ShopifyとBluehostの比較

ShopifyとBluehostの比較 (2022) - あなたのウェブサイトに最適なホストはどちらでしょうか?

Shopifyでは、高品質のEコマースツール、使いやすいチェックアウト、PCI準拠、無制限の帯域幅を提供しており、信頼性の高いアップタイムが確保されています。

Bluehostと比較してShopifyを選ぶ理由

ShopifyとBluehostの機能比較表

主な機能

Bluehost

Shopify

オンラインストアビルダー はい はい
ウェブホスティング はい はい
コンテンツ配信ネットワーク はい はい
多言語での販売 いいえ はい
簡単なチェックアウト いいえ はい
統合されたEコマースツール いいえ はい
統合されたオムニチャネル機能 いいえ はい
ブログ作成 はい はい
組み込みのSEO機能 いいえ はい
決済ゲートウェイサービス はい はい
SSL証明書 はい はい
PCI-DSS準拠 いいえ はい
ウェブサイト用のアプリとプラグイン はい はい
無制限の帯域幅 いいえ はい
アップタイムの保証 いいえ はい
詳細なレポート はい はい
小売業者向けのモバイルアプリ いいえ はい
24時間体制のカスタマーサポート はい はい

Bluehostと比較して、Shopifyだからこそ提供できる9つのメリット

ネットショップ構築の簡素化

Bluehostと比較して、Shopifyにはすぐに使えるサービスやツールが充実しています。Shopifyに登録すれば、ドラッグ&ドロップ式のビルダーを使って簡単にネットショップを構築できます。さらに、Shopifyにはオンライン販売に適したテンプレートが豊富にそろっています。Bluehostにもドラッグ&ドロップ式のウェブサイト作成ツールがありますが、ネットショップの構築に特化したものではありません。Bluehostのユーザーはまずウェブサイトを構築し、それから自社ツールあるいはEコマース用の外部プラグインを使ってネットショップを追加しなければなりません。

複数言語での販売

複数の言語でストアを表示することはShopifyでもBluehostでも可能です。ただし、Bluehostの場合はWordPressウェブサイトを設定した後、有料プラグインのインストールが必要になります。Shopifyなら管理画面パネルで多言語を設定するだけで、各言語に翻訳されたコンテンツの固有URLを作成することができます。Shopifyのマーチャントは、ベーシックまたはプレミアムのご契約の場合、5言語まで対応可能です。取引量が多く、エンタープライズプラットフォームをご利用のPlusマーチャントの場合は、最大50言語で販売を行えます。

PCI準拠

マーチャントのセキュリティに関してはShopifyもBluehostも同様のレベルを提供していますが、Shopifyの場合、ストアがPCIに準拠しているため、より優れているといえます。Bluehostでは、マーチャントは自分でコンプライアンスの手続きを行い、ライセンスを得るための認証プロセスを経なければなりません。Shopifyとは異なり、BluehostがホストするストアはデフォルトでPCI準拠に設定されていません。

真のオムニチャネルエクスペリエンス

Shopifyでは、マーチャントはビジネスを1か所で管理できるため、オフラインとオンラインのさまざまな販売チャネルからのデータ管理も容易に行えます。これはつまり、実店舗におけるPOS関連ニーズへの対応、複数のロケーションをまたいだ在庫の追跡、さらに商品の購入場所に関係なくお客様のサポートができることを意味します。一方、BluehostのユーザーはEコマースのプラグインを使用しなければならないうえ、複数のチャネルで販売するには、いくつもの個別の拡張機能が必要となります。

高いコンバージョンをもたらすチェックアウト

Shopifyに登録したマーチャントは、「Shopifyチェックアウト」と呼ばれる便利なチェックアウト機能を使えるようになります。Shopifyチェックアウトを使うと、お客様はさまざま決済方法を利用して購入できます。複数の通貨やデジタルウォレットにも対応しています。さらに、プラットフォーム上の他の機能とも連携されているため、お客様はわずか数秒で簡単にチェックアウトを完了できます。Bluehostの場合、チェックアウトはWordPressのEコマース向けプラグイン (WP eCommerceやWooCommerceなど) を使わなければならず、シームレスなチェックアウトをお客様に提供するには追加の拡張機能が必要になります。

自社開発のPOSシステム

ShopifyはPOSシステムを自社開発しています。これは「Shopify POS」と呼ばれるもので、対面での決済受付、ギフトカードの販売、モバイルチェックアウトなどの対応が可能です。一方、Bluehostユーザーは自分のWordPressサイトを、POS機能を備えたEコマースプラットフォームに接続しなければなりません。互換性のあるほとんどのプラットフォームでは、POSを使うには有料アプリまたは外部ハードウェアの統合が必要になります。つまり、ストアオーナーの労力が増えるだけでなく、必要な機能を統合できるかどうかをリサーチする負担も発生します。

統合されたEコマースツール

Shopifyには、マーケティング、配送、分析を行うための主要なツールが組み込まれています。たとえば、メールキャンペーンの作成、検索エンジン向けの最適化、注文の配送料金の支払い、配送ラベルの印刷、売れ筋の商品ページの特定といったことを、すべて管理画面パネルから直接行えます。Bluehostでは、WordPressウェブサイトとの統合が可能なEコマースプラットフォームで提供されているツールに頼らなければなりません。これらのツールにアクセスするにはプラットフォームのダッシュボードを開かなければならず、必ずしも便利とは言えません。また、ほとんどのプラットフォームでは、Shopifyほどすぐに使えるツールを提供していません。

組み込みのSEO機能

Shopifyには、マーチャントが検索エンジンで上位に表示されるように強力なSEO機能が組み込まれています。301リダイレクト、canonicalタグ、robots.txtなどの機能に加え、コレクションページでもタイトルタグ、メタディスクリプション、画像altタグを使用することができます。Bluehostでは、オンラインストアの検索の最適化を図るには有料のSEOプラグインを使わなければならず、効果は高まるものの、ストア運営の経費がかさみます。

無制限の帯域幅

Shopifyのすべてのプランでは、帯域幅およびストレージ容量が無制限です。つまり、トラフィック量が多い時間帯でも超過料金が発生しません。Bluehostも無制限の帯域幅やディスクスペースを提供していますが、ウェブホスティングサーバーの多くはリソースに限りがあります。Bluehostの利用規約および適正利用規約によると、帯域幅は個人またはスモールビジネスのウェブサイトの通常の運営範囲内で使用すべきと記載されています。たとえば、データベースの使用量が10GBを超すユーザーは規約違反にあたる恐れがあります。

BluehostよりもShopifyがマーチャントに好まれる理由

海外販売に対応

Shopifyには、海外販売を促進する機能が充実しています。複数の通貨と言語を設定できるため、お客様の地域に合わせて高度にローカライズされたショッピング体験を提供でき、しかもすべてを1か所で管理できます。さらに、Shopifyマーチャントはストアの管理画面から直接、国や地域別に価格を調整することもできます。Bluehostでも国際Eコマースに対応していますが、海外販売するためには独自のWooCommerce統合を経なければならず、複数の通貨で商品価格を設定する機能などのウィジェットの購入が必要になります。

ソフトウェアの自動メンテナンス

Shopify、Bluehost共に、定期的なソフトウェア更新を行っています。Shopifyの場合、更新は自動で行われるため、マーチャントは最新機能の通知を読み終わる前に、すぐにアクセスできます。Bluehostでも更新は自動で行われますが、プラグイン、テーマ、WordPressソフトウェアなど、あちこちに注意を払う必要があるかもしれません。WordPressまたはBluehost自体が提供していないプラグインやテーマに関しては、手動での更新が必要となる場合もあります。

アップタイムの保証

ShopifyもBluehostも、マーチャントにオンラインでの存在感を最大限に高めてほしいと考えている点では共通しています。Shopifyでは過去90日間、すべての主要なサービスに関して、全対象地域において99.98のアップタイムを維持しています。Bluehostも高いアップタイムを維持していますが、保証はされていません。つまり、想定外または長時間に及ぶダウンタイムが発生しても同社は責任を負いません。一方、Shopifyのアップタイムの基準には、計画的なメンテナンス、外部サービスの停止、Shopifyの管理外となる自然災害などに起因するダウンタイムは含まれていません。

堅牢なセキュリティ

Shopifyでは、すべてのプランに不正防止対策やクレジットカード保護の機能が含まれています。Shopifyでは少しでも通常と異なることがあれば警告が通知されるため、マーチャントは安心して利用できます。Bluehostは、サーバー側のファイアウォールでユーザーを保護していますが、不正注文防止はWooCommerceのオンラインストア統合を通してのみ可能です。Shopifyではプランに含まれていますが、WooCommerceの不正注文防止には年間79米ドルがかかります。

複数ストアの運営

マーチャントの中には、複数のストアを運営したいと考える方もいます。ShopifyもBluehostも、それには対応していますが、Shopifyユーザーの場合、管理画面パネルで設定できるのに対し、Bluehostの場合はWooCommerceで設定し、さらにプラグインが必要になります。Shopifyなら単一のプラットフォームでB2B、D2Cもサポートしており、プラグインは不要です。

私たちは、多くのブランドが10年かけても構築できていないことを、たったの3年で構築できました。

Chiomaさん, Cee Cee's Closet NYC

Shopifyについてさらに詳しく

Shopifyを比較

Shopifyと他のプラットフォームとの比較を見る

比較ページを見る 

Shopify コミュニティ

Shopify フォーラムでビジネスオーナーから学ぶ

Shopify フォーラムを検索する 

Shopify ヘルプセンター

Shopifyに関するすべての疑問の答えをすばやく見つける

ヘルプセンターにアクセスする 

3日間の無料体験をお試し!

Shopifyを無料で試して、ECサイトの作成、運営、成長に必要なすべてのツールとサービスを体験しましょう。

よくある質問

ShopifyとBluehostの違いは何ですか?

Shopifyは、マーチャントが自らオンラインストアを構築して開設することを可能にするために特別に設計されたEコマースプラットフォームです。強力なコマース機能などが完備された完全ホスト型で、マーチャントは物理的な商品またはデジタル商品のどちらでも販売できます。一方、Bluehostはウェブホスティング会社であるため、そのプラットフォーム自体に組み込まれているEコマース機能には限界があります。ということは、Bluehostにサインアップしたマーチャントは、オンラインストアを構築するためやEコマースビジネスに必要なツールにアクセスするためには別のソリューションが必要になるということです。

BluehostはShopifyと連携できますか?

BluehostはShopifyと直接連携することはできませんが、Bluehost上にWordPressウェブサイトを作成すれば、マーチャントはShopify購入ボタンを使って商品を販売することができます。購入ボタンは、お使いのWordPressウェブサイト上にある商品を表示する埋め込みコードを生成します。さらに、ボタンのスタイルも自由に変えられます。数回クリックするだけで、ブランドに合わせた色にカスタマイズすることができます。

BluehostのドメインをShopifyに移行できますか?

Bluehostまたはその他のサードパーティプロバイダーから購入したドメインは、Shopifyオンラインストアでも使用できます。現在お使いのドメインをShopifyに接続するか、またはShopifyに移管すると、Shopifyストアで使用できるようになります。ドメインを接続する場合はサードパーティプロバイダーに管理を任せることになりますが、ドメインを移管してしまえばShopifyで管理できるようになります。移行が無事に終了すると、ドメイン設定の調整、ドメインの更新、ドメイン料金の支払いなどをすべて管理画面から直接行うことができます。

BluehostとShopifyでは、どちらが優れていますか?

統合されたEコマースツール、強力なチェックアウト機能、信頼性の高いセキュリティ、アップタイムの保証などを求めている方には、Shopifyの方がBluehostよりも優れています。Bluehostはあらゆる種類のウェブサイトをホストするように設計されているのに対し、Shopifyはオンラインストア専門に設計されています。コンテンツに主軸を置いたサイトがメインで、いくらかのEコマース機能があれば十分という方はBluehostを選ぶかもしれません。拡張可能なオンラインストアの構築や、顧客志向の機能をお求めの方にはShopifyが適しているでしょう。

ページ最終更新日:2021年4月25日