ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

Facebook広告ライブラリとは?

新規顧客開拓にはFacebook広告がおすすめです。しかし、Facebookでの集客 (英語) や広告のターゲティング、広告制作までをまかなうのは大仕事です。広告で成果をあげるには、事前に下調べをしておきましょう。備えあれば憂いなしです。

広告について無料で調べるツールとしては、Facebook『広告ライブラリ』が挙げられます。Facebook広告ライブラリでは、他の出稿者の広告を知ることができ、自身の広告制作の参考になります。

目次

Facebook広告ライブラリとは?

Facebook広告ライブラリとは、Facebook、Instagram、WhatsAppなどのMetaプラットフォーム上の現行の広告について、情報を検索できるデジタルデータベースです。これらの広告には、広告の掲載期間に関わらず、社会問題、選挙、政治関連の内容も含まれます。

Facebook広告ライブラリ

Facebook広告ライブラリはどのような場合に必要?

Facebook広告ライブラリを使う理由はいくつもあります。たとえば、はじめての広告を制作して掲載するにも、時世を見定めてFacebook広告戦略 (英語) を立てる必要があります。広告がこの方向性でいいのか確認したり、既存の広告の効果を上げるために模索することもあるでしょう。いずれにしても、Facebook広告ライブラリに目を通すことで、あなたの創造の泉は湧き出し、顧客に響く広告づくりができます。

Facebook広告ライブラリの使い方

あなたのビジネスに活用できる、Facebook広告ライブラリの使い方を以下ご紹介します。

あなたのビジネスに関連するキーワードで検索しましょう

あなたのビジネスに関連する広告を知るには、ビジネスの分野やブランド、商品をキーワードにして検索しましょう。すでに浸透しているコピーが分かり、トレンドを把握することでビジネスに役立てられます。

ヴィーガンフード・ブランドPazalsearは、販売している商品の「vegan condiments (調味料、薬味) 」で検索しているでしょう。「vegan tzatziki (ザジキ) 」や「vegan mozzarella (モッツァレラ) 」などのキーワードでも、関連する商品について検索するのではないでしょうか。

Pazalsear

「vegan condiments」の検索で、Pazalsearに競合するものが分かります。

検索ワードが定まらない場合でも、Facebook広告ライブラリはSEOツールではないものの、SEOキーワード調査同様にライブラリ内で検索ワードを見つけられます。

競合事業者の様子を見てみましょう

競合事業者の現状を把握する、あるいは競合事業者による広告合戦の戦況を確認するには、キーワード検索よりも、特定のFacebookページや出稿者に着目します。

競合事業者の現行の広告を見るには、Facebook広告ライブラリでブランド名の検索を行うか、ブランドのFacebookページから広告を表示します。

たとえば、Shopifyの広告を見るには、Facebookページを開き、[ページの透明性] セクションまでスクロールします。

[すべて見る] をクリックし、ポップアップウインドウを開きます。[このページの広告] までスクロールダウンし、[広告ライブラリに移動] をクリックすると、ShopifyのFacebook広告が一覧できます。各Facebookビジネスページに広告ライブラリがあり、すべての現行の広告が掲載されています。Shopifyのように広告が複数ある場合、広告がローンチされた月別にグループ分けされて表示されます。

国別フィルターで調べましょう

海外販売する場合、いろいろな地域の顧客に合わせて広告するでしょう。国内販売だけでも、地域に特化した広告を考えるはずです。どちらにしても、国別に検索することで関連する広告の方向性や地域性が分かります。

国別の広告を見るには、Facebook広告ライブラリの [広告を検索] から [国を選択] のドロップダウンメニューを表示します。スクロールすることも、検索ボックスに国名を入力することもできます。

各出稿者の国別の広告も見ることができます。出稿者の他国の広告を見るには、出稿者のFacebook広告ライブラリから同様に検索します。

インプレッションによるフィルター検索

Facebookは、広告がフィード内外で閲覧されるごとにインプレッション (広告の表示回数) を記録しています。これは一目瞭然の目安で、出稿者の広告がどのくらいの人数に届いたかが分かります。インプレッションが多いということは、広告の閲覧者が多数か、出稿料が多大か、その両方です。

インプレッション別の検索をするには、右上の [フィルター] をクリックし、ポップアップウインドウを表示して [日付別インプレッション] を開きます。

インプレッションによるフィルター検索

日付を設定すれば、最多インプレッションの広告も分かります。[具体的日付] や [期間]、[次の日以前]、[次の日以降] の指定ができます。たとえば冬季のホリデーシーズンを調べるなら、9月から12月で指定します。

Facebook、Instagram、Messengerの広告を見てみましょう

Facebookの広告の種類はいくつもあります (英語) 。Facebookに広告を出すと、Facebookフィードやタイムラインで表示されるだけではありません。ストーリーズやMessengerでも表示されます。FacebookはInstagramとWhatsAppも運営しており、それらのMeta広告ネットワーク上でも広告を表示させるか選ぶことができます。

Facebook広告ライブラリでは、どんな種類の広告がどこに表示されているか分かります。各広告の上の欄で、広告がアクティブ (掲載中) かどうか、掲載開始日、掲載プラットフォーム (アイコン表示) などの詳細を確認できます。

下の例では、左からFacebook、Instagram、Audience Network、Messengerでの掲載で、真ん中はInstagramとAudience Network、右はFacebook、Instagram、Audience Networkでの掲載です。

Audience Network

これらの各広告の掲載情報は、自身の広告掲載の参考になります。どの競合事業者もMessengerで広告していないと分かれば、差別化を図るべく試してみるのも一手です。

広告掲載期間を確認しましょう

上述のように、Facebook広告ライブラリでは各広告の掲載期間も見られます。広告がどのくらいの期間閲覧されるか、広告主がどのくらいの期間広告料を払っているか、自身の出稿の参考にできます。ある広告がしばらく掲載されているなら、その広告は効果があり、広告主はさしあたって更新や改善に取り組んでいないということです。

Facebookの規定に違反する広告を報告しましょう

Facebookの規定に違反する広告を見つけたら、広告ライブラリを報告に使うことができます。[広告の詳細を見る] をクリックし、[] から [広告を報告] を選び、報告のポップアップウインドウを表示します。

Facebookの規定に違反する広告を報告

さらに、違反広告の詳細を入力します。以下から、報告に至った理由を選んでください。

  • 詐欺または誤解を招くコンテンツ
  • 性的に不適切
  • 不快な内容である
  • 暴力
  • 禁止されているコンテンツ
  • スパム
  • False news (誤報)
  • 立候補者または政治的問題
  • その他

あなたのビジネスに対し虚偽の主張をしていたり、著作権の侵害があれば、このフォームから報告するのも得策です。

広告主の他の広告も見てみましょう

Facebookを見ていて目を引く広告があれば、広告ライブラリから他の広告も確認することができます。上述のようにFacebookページの [ページの透明性] セクションまでスクロールし、広告主の広告ライブラリを開きます。

広告ライブラリを俯瞰で見ると、トレンドがつかめるでしょう。広告主は、成果をあげている広告と似たような画像やコピーを使用しているはずです。同タイプの広告がたくさんあれば、それが広告主にとって効果的ということなので、留意しておいてください。

広告主が社会問題や政治関連の内容に言及しているか

Facebookは自社の公明性とパブリックイメージの向上に努めています。社会問題や政治関連の内容についての広告を判別する施策も、懸命に行っています。誤った情報がインターネットに流出していますが、Facebookはそれらの広告にはフラッグをつけて、人々が情報を各自精査できるようにし、広告の企図を知り、広告主の真の狙いをよむように仕向けています。

広告ライブラリに分野の検索フィルターはないものの、社会問題や政治関連の内容は検索できます。あなたのビジネスにブランド力があり、社会事情への言及が奏功する場合、配慮が必要になってきます。ブランドに社会への働きかけを求める顧客が現にいるからです。ある調査 (英語) では、回答者の約70%がブランドに立場を示してほしいと望んでいます。競合事業者の広告が社会事情に関わっているか、注視してください。

原文:Alexandra Sheehan 翻訳:Midori Aoi

よくある質問

広告ライブラリへのアクセスは?

こちらのURLアドレス facebook.com/ads/library か、各Facebookページの [ページの透明性] セクションにスクロールします。

広告ライブラリにはすべての広告が掲載されていますか?

いいえ、広告ライブラリではすべての広告は見られません。Meta広告プラットフォーム上の現行の広告のみ、掲載されています。Google広告やFacebookの掲載終了広告、他のプラットフォーム上の広告は含まれません。

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: