今日からShopify で販売を開始しよう

Shopifyを無料で試して、ビジネスの開始、運営、成長の為に必要なすべてのツールとサービスを体験しましょう。

ノートパソコンで小規模ビジネス向けローンの申し込みを行っている女性。

ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

iPhoneやスマホで物撮りをするコツ!背景やライティングから編集アプリまで

ネットショップのオープンやフリマサイトへの出品を決め、何を売るかも決まったら、次は素敵な商品画像の撮影です。

実は、物撮りを成功させるのにプロのような機材は必ずしも必要ではなく、スマホでもクオリティの高い写真を撮ることができます。ここでは、スマートフォン、自然光、編集アプリだけでできる物撮りの方法を紹介していきたいと思います。

目次

物撮りとは?

物撮りとは、販売する商品の写真を撮ることで、「ぶつどり」と読みます。商品撮影と同じ意味ですが、物撮りはより商品にフォーカスを当てた撮影を指します。

物撮りの目的は商品のデザインや特徴を消費者に伝え興味を持ってもらうことなので、正しい情報を伝えつつ、商品の魅力も最大限伝わるような写真を撮ることが大切です。

スマホでの物撮りのコツ

スマホの特徴を理解・利用する

  • 余白をたっぷりと持たせる:スマホの撮影画面は縦長あるいは横長になるため、ネットショップに掲載するときにトリミング(写真を切り出すこと)が必要になる場合があります。余白をしっかりともたせずに撮影すると、トリミングした際に商品画像が切れてしまったり、余白がアンバランスな写真になったりしてしまいます。
  • ポートレートモードを利用する:背景を自動的にぼかしてくれる機能を使うと、商品をより強調でき、一眼レフカメラで望遠レンズを使って撮ったような雰囲気のある写真を簡単に撮ることができます。

スマホを使った撮影方法

以下のステップに沿ってAndroidやiPhoneのカメラ設定を確認し、撮影してください。

  • スマホの準備をする:スマホが十分に充電され、写真を保存する容量が十分にあるかどうかを確認しましょう。
  • グリッド線を表示させる:グリッド線とは画面を分割するマス目状の線で、これを参考にしながら撮影することで、写真が傾くことを避けることができるだけでなく、構図を使った撮影もしやすくなります。
  • セルフタイマーをONにする:三脚を使う際はあまり気にならないかもしれませんが、シャッターボタンをタップする際に手ぶれが生じてしまうため、タイマー機能を使ってタップとシャッターのタイミングをずらします。
  • フラッシュをOFFにする:自然光のやわらかい光が、フラッシュで台無しになってしまうことを防ぎます。
  • ホワイトバランスを設定する:ホワイトバランス(色温度)設定がある場合は、先に設定しておきます。ホワイトバランスとは、簡単に言うと写真の色味を調整する機能です。色温度を変えることで、見たままの色を表現したり、イメージに合わせた雰囲気を作ったりできます。ただし、実際の色味から離れてしまうような色温度設定はしないようにします。
  • 露出を確認する: 露出とは撮影時の光の量で、写真の明るさを調整できます。
  • ピントを合わせる:画面中央の丸い「ピント」ボタンに触れてから商品画像に触れると、カメラが適宜ピントを合わせてくれます。
  • カメラ設定をロック(固定)する:カメラ設定をロックすることにより、撮影中にカメラが設定を自動調整することを防いでくれます。
  • 一枚目を撮影したらすぐに画像を確認し、明るさが適切になるまで露出設定を調整しましょう。

    カメラアングルを意識する

    ECサイトには、異なる角度から撮影した商品写真をいくつか掲載することが大切です。さまざまな角度からの写真をのせることで、商品説明の文章では表しきれない詳細を見せることができます。 

    さまざまな角度から撮った写真や、近距離から撮影したクローズアップ写真は、消費者が実店舗で目にするようなディテール、質感などに加えて、商品の使用方法や機能などを見せることに役立ちます。その結果、より多くの売り上げにつながるでしょう。

    商品写真の撮り方には、以下の5つのカメラアングルがあります。

  • 目線レベル(Eye Level):商品をまっすぐ前から見た様子。 
  • 高めのアングル(High Angle):商品を高めの位置から斜めに見下ろした様子。
  • 低めのアングル (Low Angle):商品を床から見上げた様子。
  • 上方からのアングル(Birds Eye):商品を真上から見下ろした様子。
  • 斜めからのアングル(Slanted):商品を斜めの位置から見た様子。


  • 物撮り初心者の方は、撮影中にスマホと三脚を常に同じ場所に置き、商品を回転させて異なるアングルの写真を撮っていくと良いでしょう。カメラに対して商品を回転させると、画像はいつも同じフレームの中に収まるので一貫性を保つことができ、撮影後の画像編集作業の軽減にもなります。

    なお、優れた商品写真を撮影するために、以下のことは避けてください。

    • ズーム機能:画質を低めてしまいます。アップの写真を撮りたいときにはカメラを近づけましょう。
    • インカメラの使用:いわゆるセルフィー機能です。通常のカメラ機能よりも画質が落ちてしまいます。

    スマホを使った物撮りのセット

    スマホを使った物撮りの基本は、自然光のなかで、スマホの設定をできるだけ高画質にし、白い背景で撮影することです。

    もう一歩進んでプロのような物撮りを目指すのであれば、ちょっとした工夫が必要になります。iPhoneやスマホを使って撮影するときの、機材の準備やセッティング方法を確認しましょう。

    明るい自然光が入る部屋

    iPhoneやAndroidでの物撮りにおいて、ライティングはとても重要です。コツをつかめば光を上手にコントロールして撮影できるようになりますが、間違えた撮り方をしてしまうと、画像にノイズが入ってしまい、編集しても使い物にならなくなってしまいます。

    はじめに、自宅のよく光が入る部屋を選んでください。大きな窓からは自然光がたくさん入り、商品がより自然に明瞭に写ります。

    画像:Pixc

    晴天や曇り空など、天候も考慮するといいでしょう。晴天時の明るい日光と、曇り空のやわらかい日光では、影やハイライトの入り方が大きく変わり、写真の印象に大きな違いが生じます。薄曇りで少し写真が暗いと思ったら、スマホカメラの明るさ調整を使ってみましょう。少し暗い部分をタップすると、そこに合わせて写真を明るくしてくれます。

    しかし、明暗が強くなりすぎるとスマホでは上手に撮ったり編集したりすることができないので、一番暗い場所を基準に明るさ調整しないようにしましょう。

    光が強すぎる場合は、スマホ上で明るさ調整するのも手軽で良いですし、よりクオリティの高い写真を目指すのであれば拡散シート(デフューザー)と呼ばれる、光を拡散してコントラストを調整するアイテムを使いましょう。Amazonなどでも購入できますが、トレーシングペーパーなどの白く半透明のもので代用することもできます。

    日によって光の色味に違いがあったり、商品自体の色が周囲に反射して背景の色味が違って写ったりしますが、少しの違いであればスマホアプリで手軽に画像調整できます。

    左:曇り空 右:晴天

    物撮りに合ったスマートフォン

    最近のスマホカメラのほとんどは、商品画像の撮影用として一眼レフカメラに引けを取りません。その中でも画素数が高ければ高いほど良いでしょう。

    カメラ機能が充実したスマホであればそれほど大きな差はありませんが、理想としてはより新しいモデルで、画素数の高いものを選ぶといいでしょう。おすすめの機種は以下の通りです。

    • iPhone 14 Pro(Apple)
    • Pixel 7 Pro(Google)
    • Xperia 1Ⅴ(SONY)
    • Galaxy S23 Ultra(Samsung)
    • Reno5 A(OPPO)

    ミニ三脚 

    ミニ三脚はテーブルなどに直接置いて卓上撮影をするのに便利な三脚です。

    100円均の安価なものから高額なものまで幅広くありますが、金額に関わらず、カメラのブレを抑え、写真撮影のアングルを簡単にセッティングできるようになるのでとても便利です。

    スマホはついつい手に持って撮影してしまいますが、手ブレのない高品質な写真を撮ることができるので、ぜひ三脚を使いましょう。また、三脚とタイマーを利用すれば、商品を使用しているシーンや、サイズ感が伝わる手持ちの写真などもひとりで簡単に撮ることができます。

    白い背景

    商品の後ろに白い背景を置くことで、自然光が商品に反射して均等に光が当たります。より明るく写すことができるので、スマホでの物取りの際はとても重要な役割をはたしてくれます。また、背景に写りこんだ不要なものを削除する必要がなくなるので、編集もより簡単になります。

    クリーム色やオフホワイトは光の設定作業や撮影後の編集作業を複雑にしてしまうので注意しましょう。背景は商品の後ろから下まで設置するようにしてください。

    白い背景は、安価で済ませたい場合には模造紙などで代用することも可能です。

    レフ板

    iPhoneやAndroidで商品写真の撮影をするには、影を抑え、商品の良い面を引き出すバランスの良い光を作り出すことが大切です。そのためには、レフ板と呼ばれる光を反射する白い板を使うと良いでしょう。

    発泡スチロール製の白い板は100円ショップやAmazonなどで購入することができます。

    レフ板を使用する場合には、商品に近づけたり遠ざけたり、異なる角度をいくつか試したりして、影と光の適度なバランスを見つけるようにしてください。

    スマホで商品写真を編集する方法

    撮影が終了したら、スマホで編集作業をしていきましょう。撮影した写真をさらに良くするためのツールには、スマホで使えるものもたくさんあります。それらを活用することで、商品の価値をより明確に示し、実際に手にして吟味しているのと同じ感覚になれる、優れた写真を提供することが可能になります。

    写真をレタッチする

    写真のレタッチ(修正)と聞くと難しく感じるかもしれませんが、スマホアプリを使えば簡単に作業することができます。スマホアプリを使ったレタッチのおおまかな流れは以下の通りです。

    • 編集アプリを開きます。ネットショップに掲載したい写真を選択します。スマホカメラできれいに撮れていても、ほんの少しの修正で商品の良さをさらに引き出すことができます。
    • 明るさ、コントラスト、シャープネス、ハイライト・シャドウ、ホワイトバランスなどの基本的なレタッチを行います。プロダクトカットでは、フィルターの使用や過度に彩度を高めることは避けましょう。
    • レタッチした写真を保存します。元の画像もバックアップとして残しておくようにしましょう。

    慣れないうちはどのくらい修正したら良いかわからないかもしれません。まずは明るさの調整からはじめ、実物と見比べながらレタッチして練習すると良いでしょう。目標は商品の見た目にできるだけ近づけることです。商品を直接見ているような写真にしつつ、魅力が伝わるように編集してください。

    写真を軽くする

    レタッチが済んだら、ネットショップに掲載できるサイズになるよう加工します。画像が大きいままECサイトにアップすると、サイトの読み込み速度が遅くなってしまい、ユーザーが待ちきれずにサイトから離れてしまったり、購買体験が下がってしまったりします。

    しかし、サイズを軽くしすぎると画質が低下するため、バランスの良い大きさにすることが大切です。ECサイトに推奨画像サイズがあれば、そのサイズに圧縮しましょう。

    スマホで簡単に写真を軽くできるアプリもあります。ここではおすすめアプリを2つご紹介します。

  • 画像圧縮:iphone用画像圧縮アプリです。一括圧縮やサイズ指定、圧縮前後の写真比較などもできます。無料(アプリ内課金あり)で使用することができます。
  • 写真リサイズ:iphone、Androidどちらでも使える無料アプリ(アプリ内課金あり)です。サイズ指定や一括リサイズが手軽にできます。デフォルトで用意されたサイズやパーセンテージを選ぶだけでも良いので簡単です。
  • 物撮りに役立つ画像編集アプリ5選

    iphoneやスマホに標準搭載されている編集アプリでも十分物撮り写真のレタッチを行うことができますが、便利な機能を持つ編集アプリもたくさんあります。

    1.Adobe Photoshop Lightroom(アドビ フォトショップ ライトルーム)

    対応OS: iOS、Android、PC、Web

    価格:月額1,078円~(無料お試し期間あり)

    Adobe Light Room

    プロ向けの画像編集ソフトで有名なアドビが提供する写真編集アプリです。好みの編集設定を保存して繰り返し使用できるプリセット機能などを備えています。

    また、パソコン上でも編集作業ができるので、撮影はスマホだけどネットショップの管理はパソコン、という場合にも撮影から編集・アップまでがスムーズに行えます。

    2.Adobe Photoshop Express(アドビ フォトショップ エクスプレス)

    対象OS:iOS、Android、PC

    価格:無料

    Adobe Photoshop Express

    同じくアドビが提供するPhotoshop Expressは、写真編集をスマホで簡単に行えるようにしたアプリです。携帯やアプリ内機能で写真を撮影し、撮影した画像の色合い、明るさ、露出、コントラストなどを調節することができます。 

    スマホ用アプリですが、パソコンでも使用することができます。

    3.Snapseed(スナップシード)

    対象OS: iOS、Android

    価格:無料

    Snapseed

    SnapseedはGoogleが提供する無料の写真編集用ソフトウェアです。基本的な露出補正や色味の調整などはもちろん、選んだ部分だけ補正する「ブラシ」機能や、不要なものだけを除去する「シミ除去」機能など便利な機能が豊富です。

    4.VSCO(ヴィスコ)

    対象OS: iOS、Android

    価格:無料(機能制限あり)

    VSCO

    VSCOはシンプルで使いやすい写真編集アプリです。フィルター機能も充実しているため、物撮り写真のなかでも、イメージカットのような雰囲気を伝えたい写真を効果的にカスタマイズできます。簡単におしゃれな雰囲気に編集できるので、インスタグラムへ投稿する写真の編集ツールとしても良いかもしれません。

    5.PhotoDirector(フォトディレクター)

    対象OS: iOS、Android、デスクトップ

    価格:月額373円(無料お試し期間あり)

    PhotoDirector

    PhotoDirectorは、CyberLink(サイバーリンク)が提供する画像編集アプリです。AI技術を使って手ぶれを修正したり、不要なものを除去したりできます。その他にも、カラー調整やレイヤー調整など細かな編集が可能です。

    まとめ

    iPhoneやAndroidを使った物撮りは、最初は難しく感じるかもしれません。しかし、日頃使っているスマホでの撮影や編集は、一眼レフなどプロ仕様の機材を使う物撮りよりも心理的なハードルは低く、挑戦しやすいと思います。何度か撮影をこなしていくうちに物撮りの手順やテクニックも覚え、プロ並みの写真が撮れるようになるでしょう。

    物撮りについてよくある質問

    スマホでプロ並みの物撮りをするために必要なものは?

    明るい自然光が入る部屋、スマホ、ミニ三脚、背景用の白い紙、レフ板になる白い板です。

    物撮りに必要なスマホの機種は?

    iPhone 14 Pro、Pixel 7 Pro、Xperia 1Ⅴ、Galaxy S23 Ultra、Reno5 Aがおすすめです。できるだけ画素数の高いスマホを使用しましょう。

    物撮りのライティングのコツは?

    光のよく入る部屋で撮影し、撮影場所を窓の近くに設定しましょう。また、リフレクター(レフ板)など白い板を使用して自然光をコントロールしてください。

    物撮りにふさわしいカメラアングルは?

    目線レベル、高めのアングル、低めのアングル 、上方からのアングル、斜めからのアングルでの撮影を意識しましょう。

    物撮りに役立つ写真編集アプリは?

    Lightroom、Adobe Photoshop Express、Snapseed、VSCO、PhotoDirectorがおすすめです!

    トピック: