECサイトに訪問してくれるユーザーもいるので、顧客をECサイトに誘導できるように工夫したメルマガ配信が重要です。

アクセス解析

GoogleアナリティクスやSNSのインサイト情報を基に、狙っているターゲットがECサイトにいつ訪問しているのか、ECサイトの滞在時間、行動や属性を分析してECサイトを改善します。

集客・販促プロモーション

ECサイトに訪問してもらうための効果的な集客を戦略的に行います。広告出稿やSNSを活用することで、新規ユーザーのECサイトへの訪問を促します。

ブログ・SNS更新

ユーザーからの信頼度や認知度向上のために、ブログやSNSを活用して商品の情報、お得なセール情報、商品の使い方、商品作成の背景など、新規顧客獲得・リピーターを増やすことを狙います。

経理・帳簿作成

利益を最大化するために経費の管理や帳簿を作成します。経費削減のための分析もします。個人事業主の場合は、確定申告の業務も必須です。

決算前の「棚卸し」では、在庫の商品数を確認する作業も、在庫金額と資産の計上をするために必須な業務です。

ECサイトの例

ここまでで、ECサイトの意味や種類、ECサイトに必要な機能と準備、ECサイトを運営するために必要な業務を紹介しました。

この章では、Shopifyで構築されたECサイトをご紹介します。

S-MALL (スズキ株式会社)

「S-MALL」はスズキ株式会社

スズキのS-MALL事例紹介はこちら
「S-MALL」はスズキ株式会社が運営するECサイトです。

「S-MALL」を通して、二輪・四輪の純正アクセサリー、「オートリメッサ」のオリジナルグッズ、スズキライセンス商品、ハンガリーワイン、ハンガリー産アカシア蜂蜜など幅広い商品を販売しています。

PAUL & JOE

「ポール&ジョー(ポールアンドジョー)」PAUL & JOE の事例紹介はこちら

20代の女性に大人気なフランスのアイコニックブランド、「ポール&ジョー(ポールアンドジョー)」はコスメや雑貨をECサイトで販売しています。

john masters organics

ジョンマスターオーガニック(john masters organics)はアメリカのヘアケア・スキンケアブランドでオーガニック植物や天然由来の原材料を100%使用した製品をECサイトで販売しています。

J'aDoRe JUN ONLINE

ジャドール ジュン オンライン

ジャドール ジュン オンラインは、JUNが運営するECサイトでJUNグループのブランドのアイテムを購入することができます。

allbirds

allbirdsallbirdsの事例紹介はこちら

創業者はニュージーランドの元プロサッカー選手とバイオテクノロジーの専門家で有名なシューズブランド「allbirds」は、メリノウール、ユーカリの繊維、サトウキビなどの自然素材を使ってサステイナブルな商品をECサイトで販売しています。

COHINA

「COHINA(コヒナ)」COHINAの事例紹介はこちら

身長155cm以下の小柄女性」をターゲットにしたD2Cアパレルブランド「COHINA(コヒナ)」のECサイトです。

Minimal

Minimal

カカオ豆の仕入れからチョコレートづくりまで全ての工程を自社工房で職人達が手仕事で行っているチョコレートをECサイトで販売しています。

BAKE

BAKE(ベイク)

株式会社BAKE(ベイク)はBAKE CHEESE TART」を主力製品としてスイーツををECサイトで販売しています。

ブルーボトルコーヒー

ブルーボトルコーヒー

元クラリネット奏者のジェームス・フリーマン(James Freeman)が創業したコーヒーブランド「ブルーボトルコーヒー」は、ECサイトで自社製品を販売しています。

Nagi

「Nagi(ナギ)」

繰り返し使うことができる環境に優しい吸水型生理パンツ(吸水ショーツ)を販売している「Nagi(ナギ)」は、ECサイトで自社製品を販売しています。

John Legend(ジョン・レジェンド)

ジョン・レジェンド

アメリカ合衆国のR&B、ソウル歌手、ソングライター、ピアニストとして有名な「ジョン・レジェンド(John Legend)」の各種グッズ・アクセサリーや音楽を購入できるECサイトです。

EleVen by VENUS WILLIAMS(ビーナス・ウィリアムズ)

ビーナス・ウィリアムズ

プロテニス選手のビーナス・ウィリアムズが手がけるアパレルブランド「Ele Ven」のECサイトです。

PARIS

パリスヒルトン

アメリカ合衆国の実業家、ソーシャライト、テレビ番組・メディアパーソナリティ、モデル、女優、歌手として有名なパリスヒルトンがプロデュースしているアパレルブランドのECサイトです。

まとめ

ECサイトの意味や種類、ECサイト運営に必要な機能と業務を実際のECサイトを例とともに紹介しました。

近年、企業や個人もECサイトを構築してネットショップでの販売によってブランドの認知度や売上を向上させています。

競争が激化する中、ECサイトを構築するまでに様々な準備と知識が必要となりますが、この記事で紹介したECサイトの成功例を参考に、事業拡大のためにもネットショップを開設してみましょう。

よくある質問

ECサイトとは何の略?

ECは「Electronic Commerce」の略で、ECサイトは「Eコマース」とも呼ばれ、ネットショッピングができるサイトのことを指します。

ECサイトとネットショップの違いは?

ECサイトもネットショップも一般的な使われ方や意味は同じです。しかし、厳密にはECサイトの方が広い意味を持ち、ネット上で行われる物の販売、株の取引などの電子商取引のことを指します。一方で、ネットショップはインターネットで商品を販売する業態のことを指します。

ECサイト運営とは何をするのか?

ECサイト運営には様々な業務が発生します。主な業務は、商品管理、在庫管理、経理、顧客サポート、プロモーション活動、SNS運営などがあります。

ECサイトはどうやって作る?

ECサイトを自分の会社で構築するためには、「フルスクラッチ」、「パッケージ」、「オープンソース」、「ASP」のいずれかの方法でネット販売を開始します。

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: