ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

【2022年版】EC構築サービス おすすめ11選

Eコマースビジネスの起業はワクワクします。ビジネスネームを決め、ロゴを作り、ブランディングを行い、ウェブサイトを設ける。今必要なものは分かりやすいのですが、ビジネスの方向性や将来に必要なものを考えることも大切です。

現在では、オンラインストアビルダー選びもそう単純ではありません。熟知した起業家は、円滑に連携するエコシステムツールであり、ビジネスのあらゆる面をくまなくコントロールし、成長に合わせて向上できる、ベストなEコマース・プラットフォームを求めています。

この記事では、おすすめのEC構築サービスを一挙ご紹介し、あなたのビジネスニーズに寄り添った最適なサービスを見つける方法をご紹介します。

Eコマース・プラットフォームとは?

Eコマース・プラットフォームは、ネットで商品を販売して配送するためのソリューションです。Eコマース・プラットフォームによって、お客様にいつでもどちらからでもお買い物をしていただけるようになります。

 Eコマース・プラットフォームには出品とネット決済機能しかないと思われていることも多いですが、Eコマース・プラットフォームの真価はそれだけではありません。Eコマース・プラットフォームは、出品から販促まであらゆる営業を全うさせるものです。決済機能のみならず、ネットショップの他にも、ネット販売に必要なすべてのツールに支障なくアクセスできるものです。

Eコマース・プラットフォームの種類

ネットショップを開設するには、ホスティングサービスが必要です。サーバーに情報を保管し、ネットユーザーにサイトへ訪問してもらい、すべてのコンテンツを見てもらえるようにします。

 どのウェブサイトもどこかに保管されています。プロバイダーから付与されたサーバースペースに保存されているわけです。ホスティングサービスが付随するEコマース・プラットフォームもありますが、そうでない場合、セルフホスティングかホスティングサービスを利用することになります。

1. ホスティングサービス込みのEコマース・プラットフォーム

ホスティングサービス込みのウェブサイトビルダーであれば、ホスティングに悩むことなく、追加料金を気にすることもありません。たとえばShopifyは、ホスティングサービスが全プランに含まれています。

Shopifyのすべての更新は自動で手間もかからず、サイトは常に最新の状態に保たれます。ホスティングサービス込みのEコマース・プラットフォームなら、休止時間や障害復旧に煩わされることなく、運営に専念できます。

2. セルフホスティング

セルフホスティングでもホスティングサービスなしでも、Eコマース・プラットフォームには、サーバースペースの使用またはレンタルサーバー代が必要です。この場合、更新や保守、障害復旧に備えるため、現行のウェブサイト管理は煩雑になってしまいます。多大な内部リソースが必要となり、外部に委託せざるをえないこともあるでしょう。

セルフホスティング・プラットフォームはオープンソースのタイプで、サードパーティを介してウェブサイトデータを保管します。サードパーティにはサービスに応じた料金設定があり、たちまちコストはかさんでいきます。これらのホスティングサービスは段階性料金が多く、低価格のプランではカスタマーサポートが充実していません。報道などで思いがけずバズってもアクセス過多になり、大事な時にサポートを受けられないこともあるでしょう。

Eコマースの種類

Eコマースには、B2C (business-to-consumer 事業者から消費者) 、B2B (business-to-business 事業者同士) 、C2B (consumer-to-business 消費者から事業者) 、C2C (consumer-to-consumer 消費者同士) の4種類があります。

  1. B2C|事業者から個人の消費者へのネット販売。DTCまたはダイレクト・ツー・コンシューマー (direct-to-consumer 直接消費者へ) とも呼ばれています。
  2. B2B|ネット上での事業者間の商取引。再販目的の購入からオフィスサプライや資材の調達まで、すべての仕入れが含まれます。
  3. C2B|消費者から事業者への商取引。通常はあまり見られません。インフルエンサーである消費者が有料でSNSの紹介投稿をしたり、最高評価のレビューを依頼されることもあるでしょう。
  4. C2C|消費者から消費者への商取引。シェアリングエコノミーの台頭と共に広まっています。Craigslist、Facebook Marketplace、eBayなどのプラットフォームがC2Cコマースの場を提供しています。

それぞれのビジネスに最適なEコマース・プラットフォーム選びには、Eコマースの種類が決め手になります。

優良Eコマースサービスがもたらすものは?

ショッピングに類するEコマースを知れば知るほど、なぜEコマース・プラットフォームを選んでいるのか忘れてしまいがちです。ベストなEコマース・プラットフォームを見つける必要もあるのでしょうか?結局のところ、すべての人にベストな選択などないのです。代わりに、顧客が手軽にネットショッピングできる、ベストなEコマースサービスを提供するのに適したプラットフォームを探しましょう。

ベストなオンラインストアビルダーを選ぶだけではなく、プラットフォームが提供するその他のビジネスツールも考慮しましょう。ネットショップ、決済機能、POS (販売時点情報管理システム) 、スモールビジネス向けローンといったエコシステムを円滑に統合できるプラットフォームもあります。たとえばShopifyは、ビジネスに必要なあらゆる面を管理できるツールの決定版です。アプリストアには4,000を超えるカスタマイズ用アプリがあり、顧客とチームに寄り添った調整を行えます。

ベスト・Eコマース・プラットフォーム集 (2021年10月版) 

ベストなEコマース・プラットフォームは、それぞれのビジネスモデルや成長戦略に基づいて決まることを、今一度お伝えします。以下、いくつかのベスト・Eコマース・プラットフォームの概要をお送りします。あなたのビジネスに最適なプラットフォーム選びにお役立てください。

1. Shopify

shopify

  • 料金:【ベーシック】月額$29、【スタンダード】月額$79、【プレミアム】月額$299 (10%の年間契約割引と20%の2年間契約割引あり)
  • 無料お試し期間:14日間
  • カスタマーサポートオプション:メール対応、コミュニティーフォーラム
  • マルチチャネル対応:Amazon、Facebook、Google Shopping、Instagram、楽天
  • モバイルアプリ:ネットビジネスをモバイルツールで完全管理できるアプリあり
  • POS:可

Shopifyは、Eコマースのベスト・ソフトウェア・アズ・ア・サービス (SaaS software-as-a-service) ・プラットフォームと言われています。相互連携するツール群が充実し、マルチチャネル販売、ドロップシッピングにも対応しています。ネットショップでも実店舗でも、SNSでもサードパーティー・マーケットプレイスでも、どちらでも販売が可能です。サイトデザインのテンプレート (サイトテーマ) も有料無料合わせて100以上あり、ゼロからお店を立ち上げることができ、運営も手早く始められます。

加えて、Shopifyはあなたのビジネスのあらゆる面を支えます。完璧なコマンドセンターを設置する、最高峰のビジネスツールが揃っています。手数料を抑えた決済機能『Shop Pay』、個別販売にも対応する『Shopify POS』などがご使用になれます。また、通信量とデータ容量は無制限で、トラフィックの増加や営業拡大にも追加料金がかかりません。

上記は、有力なアプリのほんの一部です。これらの数多くのアプリがShopifyエコシステムの一環として円滑に機能するだけではなく、サードパーティのアプリを利用することでShopifyの運用はさらに広がります。さらに、Shopifyは無料のメールマーケティングサービス、カゴ落ち対策のカートリカバリー、検索エンジン対策の他、ビジネスオーナー向けのツールを多く備えています。

Shopifyのモバイルアプリでは、モバイルデバイスでの管理をPC同様にできます。注文管理から出品、リアルタイム・セールス、商品管理の他、あらゆる操作が可能です。

shopify-features

Shopifyの高性能プラットフォームさえあれば、技術的な知識量にかかわらず、少ない予算や小さい事業規模でもビジネスを世界で広められます。

2. Wix

wix

  • 料金:【ビジネス】月額1,800円、【ビジネスプラス】月額2,700円、【ビジネスVIP】月額3,800円
  • 無料お試し期間:14日間
  • カスタマーサポートオプション:電話 (月曜日〜金曜日の午前8時〜午後5時) /メッセージ/メール対応
  • マルチチャネル対応:Facebook、Instagram
  • モバイルアプリ:ウェブサイト管理可能。商品管理などの主要ビジネスツールなし。モバイルPOSには別アプリを使用。
  • POS:可

Wixはユーザーフレンドリーなドラッグ&ドロップによるウェブサイトビルダーです。カスタマイズ可能なテンプレート、ホスティングサービス、ドメインサービスを提供しています。無料でベーシックなウェブサイトを作成できますが、Eコマース運営には有料プランへの変更が必要です。

Eコマース機能としては、Wixには有効なツールがいくつかあります。オーダー状況追跡、決済、マルチチャネル販売、カゴ落ち対策のサービス (カゴ落ちメール)が備わっています。

しかしWixでは、特に小売業には欠かせないサービスが見込まれません。在庫僅少アラートもなく、他の商品管理機能も不足しています。10を超える商品数であれば、もっと充実した商品管理追跡ツールのあるプラットフォームがいいかもしれません。

3. BigCommerce (日本語未対応)

BigComerce

  • 料金:【Standard】月額$29.95、【Plus】月額$79.95 (年間契約で10%割引) 、【Pro】月額$299.95 (年間契約で10%割引) 法人契約あり
  • 無料お試し期間:1ヶ月
  • カスタマーサポートオプション:電話/メール/チャット対応
  • マルチチャネル対応:Amazon、eBay、Etsy、Google Shopping、Facebook、Instagram、Walmart、価格比較エンジン(英語)
  • モバイルアプリ (アンドロイドのみの機能もあり) :オーダー状況更新、商品管理、アナリティクス (データ解析) 、顧客管理 
  • POS:可

BigCommerceはソフトウェア企業に特化したEコマース・プラットフォームです。ShopifyやWix同様、BigCommerceにもホスティングサービスが含まれ、カスタマイズオプションも豊富です。ただしBigCommerceではドメインを取得することができないので、別に取得して移管する必要があります。

国外販売、SEOツール、SNSやサードパーティ・マーケットプレイスでのマルチチャネル販売などの高機能が揃っていますが、高機能がゆえの複雑さもはらんでいます。

Grace & LaceがBigCommerceからShopifyに移行したのも、柔軟に使いこなせないことが要因でした。Grace & LaceはShopifyの法人向けサービス『Shopify Plus』に移行し(英語)、Eコマース・プラットフォームにとどまらないShopifyの性能を活用しています。ビジネスツールの決定版であるShopifyエコシステムにより、Grace & Laceの利益は急拡大しました。

grace-and-lace

4. Magento Commerce (日本語未対応)

magento

  • 料金:会員価格設定のみ
  • 無料お試し期間:なし
  • カスタマーサポートオプション:電話対応、オンラインヘルプセンター、サポートコンテンツ
  • マルチチャネル対応:Amazon
  • モバイルアプリ:なし
  • POS (サードパーティの拡張機能追加) :可

Magentoは、ホスティングサービスなしのEコマース・プラットフォームで、パワフルでフレキシブルなシステムのカスタマイズを求める開発者向けのサービスです。独自仕様のプラットフォームを構築したい販売者にとっては有益なサービスですが、操作が複雑でコストも高価になっています。インフラストラクチャーを一から設置したり管理するには、高度なコーディングや開発技術が必要です。

Magentoはまた、円滑にマルチチャネル販売するためのツールも不足しています。Magentoでは、ソーシャルコマースやマーケットプレイスとの連携が容易ではありません。同様に外国通貨への対応も難しくなるため、グローバルビジネスを目指している場合、MagentoはベストなEコマース・プラットフォームではないかもしれません。

数千点の品揃えを誇るCharacter.comは、UX (ユーザーエクスペリエンス) に恵まれないなか、連携の大作業を管理しSEO対策も万全にしてきました。Character.comにとって、Magentoの仕様には制限があり複雑すぎたため、Shopifyに移行しました(英語)。コンバージョンは40%増加し、Character.comは『Shopify Plus』へのアップグレードを早くも果たしました。今後のさらなる成果が見込まれます。

charactercom

5. WooCommerce (日本語未対応)

WooCommerce

  • 料金サービス課金制
  • 無料お試し期間:なし (30日間の返金保証あり)
  • カスタマーサポートオプション:メール/チャット対応、サードパーティのアプリとプラグインのサポートなし
  • マルチチャネル対応 (個別連携のみ) :Amazon、eBay、Etsy、Facebook、Google Shopping、Pinterest、Walmart
  • モバイルアプリ:出品、注文管理、アナリティクス
  • POS:ネイティブPOSあり

WooCommerceは、特にWordPressを知っている人にはおなじみでしょう。WooCommerce自体がWordPress (人気ブログプラットフォーム(英語)) のアドオンだからです。WordPressは元来コンテンツ重視のウェブサイトで、Eコマースには向いていません。そのため、WooCommerceがネット販売用アドオンとして提供されています。

WordPressは主としてコンテンツ・マネジメント・システム (CMS) であり、Eコマース・プラットフォームは副次的なものです。販売ツールも簡易的で追加アプリでの対応になります。アプリもプラグインも豊富ですが、それらをサイトに追加すればするほど、運用に支障が出ることもあるでしょう。毎回リスクを伴って追加するわけにはいきませんし、サポートが限られていることも考慮しなければなりません。

参考:『Shopify 購入ボタン』があれば、新規プラットフォームに移行することなくWordPressブログをマネタイズできます。ボタンを貼り付ければ、月額$9だけでブログ販売が可能です。

すなわち、WooCommerceは脆弱で不安定な面があり、ネットショップの開設のみならず運営も難しくなっています。さらにホスティングサービスがないことで、ホスティングのためのタスクやコストが増えてしまいます。PCIコンプライアンスにも準拠しておらず、決済処理でリスクが生じます。

6. PrestaShop (日本語未対応)

prestashop

  • 料金:無料
  • カスタマーサポートオプション:電話対応 (※有料サポート会員のみ) 、オンラインヘルプセンター、コミュニティーフォーラム、サポートコンテンツ
  • マルチチャネル対応:Amazon、eBay、Etsy、Facebook
  • モバイルアプリ:なし
  • POS (拡張機能追加) :可

PrestaShopは利用しやすいオープンソースのEコマース・プラットフォームです。ある程度の技術があれば、ビジネスを始めるにはいいでしょう。しかし、カスタマーサポートは付随しておらず、連携もまちまち。PrestaShopの販売者は助け合い精神でトラブルシューティングにてんてこまいです。

ビジネスツールとしては、商品管理追跡、ショッピングカート (買い物カゴ) 、国外販売、アナリティクスのサービスを備えています。サイト上のプライバシーやセキュリティ管理の詳細設定も可能です。

ただし、サードパーティによるホスティングと不安定なアドオン、設定のややこしさの結果、PrestaShopでのEコマース運営は手に負えないことにもなりかねません。

7. Squarespace (日本語未対応)

Squarespace

  • 料金:【Personal】月額$14 (年間契約で25%割引) 、【Business】月額$23 (年間契約で30%割引) 、【Basic Commerce】月額$27(年間契約で25%割引) 、【Advanced Commerce】月額$49 (年間契約で25%割引) 法人契約あり
  • 無料お試し期間:14日間 (1回限り7日間延長も可能) 
  • カスタマーサポートオプション:メール/チャット対応
  • マルチチャネル対応:Amazon、eBay、Etsy、Google Actions
  • モバイルアプリ:ウェブサイト編集、配送伝票スキャン、注文管理、商品管理、接客対応
  • POS (モバイルアプリ使用) :可

Squarespaceも、ウェブサイトビルダーにEコマース・プラットフォーム機能が付随するサービスです。Wix同様にドラッグ&ドロップによる作業で、技術的な知識はほとんど必要ありません。両者は第一にウェブサイトビルダーであり、ネット販売専用のプラットフォームではありません。そのため、Eコマース機能を追加するためにかなりの調整が必要になってきます。

Squarespaceでネット販売をするには、設置に手間隙がかかってしまいます。決済サービスがStripeとPaypalの2つしかないこともまた別の悩みです。予算があれば、外部に委託してしまうかもしれません。ただ、Eコマース機能の設置をしてしまえば、Squarespaceの便利な商品管理追跡ツールが使えます。高額プランではギフトカードの販売やサブスクリプションでの販売も可能です。

完璧なネットショップにするために、Square (四角) spaceの隅っこでドタバタしたくない方は、『Shopify 購入ボタン』を追加するだけで解決します。

月額$9だけで、Squarespaceのサイトに小さなコードを貼り、サイトはそのままで、Shopifyが誇るEコマースの高性能ツールを持ち込めます。『Shopify 購入ボタン』があれば、商品数無制限で販売できます。100を超える決済サービス、売上状況の把握、受注と配送の連携のしやすさ、国外の税金や通貨の換算まで備えています。

8. Big Cartel (日本語未対応)

BigCartel

  • 料金:【5品目まで】無料、【50品目まで】月額$9.99、【500品目まで】月額$19.99
  • カスタマーサポートオプション:メール対応
  • マルチチャネル対応:なし
  • モバイルアプリ:出品、商品ページ編集、オーダー状況追跡、配送伝票プリント、値下げ対応、アナリティクス
  • POS (サードパーティ連携) :可

Big Cartelは、ホスティングサービス込みのEコマース・プラットフォーム兼ウェブサイトビルダーで、メーカーやアーティスト、ハンドメイド作家といった、Etsyタイプの販売者に特化しています。カスタマイズ可能なテンプレート、ドメインサービス、マーケティングツールも備えています。

しかし、ページの模様替えはできるものの、Big Cartelは各商品に5枚までしか画像を載せられません。決済サービスも限られており、Big Cartelではマルチチャネル販売が大変難しくなっています。

料金設定は販売品目数に基づいているため、ビジネスの成長や品揃えによってはコストがかさんでくるでしょう。

9. Weebly (日本語未対応)

Weebly

  • 料金:無料
  • カスタマーサポートオプション:電話/メール/チャット対応
  • マルチチャネル対応:なし
  • モバイルアプリ:ドラッグ&ドロップビルダー、注文管理、商品管理、決済、アナリティクス
  • POS (『Square POS』連携) :可

WeeblyはSquareによるシンプルなEコマース・ウェブサイトビルダーです。あまり手間のかからない小規模なネットショップの運営の場合はうまくいきます。技術的な知識も必要ではありませんが、いたってベーシックなネットショップになります。

Weeblyのネットショップは無料で開設できますが、ただどうでしょう?有料プランに加入しなければ、独自ドメインは使えず、アプリ内広告も消せません。

10. Shift4Shop (日本語未対応)

shift4

  • 料金:【End-to-End】無料、【Basic】月額$29、【Plus】月額$79、【Pro】月額$229 法人契約あり
  • カスタマーサポートオプション:電話/メール/チャット対応
  • マルチチャネル対応:Amazon、eBay、Facebook
  • モバイルアプリ:なし
  • POS (有料) :可

Shift4Shopは、ネット販売を希望するストアオーナーにショッピングカート (買い物カゴ) 機能を提供しています。拡張機能はありませんが、スマホユーザー向けのショップをすぐに開設できます。すぐ使える機能やテンプレートも数百あり、ネットショップを作成し運営できます。また、APIとアプリでサードパーティアプリと連携できます。

11. Volusion (日本語未対応)

Volusion

  • 料金:【Personal】月額$29、【Professional】$79、【Business】$299 (年間契約で10%割引) 法人契約あり
  • 無料お試し期間:14日間
  • カスタマーサポートオプション:電話/メール/チャット対応
  • マルチチャネル対応:なし
  • モバイルアプリ:なし
  • POS (アドオン) :可

Volusionは老舗Eコマース・プラットフォームのひとつです。1999年にサービスを開始し、ネットビジネス業界を実直に支えてきました。ホームページや商品ページの作成といったベーシックなサービスに加え、30を超える決済サービスが利用でき、商品数無制限で出品できます。

無料プランはなく、Volusionでは物品しか販売できません。電子書籍やデジタル音楽の販売には、別のプラットフォームの支えが必要です。

あなたに合ったEコマース・プラットフォームの選び方は?

ネットショップ開設(英語)に向け、ベストなEコマース・プラットフォームが決まっていても、考慮することはいくつもあります。あなたにとってのベストは、他の販売者にとってはベストではないかもしれません。それぞれのビジネスニーズと目標に照らし合わせて検討しなければなりません。

新規販売者は、最も簡単で利用しやすいオンラインストアビルダーを選ぶでしょう。そうして、Shopifyが選ばれることも多いです。けれども、判断基準は当面の使いやすさやコストだけではありません。ビジネスの方向性や将来的なニーズを見越して、先々にも通用するプラットフォームを見つける必要があります。

ここからは、ネットショップでも実店舗でも、すべてのお店にベストなEコマース・プラットフォーム選びについてお送りします。ベストなEコマース・プラットフォームとは、ベストなネットショップとベストなビジネスツールの両方ということです。定期的に技術投資され成長曲線を見越せるプラットフォームを探しましょう。オンラインストアビルダーはビジネスのためのプラットフォームであるだけではなく、ビジネスを成長させるものなのです。

プラットフォーム選びにあたって、以下のシナリオで考えてみてください。

  • オンライン/オフラインの両方で販売し、顧客にはどこからでも購入してもらい、決済もする。
  • ビジネスに最適な方法で顧客に商品を届けたい。
  • 現在の顧客から将来の顧客を呼び込み、ビジネスの成長につなげたい。
  • 日々のビジネスを統括して運営したい。たとえば、財務管理でビジネス戦略を進め、新たな手法を学び、必要な場合はテクニカルサポートを受けたい。

参考:【Shopify事例】ECサイトの機能的なデザイン27選

コストを計る

予算はもちろん重要な判断材料ですが、予算だけが判断基準にはなりません。$100以内でネットショップは開設できます。しかし、投資回収ができるようになるまで、起業にはより多くの費用がかかり、先行投資することにもなるでしょう。

Shopifyの調査(英語)では、スモールビジネスのオーナーは初年度に$40,000を費やしていますが (Shopify販売者の平均は$38,000、Shopify以外の販売者はおよそ$41,000です) 、ネット販売のための経費は9%しか占めていません。ビジネスニーズをかなえるプラットフォームなら、少ない経費で利益に還元できます。

ビジネス支出

投資にはビジネスのさまざまな面が関わってきますが、損益を被らず利益に結びつけられるようなEコマース・プラットフォームを選ぶことが肝心です。

コストの計算には、システム設置料や月額料金以外にも考慮することがあります。決済手数料、連携手数料、カスタマーサポート料金 (PrestaShopなど) についても精査することになるでしょう。また、ホスティングサービスが含まれていない場合、その分も計上する必要があります。

あなたのビジネスモデルに最適なのは?

ネット販売にはいくつもの形があります。商品は物品だったりデジタルだったり、他のビジネスモデルが組み込まれていたり、人それぞれです。たとえばドロップシッピングの場合、すぐに注文管理ができて作業効率を上げるプラットフォームがいいでしょう。

Shopifyのようなプラットフォームには、それぞれのビジネスモデルに合った、ネット販売を簡単にするアプリがたくさん揃っています。Shopifyには、たとえばオンデマンド印刷サブスクリプションビジネス向けのアプリもありますし、他のプラットフォームに比べて運営がラクになります。

決済の安全性と信頼性を測る

商品購入はEコマースサイトの主幹です。決済には信頼性が高く保護された通信に加え、顧客に手間隙をかけさせない処理も必要です。たとえば、Shopifyの決済機能『Shop Pay』を使えば、決済完了までのスピードは4倍速くなります。また、Shopifyでは100を超える決済サービスが簡単に使えます。そのため、世界各国のお客様それぞれの決済サービスで購入していただけます。

加えて、購入にあたってはサービスに確信を持てるかが極めて重要であり、スマホ決済やPayPalといったなじみのあるサービスを選びたいところです。よく知られた決済サービスでは、顧客に決済情報を提供することで安心して使ってもらい、同時に決済処理も簡便にしています。

将来のビジネスプランを図る

ビジネスも、はじめのうちは恵まれたものではないでしょう。一方で、ビジネスの将来像を描いているのではないでしょうか。世界的なブランドを目指すわけではなくても、目標を見据えることは大切です。

ある時点で、実店舗での小売を求めるようになるかもしれません。制限のあるEコマース・プラットフォームでは、POS連携も手に負えないでしょう。オンラインと実店舗のシステムが連動せず、商品管理で誤ったデータをはらむリスクがあります。

Shopifyのようなプラットフォームでは、一つのところですべての履歴を確認でき、一つのところですべてを同期できます。商品や売上の正確なデータをいつでも把握でき、数分もあれば個別販売を行うこともできます。

多くのビジネスでは、先々に渡って追加投資が必要になってきます。Shopifyの調査(英語)によると、初期段階では、3人に2人の起業家が個人の貯金をビジネスに投資し、23%は友人や家族から借り入れ、21%は個人ローンで借金しています。

しかし、人間関係にヒビが入りそうになる前に、ビジネスファンドを利用できます。販売者のビジネスを支援しているEコマース・プラットフォームを見つけましょう。『Shopify Capital』では、スモールビジネスローンをご用意しています (※日本未対応) 。

Shopifyベーシックプラン (月額料金$29) VS 国内同業他社の無料〜低価格プラン、手数料でお得なのは?

現在Shopifyには月額無料プランがありませんが、業界最安値の手数料で高品質のサービスを提供しています。国内他社との比較で損益分岐点となる1ヶ月の売上額は、月額料金差 (Shopifyの月額料金-他社の月額料金) ÷手数料率差 (他社の手数料率-Shopifyの手数料率) で概算できます。

Eコマース・プラットフォーム国内各社との比較では、たとえば手数料3.4%のShopifyベーシックプラン (月額料金$29) と手数料5%のSTORESフリープランを比較すると、月額料金差3335円 ($1=115円の換算で$29-0円) ÷0.016 (6.6%-5%) =208,438円となり、月商がそれ以上の場合はShopifyがお得です。BASE/カラーミーショップ (手数料6.6%+各注文につき40円/30円の無料プランで受注10件の場合) では91,719円/94,844円、Wixビジネスプラン (手数料3.6%、月額1800円) では767,500円、Squareオンラインビジネス (手数料3.6%、無料) では1,667,500円です。

流通量が魅力のマーケットプレイスは、総じて手数料が割高となります。Shopifyベーシックプランとの損益分岐点は、メルカリShopsや作品販売のCreema (手数料10%) では月商50,530円、Amazon (手数料15%の商品カテゴリーで10点出品する場合) では20,129円、Yahoo!ショッピング (ストアポイント1%/キャンペーン1.5%の原資負担、クレジットカード決済の場合) では58,101円となります。

Shopifyのご利用によって手数料が安くなるだけではなく、豊富なサイトデザインや高性能ツールを含むShopifyならではのエコシステムもご活用いただけます。

Shopifyでネット販売を始めましょう

Eコマース・ウェブサイトを独自に運営するのは、決してたやすいことではなく、長く険しい道のりです。Shopifyさえあれば、ネットショップでも実店舗でも、お客様にどんなところからでもご購入していただけます。

原文:Alexandra Sheehan 翻訳:Midori Aoi

イラスト:Rachel Tunstall


ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: