ShopifyとGoDaddyの比較

ShopifyとGoDaddyの比較 (2022) - あなたのEコマースビジネスにとってどちらが優れているでしょうか?

Shopifyは、簡単にストアを構築できるドラッグ&ドロップ式のストアビルダーで、利用できるアプリの数は6,000個を超えています。また、不正解析も組み込まれており、100を超える数の決済ゲートウェイサービスを利用できます。

ShopifyとGoDaddyの比較

ShopifyとGoDaddyの機能比較表

主な機能

GoDaddy

Shopify

すべてのテーマがモバイル対応 はい はい
アプリストア いいえ 6,000を超える数のアプリ
販売レポート はい はい
国際的な決済方法 はい はい
ブログのCMS機能 はい はい
ドラッグ&ドロップ式のストアビルダー いいえ はい
不正解析 いいえ はい
取引手数料 0% Shopify ペイメントをご利用の場合0%
カスタムオンラインストア はい はい
信頼できるホスティング はい はい
カスタムドメイン名 はい はい
マルチメディアに対応した商品ページ 画像と動画のみ 画像、GIF、動画、3Dモデル、拡張現実
POSソリューション はい はい
メールキャンペーンの送信 はい Shopify メールで可能
安全な決済ゲートウェイサービス 40超 100超
フル機能のモバイルアプリ はい はい
商品登録数の制限 5000 無制限
国際的なカスタマーサポート はい はい
価格設定 Eコマースプランは$29.99 ベーシックプランは$25.00 USD

GoDaddyと比較して、Shopifyだからこそ提供できる8つのメリット

ドラッグ&ドロップでストアを編集

優れたストアエディタがあることで、すべての商品の情報を正確に表示することができます。ShopifyもGoDaddyも共にドラッグ&ドロップ式エディタを提供していますが、Shopifyのストアフロントエディタは直感的に操作できるため、Eコマースよりもドメインの登録やウェブホスティングを重視しているGoDaddyと比べて、すばらしいショッピング体験をより簡単に生み出すことができます。

人気の販売チャネルへのアクセス

GoDaddyでも、Facebook、Amazon、eBayのような広く普及しているEコマースチャネルで商品を公開できますが、Shopifyの場合、これらの販売チャネルに加え、TikTok、Google、Pinterestといった利用者の多い他のSNSプラットフォームやマーケットプレイスでも商品を宣伝することができます。

柔軟な拡張性

ShopifyもGoDaddyも共に、簡単にEコマースストアで販売を開始できるように設計されていますが、Shopifyなら商品カタログに掲載できる商品数に制限がないため、ブランドを無限に成長させることができます。一方、GoDaddyの場合、商品数は5,000個までに制限されています。さらにShopifyには、大量のトラフィックと売上が発生するストアを支えている実績とインフラストラクチャもあります。

6,000個を超えるShopifyアプリでストアをカスタマイズ

Shopifyのアプリストアには6,000個を超えるアプリがあり (その数さらに増加中)、カスタマイズの可能性は無限に広がっています。さらに、その中でも3,000種を超える数のShopifyアプリが無料で利用できるため、低予算でビジネスを立ち上げるにあたり、予期せぬコストを心配する必要はありません。一方、GoDaddyには統合されたアプリストアがないため、既存の機能に依存せざるを得ません。

完全統合されたPOS

GoDaddyではSquareのPOSと統合が可能ですが、Shopifyでは、自社開発のPOSを利用して実店舗およびオンライン販売を完全に統合できます。ウェブサイトとPOSの両方でShopifyを使うことで、在庫の完全同期や柔軟な配送オプション (店舗受取や自宅配送など) の提供が可能になり、実店舗とオンラインストア両方でお客様にシームレスな買い物体験を提供できます。

高性能パフォーマンス

Shopifyは、超高速のストア体験の提供に取り組んでおり、Jamstackなどの新しいウェブ開発アーキテクチャと統合することができます。これにより、ユーザーがShopifyをGatsbyのような静的サイトジェネレーターと統合してサイトのスピードを高めることを可能にします。一方、GoDaddyでは独自のプラットフォームに縛られるため、最適化できる範囲が限られ、パフォーマンスに限界があります。

ネイティブな決済オプション

Shopifyと比較すると、GoDaddyには決済オプションがほとんどありません。Shopify ペイメントShop Payは、Shopify専用の決済ゲートウェイサービスです。取引手数料は0%で、17か国で利用できるため、ストアオーナーは統合や変更を行うことなく主要な決済方法をすべて受け付けることができ、チェックアウトをより簡単にすることができます。

イノベーションにも対応

GoDaddyとShopifyはウェブサイト構築とEコマース業界における2大企業です。しかしGoDaddyのウェブサイトビルダーは、ブランドのイノベーションを促進し、ニュートレンドに対応できるようにはなっていません。その点、Shopifyは世界中のEコマースストアのニーズの変化にも適応し、GIF対応や3Dモデル、拡張現実、ヘッドレスコマース機能など、常にマーチャント向けに新しい機能をリリースしています。

GoDaddyよりもShopifyがマーチャントに好まれる理由

高額サービスや高額デジタル商品の販売にも対応

GoDaddyのウェブサイトビルダーを使うと、デジタル商品は販売できますが、最も高額のプレミアムプランでもサイズの上限値は1GBとなっています。一方Shopifyなら、Shopifyアプリを使って、より大容量のデジタル商品を販売することができます。つまり、オンライン講座、ソフトウェア、動画、ホワイトペーパー、グラフィックデザイン、写真など、ほぼあらゆる形態のデジタル商品の販売が可能です。

オムニチャネル型&ヘッドレスコマース

GoDaddyはウェブとモバイルデバイスにコンテンツを配信しますが、それ以外の、オンラインショッピングでよく使われるデバイスやタッチポイントには対応していません。オムニチャネルのショッピング体験を提供することで、お客様は買い物の途中で他のデバイスに切り替えても、購入をスムーズに完了することができるようになります。Shopifyでは、お客様データを活用して主要なすべてのデバイスやタッチポイントにおいてスムーズな買い物体験を提供できるようになっています。Shopify POSを利用すれば、実店舗とオンラインの販売をリンクすることができます。また、Shopifyのヘッドレスコマース技術により、ブランドはあらゆるチャネル (スマートスピーカー、モールキオスク、デジタルサイネージなど) で販売できます。

プラットフォームに縛られない

GoDaddyのユーザーは自分のストアから直接商品をエクスポートできません。そのため、将来Eコマースプラットフォームを変更 (または追加のプラットフォームを使用) することになった場合は、またゼロから始めなければなりません。Shopifyでは、CSVファイルを使って簡単に商品をエクスポートおよびインポートできるため、ブランドの成長が妨げられるリスクはありません。

数百万人のコミュニティ

世界中の経験豊富なShopifyのストアオーナーからなるコミュニティで、アドバイスをもらったり、学んだり、そして対話することもできます。Shopify コミュニティでは、パートナーに関する情報から統合やコーディングの詳細までさまざまな質問をしたり、Shopifyで成功を収めるうえで役立つアドバイスを得られる場をマーチャントの皆さまに提供しています。

エンタープライズ級のセキュリティをすべてのユーザーに

GoDaddyではセキュリティに関して、小売店にベストプラクティスを実施するように奨励していますが、Shopifyではマーチャントおよびお客様を不正な行為から守るため、あらゆる工程にセキュリティを組み込んでいます。たとえば、Shopifyの不正解析機能は不正注文を特定し、チャージバックを防ぎ、さらにマーチャントが外部の不正検知ソフトウェアを使うこともできるようにしています。

ノーコードとカスタムコードのツール

GoDaddyもShopifyも共に、テクノロジーに不慣れなユーザーでも使いやすいように設計されていますが、Shopifyの場合、先進的なマーチャントやECサイトオーナーのニーズも念頭に置いてデザインされています。たとえば、Shopifyのコード不要のツールを使えば、実に簡単にストアを構築し、立ち上げることができます。また、Shopifyはテクノロジーに精通したユーザーにも対応しているため、開発者がHTMLやCSSを使って自由に編集することも可能です。

抜群の柔軟性

お手持ちのツールボックスを使ってEコマースストアを構築しましょう。Shopifyでは、すでにお使いのツールと新しいツールのどちらも使用できるため、マーチャントは高いコンバージョンを見込めるショッピング体験を提供できます。GoDaddyにはShopifyほどの拡張性はなく、相互運用性も劣ります。

ビジネス管理にかかる時間を節約

Eコマースビジネスの運営には、適切な注文管理プラットフォームの利用なしでは、膨大な時間がかかってしまいます。Shopifyの機能はそのまますぐに使用できるため、新規注文や既存の注文を簡単に管理し、配送やフルフィルメントにかかる時間を節約できます。また、ストアの自動化をさらに進めるShopifyアプリも多数公開されているので、これらを活用して浮いた時間をビジネスの成長に費やすことができます。

私たちは、多くのブランドが10年かけても構築できていないことを、たったの3年で構築できました。

Chiomaさん, Cee Cee's Closet NYC

Shopifyについてさらに詳しく

Shopifyを比較

Shopifyと他のプラットフォームとの比較を見る

比較ページを見る 

Shopify コミュニティ

Shopify フォーラムでビジネスオーナーから学ぶ

Shopify フォーラムを検索する 

Shopify ヘルプセンター

Shopifyに関するすべての疑問の答えをすばやく見つける

ヘルプセンターにアクセスする 

14日間の無料体験をお試し!

Shopifyを無料で試して、ECサイトの作成、運営、成長に必要なすべてのツールとサービスを体験しましょう。

よくある質問

ShopifyとGoDaddyでは、どちらが優れていますか?

GoDaddyは多くの利点を備えた堅牢なプラットフォームです。しかし、Eコマースの機能に関してはShopifyがまさっています。Shopifyは高い統合性と使いやすいPOSソリューションを提供し、拡張性にも優れているため、ビジネスの拡大を目指す野心的なマーチャントに最も適してるといえます。

ShopifyとGoDaddyは同じようなものですか?

ShopifyでもGoDaddyでもドメイン名を購入でき、オンラインストアを立ち上げられますが、Shopifyは、不正注文防止機能、グローバル展開のサポート、オムニチャネル型販売が可能な点においてGoDaddyと異なります。GoDaddyは、オンラインストアを初めて立ち上げるマーチャントには優れた機能を提供していますが、同社のEコマース機能では長期的な成長や海外展開には対応していません。機能を追加してオンラインストアを差別化できるアプリのマーケットプレイスがなく、商品数も5,000点までと制限が設けられているため、グローバル展開を目指す野心的なEコマースビジネスにGoDaddyは適していません。

GoDaddyドメインをShopifyで使用できますか?

はい、任意のドメインレジストラで購入したどんなドメインでもShopifyに接続できます。Eコマースサイトの立ち上げをよりスムーズに行うために、Shopifyから直接ドメインを購入することもできます。

ShopifyのほうがGoDaddyより維持費がかかりますか?

ShopifyもGoDaddyも似たような料金体系で、どちらもEコマースのプランは月額29米ドルからとなっています。しかし、GoDaddyのコマース機能はここまでで、それ以上の機能を追加できる料金プランはありません。Shopifyのベーシックプランなら、さらにアップグレードできるため、必要に応じてストアを拡張できます。

GoDaddyのユーザーの方は、Shopifyにすばやく簡単に移行できます。今すぐ始めましょう。

ページ最終更新日:2021年5月6日