ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

ドメイン名の決め方 - 失敗しない6つのコツ

Shopifyでネットショップを作成する場合は、「○○.myshopify.com」という形式で無料のドメインが付与されますが、それ以外にも独自にドメインを購入して使用する選択肢があります。独自ドメイン (カスタムドメインとも呼ばれる) を採用することで、ウェブサイトがよりプロフェッショナルに見え、ブランドのプロモーションもしやすくなります。

とはいえ、すでに世の中には数多くのウェブサイトが存在するので、利用されていないドメイン名を見つけるためには創造力を働かせる必要があります。この記事では、あなたのビジネスに最適なドメインを見つけるための基本的なルールをご紹介します。

目次

ドメインとは?

ドメインの重要性を理解するためには、まず「ドメインとはなにか」を知ることが大切です。ドメインは例えるなら「あなたの家の住所」です。住所があることで、人々はあなたの家を特定することができ、あなたに郵便物などを届けることができます。インターネット上のドメインも同じです。あなた固有のドメインがあることで、お客様はあなたのウェブサイトを訪れ、あなたの販売する商品に出会うことができるのです。

ドメイン名とは?

ドメイン名はトップレベルドメイン (TLD) と、一定のルールに基づいて自由に指定できる文字列を組み合わせたもので、世界中で二つとして同じものは存在しません。そのため、あなたの希望するドメイン名がすでに使用されている場合は、別のドメインを探す必要があります。尚、ドメイン名はTLDのレジストリごと (例:.jpドメイン) にオリジナルの文字列と所有者の登録が可能で、所有者の同意なしでは特定のIPアドレスに紐づけることはできないように保護されています。

あなたが立ち上げるネットショップも、ブラウザ上ではドメイン名によって識別されます。特定のウェブサイトにアクセスする際、背後ではIPアドレスを用いた接続が行われていますが、これらのIPアドレスは数字の羅列で覚えるのが難しく、論理的な意味を持ちません。そのため、ウェブサイトのIPアドレスは人々が覚えやすい文字列のドメインに置き換えて接続されているのです。

もっと詳しく:あなたも成長を続けるEコマース市場に参入しませんか? オンライン取引について知っておきたい基礎知識を、こちらの記事にまとめました。

ドメインの構成とは?

ドメインは「. (ドット) 」で区切られたいくつかの「ラベル」によって構成されており、最も右側がトップレベルドメイン (TLD) 、そこから左に順に第二レベルドメイン (2LD) 、第三レベルドメイン (3LD) と呼ばれています。トップレベルドメインには、.com、.org、.netといったドメインの拡張子が含まれています。「.jp」といった国別の略称もこれにあたり、どの国の企業なのかがすぐにわかるケースもあります。その他にも「.shop」のようなカテゴリー別のTLDがあり、この場合はひと目でお店だと認識することができます。尚、第二レベルドメインにはウェブサイトの名前、第三レベルドメインにはサブドメインやホスト名 (「www」など) が含まれます。

ドメインの構成

ドメインは、いくつかのセクションに分かれています。

サブドメインは独自ドメインを細分化したもので、必ずルートドメインの前にプレフィックス (接頭辞) として「. (ドット) 」とセットで追加されます。たとえば「help.shopify.com」と「events.shopify.com」では、「shopify.com」がルートドメイン、「help.」と「events.」がサブドメインです。ウェブサイト上の異なる領域に個別のアドレスを割り当てることが可能になりますが、同じルートドメインを有することですべてのエリアが互いにつながっているという一貫性を示すこともできます。このおかげで、コンテンツを特定のアドレスで呼び出しつつ、それぞれを別々に扱うことができるようになりました。各ドメインは、1つまたは複数のサブドメインを持つことができるので、ユーザーの利便性を向上させ、ウェブサイトの特定のエリアにお客様の注意をひくことができます。それとは別に、SEOの最適化 (英語) にも一役買っています。現時点ではまだランキングの要因にはなっていませんが、サブドメインはサブディレクトリと同様に検索結果に影響を与えます。

ドメイン名の法的効力とは?

ドメイン名がすでに登録されている場合、ドメインの使用権に関する紛争が起きることがあります。こうした場合、どちらにドメインの使用権があるかを商標法や不正競争防止法などと照らし合わせて検討する必要があります。判決の中には、具体的にどちらがより優先的な権利 (「優先権」) を有しているかに言及したものもあります。例えば、自分の名前を用いたドメインの所有者や、登録商標を持つ企業の方が「より優先されるべき」とされています。この考え方を適用すると、都市や自治体などがもっとも優先されることになります。ドメインの使用禁止がもたらす法的な影響は、要求から警告、訴訟まで多岐にわたります。ドメインは通常「早い者勝ち」で割り当てられますが、法的な側面も無視できない重要な役割を果たしています。

参考:国内の商品販売には、「特定商取引法に基づく表記」をネットショップに掲載することが義務付けられています。

独自ドメインを登録することにはさまざまなメリットがありますが、その中でも特に重要なものを下記にて紹介します。

半永久的に使えるオンライン上の名刺

ドメイン名は、あなたのビジネスに興味を抱いてくれたお客様とオンラインでつながる半永久的なタッチポイント (接点) となります。仮にあなたのビジネスが長い年月をかけて変化したとしても、ドメイン名は同じものを使用することが可能です。新しいホスティングサービスへの移行、リブランディング、ビジネスモデルの変更など、どのように変化しても問題なく同じドメイン名を保持し続けることができます。

ブランド認知度の向上

ブランド名を打ち出す独自ドメインがなければ、あなたのビジネスを目立たせることは難しくなります。なぜなら、あなたのブランド名は常に共有ドメイン (Shopifyの場合は「ブランド名.myshopify.com」) の後塵を拝することになるからです。独自ドメインを持つことで、あなたはある種の独立性をアピールすることができます。

ブランドを構築するためのヒントは、こちらの記事でも紹介しています。

信頼と信用

独自ドメイン名の取得にお金をかけることは、あなたが本腰を入れてビジネスに取り組んでいることの証になります。お客様からの信頼やコンバージョンが高まるだけでなく、他の企業があなたと一緒に仕事をしやすくなります。また、メディアがあなたのビジネスを取り上げてくれる可能性も高くなります。

記憶に残るドメイン名を選ぶための6つのルール

  1. シンプルが一番:短く、簡潔で、インパクトのあるものを選びましょう。発音しやすく、綴りが簡単であることも大切です。

  2. 商標保護に注意:ドメイン名購入の際には、競合他社と類似するものは避け、商標権を侵害しないように注意しましょう。ユニークな名前であれば、覚えてもらえる確率がそれだけ高くなります。

  3.  「.COM」ドメインを選ぶ:「.com」は一番人気のあるトップレベルドメインです。使われていないドメイン名を見つけるのは難しいかもしれませんが、可能な限り「.com 」内で選びましょう。ただし、特定の国でのみ商品を販売する場合は、SEOの観点からも国別ドメイン (日本なら「.jp」) を選択することも効果的です。

  4. 数字・ハイフンは避ける:ドメイン名を正しく伝えるためにもハイフンや数字は絶対に避けてください。特に口頭でお客様に伝える場合は、これらの文字が綴りミスなどを招く可能性があります。

  5. ブランディングを意識する:強いブランドをつくることはビジネスを継続するうえで重要なので、はじめからブランディングを意識しておきましょう。最初はひとつの商品しか取り扱わなくても、将来的に幅広い商品を販売する可能性は十分ありえます。ホームページやビジネスの戦略が変わっても、共に成長できるような名前を選びましょう。

  6. 創造性を働かせる:シンプルな英単語を用いたドメインはすでに登録済みである可能性が高く、あなた自身でオリジナルの文字列を考える必要があるかもしれません。2つの単語を並べる (例:YouTube) 、フレーズを使う (例:Six Apart) 、2つの単語を結合する (Microsoft) 、単語の一部を変える (Flickr) 、単語に接頭辞や接尾語をつける (Shopify) 、まったく新しい単語を発明する (Odeo) などの方法に挑戦してみてください。

ドメイン名のアイデア出しを支援するツール

ドメイン名ツール

最適なドメイン名にたどり着くためにブレインストーミングをする必要があるかもしれません。もしひとりで行き詰っていたら、下記のツールがきっとあなたの役に立つことでしょう。

  • Business Name Generator:Shopifyが提供する無料ツールで、会社名のアイデアを生み出すことができます。
  • ドメイン名検索と空き状況確認:Shopifyのツールで、使用したい文字列が利用可能かをテストできます。代替案の提示もあるほか、このツールからドメインを購入することもできます。
  • NameStation:入力した単語をもとに、利用可能なドメインのリストを作成します。
  • Domaintyper:ドメイン名の利用可否を瞬時にチェックします。
  • Domain Pigeon:他の人が登録したいワードが見られるので、インスピレーションを得ることができます。
  • Domainr:一文字入力するごとに、システムが候補のリストと利用可否を検索します。

あなたの希望するドメインがすでに取得されている可能性は大いにあり得ますが、落胆する必要はありません。これらのツールを使えば、あなたのネットショップに最適でキャッチーな名前がきっと見つかります。

ドメイン名の購入方法

ドメイン名が決まったら、下記の簡単なステップで購入と登録が完了します。

ステップ1:ドメイン取得サービスを選ぶ 

ドメイン名の取得と登録を代行してくれるドメイン登録事業者はたくさんあります。インターネットで検索すれば、自分に合ったドメイン取得サービスが見つかるはずです。また、知り合いに推薦してもらうこともできます。サービス提供歴の長い事業者は、取引実績も多く、評判がいい傾向にあります。

ステップ2:個人情報を登録

ドメイン名を登録する際には、氏名・電話番号・住所などの個人情報を提供する必要があります。この情報はデフォルトで公開されるようになりますが、お金を払って非表示にする (その場合は登録業者の情報が表示される) ことも可能です。プライバシー保護のオプションを無料で提供するサービスもありますが、非表示にすることで検索エンジンや訪問者に対するウェブサイトの信頼性が低下するので慎重に検討しましょう。

プライバシーを保護したいのであれば、あなた自身の個人情報ではなく、会社名とその連絡先を登録する方がよいでしょう。

ステップ3:ウェブサイトをホスティングする

ドメイン名の登録は、あなた専用のURLを予約したことにはなりますが、その段階ではまだウェブサイトは存在しません。これは別途作成し、ホスティングする必要があります。

Shopifyでドメイン名を登録する方法

Shopifyでストアを開設する場合、ドメイン名の登録と同時にネットショップを作成することができます。 

Shopifyですでにネットショップをお持ちの方は、ログインして [ホーム] 画面から [設定] → [ドメイン] に移動してください。緑色の [新しいドメインを購入する] ボタンをクリックすると、希望するドメイン名を検索するための検索ボックスが表示されます。

Shopifyドメイン設定

登録したいドメインが利用可能であれば、横の [購入する] ボタンをクリックして画面の指示に従ってください。

ドメイン購入

すでにドメイン名をお持ちの方は、こちらのマニュアルでShopifyストアとの連動方法をご確認ください。

参考情報

以下にて、これからネットショップを始めるあなたに役立つ記事を紹介します。

原文:von Caroline Dohrmann 翻訳:坂本真紀

ドメイン名に関するよくある質問

なぜ独自ドメインが必要なのですか?

インターネット上にホームページやネットショップを開設する場合、まずドメインを設定する必要があります。その際、独自ドメインを設定することはブランド構築やSEO対策の観点からメリットがあります。また、この記事内で説明したいくつかのポイントに注意すれば、お客様からの信頼も獲得することができます。

よいドメイン名とはどのようなものですか?

ドメイン名は「短く、簡潔で、記憶に残る」ものほどよいとされています。発音しやすく、綴りやすい名前であればすぐに覚えてもらえるので、お客様が将来アクセスしてくれる可能性が高くなります。尚、ドメイン名を決める際は商標権などに抵触しないよう、競合他社と類似する名前などは使わないように注意してください。可能であれば「.com」ドメインを取得することをおすすめしますが、特定の国でしか販売しない場合は「.jp」といった国別ドメインを取得するのがよいでしょう。

適切なドメイン名を見つけるにはどうすればよいですか?

現在ひとつの商品しか販売していない場合でも、ユニークで覚えやすいブランド名を考えておくとよいでしょう。そして、そのブランド名をドメインに使用することをおすすめします。シンプルな英単語を用いたドメインはすでに登録済みである可能性が高く、あなた自身で造語を考える必要があるかもしれません。造語を作るには、2つの単語を並べる (例:YouTube) 、フレーズを使う (例:Six Apart) 、2つの単語を結合する (Microsoft) 、単語の一部を変える (Tumblr) 、単語に接尾語をつける (Shopify) 、まったく新しい単語を作る (Odeo) など、さまざまな方法があります。

ドメインはどのように購入するのですか?

希望するドメインの購入と登録を代行してくれるドメイン取得サービスはたくさんあります。サービス提供歴が長く、登録実績の多いサイトや、知人からの評判がよいサイトを利用するのが一番です。Shopifyでも独自ドメイン名の購入・登録が可能です!

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: