ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

POSレジとは? 会計だけでなくショップ運営をサポートしてくれるこの強力なツールについて解説

POSレジとは? (Tim Samuel)

インターネットの発達により、現代ではお店の運営スタイルも多様化しています。一昔前の一般的なレジ (キャッシュレジスター) は、お金を保管して、レシートを印刷するだけの物が主流でしたが、現在は、多くの業界でPOSシステムが搭載されたPOSレジの導入が進んでいます。

今回の記事では、POSレジを導入してお店を運営したいと考えている方に、POSレジの基本事項や、メリット・デメリットについても解説していきたいと思います。

目次

POSレジとは?

POSは、Point of Salesの略で、日本語では「販売時点情報管理」と呼ばれています。POSレジとは、分かりやすく言うと、お店でお客様が支払いをした時点で、売上データが記録されるシステム (POSシステム) を搭載したキャッシュレジスターです。POSシステムが搭載されていない従来のキャッシュレジスターは、会計の情報とお金の保管場所の機能しかありませんでした。

しかし、POSレジでは売上のデータに加えて、在庫管理、顧客情報なども一元で管理でき、業務脳効率化や、経営分析に役立つデータをリアルタイムで取得することができます。

POSレジの主な機能

POSシステムにはどのような機能が搭載されているのかを見てみましょう。

商品情報・バーコード情報の管理

商品の情報を登録することができます。また、バーコードで商品の情報を取得することもできます。

売上データ管理

POSシステムには、売れた商品のデータや購入された日時がリアルタイムで記録されます。この機能によって、日々の売上が一目で分かります。

在庫管理

売上があった際には、在庫情報が自動で更新されるので、常に最新の在庫数にアップデートされます。これにより、人気商品の在庫切れを予測し、事前に対応することができます。

顧客データ収集・管理

お客様の性別、年齢層、購入商品や来店履歴など
顧客データ

お客様の性別、年齢層、購入商品や来店履歴などを記録・分析することで、性別や年齢による商品の人気度や購入パターンを知ることができます。例えば、ある季節に特定の商品が売れていたりする場合、将来、同じ時期に在庫を多めに手配することで、在庫切れで売り上げ機会を失うことを防ぐことができます。

POSレジの種類

POSレジにはいくつか種類があります。現在普及しているPOSレジの種類を見てみましょう。

ターミナル型POSレジ

スーパー、コンビニ、その他の一般的なお店で使われているPOSレジです。初期費用は50万円以上と高額ですが、必要な機能がすべて備わっています。

コンピューター型POSレジ

POSシステムが搭載されたソフトウェアを、コンピューターにインストールして使います。初期費用は、数十万円~50万円ほどです。システム利用料、レシートを印刷するプリンターや、決済用の端末も必要になります。

タブレット型POSレジ

iPad、Androidタブレットやスマートフォンにソフトウェアをインストールして、端末上でPOSレジを操作できます。初期費用は数万円~20万円ほどです。

POSレジ導入のメリット

メリットが多いように見えるPOSシステムですが、POSレジを導入することで、具体的にどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

業務の効率化

POSの登場以前は、人が手入力で帳簿をつけていました。スタッフによって異なる商品名で記載してしまうこともありました。例えばノートが1つ売れたとして、「ノート」と記載されていたり、「A4ノート」と記載されていたりとバラつきが生じる可能性がありました。

問題は、閉店後、販売情報を見返した時に「ノート」と「A4ノート」が混在するため、情報を整理する手間がかかり、ノートがどれぐらい売れたのか分かりません。それに対して、POSシステムなら、スキャナーでバーコードを読み取るため、情報を簡単、かつ正確に統一して管理することができます。

リアルタイムで在庫管理・販売促進ができる

販売情報のデータイメージ

販売情報のデータ化

POSシステムでは、どのノートがいつ、どこで、いくらで、どれぐらい売れたという情報をデータ集計できるため、分析が容易になります。新学期前にノートの売れ行きがよくなるということは誰でも予測できますが、データを見ることによって傾向を確認でき、在庫の調整やマーケティングにも役立ちます。

他店舗の販売・在庫情報がすぐに確認できる

店舗が複数ある場合、各店舗で集計したPOSのデータをまとめて分析することも可能です。在庫が切れてしまった商品について、他店舗の在庫を画面上で簡単に確認できます。また、店舗別の傾向が分かれば、一律ではなく店舗別に施策を実施したりと、業務効率化と売上拡大に大きく貢献することでしょう。

POSレジ導入のデメリット

反対に、POSレジのデメリットについても見ていきましょう。

初期費用がかかる

POSレジを導入するには、種類により数万円~50万円以上の初期費用を必要とします。その他にも、月額費用 (数千円~数万円) やメンテナンス費 (数千円~数万円) もありますので、これらの出費も毎月の運営費用に含まれます。

セキュリティ対策が必要

ネット通信で管理するからには、日頃からウイルス感染やハッカーなどの攻撃を防ぐためのセキュリティ対策を強化しておく必要があります。ソフトウェアの費用に加えて、セキュリティ対策に関する基本的な知識を身に付けておくことも必要でしょう。

安定したネットワークが必要

POSレジを導入するには、安定したネット環境が必要です。現在は、光、モバイル、Wi-Fiなど様々なネット回線があります。店舗の規模に合わせて安定した通信環境を選びましょう。タブレット型のPOSは便利ですが、Wi-Fiの場合、接続が不安定な場合もあります。

POSレジはどんなお店で使われているのか

POSレジが利用されるサロン店内

POSレジが使われている業界

POSレジは、美容室やホテル、薬局、コンビニ、スーパー、飲食店など、様々な業界で使われています。例えば、美容室では、お客様の施術内容や会話などをサロン運営専用のシステムに保存しておけば、次回来店の際に、過去の施術内容や会話を基にして、よりよいサービスを提供するのに役立ちます。

飲食店でPOSレジを導入するメリットは、作業時間を短縮できることです。通常のレジでは、営業終了後に紙のレシートを見ながら売り上げを集計する作業を行っていたため、時間がかかっていました。POSではこの作業が自動化され、作業時間を大幅に短縮できます。

Shopify ユーザーならShopify POSが便利

Shopify POSとは、Shopifyのプラットフォームでデザインしたオンラインストアの売上や在庫などのデータと、実店舗のデータをリアルタイムで同期できるアプリです。Shopify POSを導入すれば、スマホとアプリで簡単にポップアップストアの運営をすることができ、オムニチャネルの戦略を強力にバックアップしてくれます。

よくある質問

POSレジとは何ですか?

POSレジとは、POSシステムを搭載したレジです。POSシステムは、お店でお客様の支払いが完了した時点で売上データを記録するので、売上のデータを簡単に取得することができ、業務時間短縮に役立ちます。

通常のレジとPOSレジの違いは何ですか?

一般的なレジ (キャッシュレジスター) には、POSレジに搭載されているような、分析機能は搭載されていません。POSレジの利点は、売上データ、顧客データ、在庫状況のデータなどを活用して、将来のマーケティング業務に役立てられることです。

iPadやタブレットでPOSレジを使えますか?

POSシステムは、iPadやAndroidタブレットにもインストールできます。ターミナル型のPOSと比べると価格が低く、導入価格は約15万円ほどです。

Shopify POSとは何ですか?

Shopify POSは、Shopifyプラットフォームのユーザーが使用できるアプリで、オンラインストアの売上・在庫などのデータと実店舗のデータをリアルタイムで同期してくれます。

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら