ShopifyとWordPressの比較

ShopifyとWordPressの比較 (2022) - あなたのオンラインストアにとってどちらが優れているでしょうか?

Shopifyでは、すぐに利用できるソリューションを提供しているため、組み込みの不正注文防止機能やセキュリティ機能を活用して、ホスティングされたオンラインストアを効率的に運営できます。

WordPressと比較してShopifyを選ぶ理由

ShopifyとWordPressの機能比較表

主な機能

WordPress

Shopify

ホスティング込み いいえ はい
Eコマース向けの設計 いいえ はい
ビジュアルエディタ はい はい
無料のSSL証明書 いいえ はい
サブドメイン込み いいえ はい
メール機能込み いいえ はい
GDPR準拠 いいえ はい
無料体験 いいえ はい
自動のサイトメンテナンス いいえ はい
購入者向けのアプリ いいえ はい
簡単なカスタマイズ いいえ はい
使いやすさ いいえ はい
PCI-DSS準拠 いいえ はい
組み込みのCMS はい はい
組み込みの不正注文防止機能 いいえ はい
無制限のストレージ いいえ はい
すぐに利用できるソリューション いいえ はい

WordPressと比較して、Shopifyだからこそ提供できる10つのメリット

組み込みのEコマースツール

WordPressとShopifyの主な違いは、WordPressがコンテンツ管理システムであるのに対して、ShopifyはEコマースウェブサイトビルダーである点です。Shopifyはビジネスオーナー向けに構築されており、Eコマース機能が組み込まれています。WordPressはブロガーやフリーランサー向けに構築されており、Eコマース機能はプラグイン形式で利用できます。

ホスティングソリューション

Shopifyには信頼できるホスティングが含まれているのに対して、WordPressではBluehost、Dreamhost、SiteGroundなどのサードパーティによるソリューションが推奨されています。Shopifyにはホスティングが含まれているため、設定がより簡単です。ホスティングサービスに別途登録する必要はありません。

公開までの迅速さ

Shopifyはすぐに利用できるソリューションのため、ストアオーナーはウェブサイトを簡単に設定でき、販売促進活動に専念できます。Shopifyのテーマエディタを使えば、ホスティングやサブドメインなどの機能が含まれているため、素早く簡単に設定できます。

シンプルなサブスクリプション

WordPressは無料ですが、WordPressのウェブサイトの開設は無料ではありません。Shopifyでは、ビジネスの成長に応じて選べる5つのプランで支払いのプロセスを簡略化しています。WordPressではオンラインストアを構築するためにホスティングやドメイン名、テーマの料金を支払う必要があり、場合によってはウェブ開発者やプラグインの費用も必要になります。

カスタマイズのしやすさ

ShopifyとWordPressを比較すると、Shopifyではコーディングの方法がわからなくてもウェブサイトをカスタマイズできます。ページの文字体裁やカラー、レイアウトなどすべてをShopifyで変更できます。コーディングの方法をご存じの場合は、HTMLやCSSのファイルを簡単に編集できます。

埋め込みのセキュリティ

Shopifyはプラットフォームのセキュリティを重視しています。すべてのShopifyのウェブサイトにはSSL証明書が含まれています。また、ShopifyプラットフォームはPCI DSSレベル1に認定されており、Service Organization Control (SOC) 2 Type IIとSOC 3のレポートが発行されています。WordPressのサイトの安全性を高めるには、セキュリティ機能を強化するプラグインが必要になります。

サブドメイン込み

Shopifyのストアには、.myshopify.comで無料のサブドメインを利用できます。また、Shopifyのドメイン名ジェネレーターを使って独自の.comドメインを購入することもできます。WordPressにはサブドメインが含まれていないため、独自のドメイン名をサブドメインとして購入する必要があります。

組み込みのメール機能

ShopifyとWordPressの違いの1つは、ShopifyにはShopify メールが備わっている点です。Shopify メールを使えば、無料で最大2,500通のメールをお客様に送信できます。さらに、すぐに使えるメールテンプレートや組み込みの追跡機能も利用できます。

サイトメンテナンスの手間が少ない

Shopifyのサイトには定期的かつ自動的にメンテナンスのアップデートが実施されます。WordPressでは、手作業でWordPressとプラグインをアップデートする必要があるため、ウェブサイトが脆弱でセキュリティ面でのリスクにさらされる可能性があります。

WordPressよりもShopifyがマーチャントに好まれる理由

GDPRへの準拠は各マーチャントの責務ですが、ShopifyのプラットフォームにはGDPRに準拠した機能が組み込まれています。WordPressで準拠するためには、プラグインのインストールが必要です。

WordPressよりもShopifyがマーチャントに好まれる理由

お客様向けのアプリ

WordPressとは異なり、ShopifyにはShopと呼ばれるお客様向けのアプリがあります。買い物客はこのアプリを使ってShopifyの独立系ブランドから簡単に購入できます。Shopではブランドを見つけ、よりすばやくチェックアウトし、荷物の配送状況を追跡できます。

24時間体制のサポート

Shopifyのサポートチームはあらゆるニーズに応えられるよう、24時間体制で対応しています。ご登録のプランに関わらず、電話、メール、ライブチャットによるサポートをご利用いただけます。ビジネスを成長に導くヘルプドキュメントやウェビナー、ブログ記事、オンラインコースにアクセスすることもできます。Shopifyのサポートは複数の言語で利用可能です。WordPressでも電話などによるサポートが提供されています。

無料体験

WordPressとは異なり、Shopifyにはプラットフォームを試せる無料体験があります。14日間の無料体験でストアをデザインして公開できます (待望の初売上も達成できます)。WordPressの場合は、プラットフォームを試す前にホスティングとドメイン名の料金を支払う必要があります。Shopifyならサブドメインが含まれているため、これを使って試すことができます。

技術的知識を必要としない

Shopifyの使いやすいインターフェイスにより、コーディングの方法を知る必要なくウェブサイトをデザインしてカスタマイズできます。WordPressのテーマ、特にサードパーティの開発者が構築したものには扱いにくいものがある場合があります。

100を超える決済ゲートウェイサービス

Shopifyでは、Stripe、PayPal、AmazonPayなど100を超える決済ゲートウェイサービスから選択できます。WordPressで決済ゲートウェイサービスを利用するには、WooCommerceから拡張機能をインストールする必要があります。

組み込みのSEO機能

Shopifyには、オンラインストアが検索エンジンで上位に表示されるようにSEO機能が組み込まれています。WordPressのようにShopifyにもコンテンツ管理システムがあるため、ブログコンテンツを作成してウェブサイトのページ数を増やすことができます。また、Shopifyにはメタタイトルやディスクリプションなどをウェブページに追加できる機能もあります。

無制限のストレージ

Shopifyでは無制限のオンラインストレージと帯域幅を提供しています。WordPressではホスティングはサードパーティを通じて行うため、直接この機能は提供していません。

自社開発のPOSシステム

WordPressとは異なり、ShopifyにはShopify POSという自社開発のPOSシステムがあります。オンラインとオフラインでの販売が1か所に統合されるため、ビジネスのパフォーマンスを測定できます。Shopify POSを使えば、注文書の作成や在庫の仕入れなど、多くのことを実行できます。WordPressでこうした機能を利用するにはプラグインが必要です。

組み込みの不正注文防止機能

Shopifyは不正注文に対し、真剣に取り組んでいます。組み込みの不正注文防止機能を使えば、お客様からの注文をフルフィルメントするかどうかを判断できます。配送先住所が請求先住所と一致しないなど、不正注文の可能性を示唆する情報を網羅した分析結果を取得することができます。この分析では、リスク評価を、低、中、高の3段階で確認できます。WordPressの場合、不正注文を防止するためのプラグインを使用する必要があります。

自動のサイトメンテナンス

WordPressとプラグインを使用する場合、更新プログラムを手作業でチェックして、ハッキングを防止する最新のソフトウェアがインストールされていることを確認する必要があります。さらに、アップデートのインストール中は、サイトはメンテナンスモードになるため、訪問者はサイトを閲覧することができません。Shopifyでは自動的にアップデートが追加されるため、メンテナンスモードは必要ありません。

私たちは、多くのブランドが10年かけても構築できていないことを、たったの3年で構築できました。

Chiomaさん, Cee Cee's Closet NYC

Shopifyについてさらに詳しく

Shopifyを比較

Shopifyと他のプラットフォームとの比較を見る

比較ページを見る 

Shopify コミュニティ

Shopify フォーラムでビジネスオーナーから学ぶ

Shopify フォーラムを検索する 

Shopify ヘルプセンター

Shopifyに関するすべての疑問の答えをすばやく見つける

ヘルプセンターにアクセスする 

14日間の無料体験をお試し!

Shopifyを無料で試して、ECサイトの作成、運営、成長に必要なすべてのツールとサービスを体験しましょう。

よくある質問

ShopifyとWordPressを比較するとどちらが優れていますか?

ShopifyはEコマースビジネスに適しているのに対して、WordPressはブロガーに適しています。ShopifyはEコマース向けに構築されており、割引やギフトカードのほか、無制限の商品登録数や不正解析、スタッフアカウントなど多くの機能を備えています。WordPressのようにShopify上にブログを構築することもできます。

WordPressからShopifyへの移行方法を教えてください。

Store Importerアプリを使用して、WordPressからShopifyに移行することができます。Store Importerアプリなら、商品や顧客の重要な情報を安全に転送できるため、手作業で行う必要はありません。

WordPressとShopifyを比較して、電子書籍の販売に適しているのはどちらですか?

ShopifyはEコマースに特化しているため、電子書籍をはじめ、その他さまざまなデジタル商品や有形商品を販売するのに適しています。WordPressのウェブサイトをお持ちであれば、Shopifyの購入ボタンを使って商品を販売できます。

WordPressでShopifyの購入ボタンを使用する方法

WordPressでは、Shopifyの購入ボタンを使ってWordPressのサイトで商品を販売できます。Shopifyストアに購入ボタンの販売チャネルを追加してから、購入ボタンを作成して、WordPressのサイトにコードを埋め込みます。

WordPressとShopifyを連携するプラグインはどれですか?

WordPressとShopifyを連携するWordPressのプラグインはWP Shopifyです。

ページ最終更新:2021年4月21日