ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

オンラインサロンを活用して起業・独立する方法は? メリット・デメリットについてもご紹介

著名人が多くの会員数を集めたことで注目されるようになったオンラインサロン。今回は、オンラインサロンの概要とともに、オンラインサロンの種類や選び方、オンラインサロンに参加するメリットやデメリットなどを紹介します。

また、最近では、オンラインサロンに参加するだけではなく、個人でもオンラインサロンを開設する方が増えています。オンラインサロンを運営するメリットとデメリットも紹介しておりますので、ぜひお役立てください。

オンラインサロンとは?

最近ネットニュースやSNSで耳にすることの多いオンラインサロンという言葉。しかし、「聞いたことはあるけどどういうものかわからない」という方も少なくありません。

まずは、オンラインサロンとは何かや人気を集めている理由、ブログとの違いを詳しく解説します。

オンラインサロンの仕組みと特徴

オンラインサロンとは、インターネット上の会員制のコミュニティです。オーナー(主宰者)がプラットフォームやSNSを使って開設したオンラインサロンに、メンバーが集まることでコミュニティが形成されます。

オンラインサロンは、主にオーナーが動画や記事コンテンツを配信し、月額料金を支払った会員だけがそのコンテンツを視聴できる仕組みです。また、コンテンツ配信サービスだけではなくコミュニティ内で会員同士のコミュニケーションが頻繁に行われている点がオンラインサロンの特徴です。さまざまなジャンルや形態があり、自分の好きなことや趣味を、同じ好みや趣味を持つ人と共有できる場として利用できます。会員制であるため、外部に情報が漏洩する心配がなく、普段はなかなか表でコミュニケーションが取れない内容も、オンラインサロンの会員になることで安心して話せます。

オンラインサロンと一言で言っても、無料のものと有料のもの、活動内容、コミュニティのテーマやジャンルなどが全く異なります。最近では、芸能人や有名人がオンラインサロンを始めるケースも増えています。芸能人・実業家・お店・企業が主催しているものや、一般人が主催しているものまで幅広く存在しています。

オンラインサロンが人気の理由

オンラインサロンは、近年急速に人気を集めています。なぜ今、オンラインサロンが人気を集めているのでしょうか。

その理由として最も大きい要因が、新型コロナウイルスの感染拡大です。前述の通り、オンラインサロンはウェブサービスやSNSなどを使ったコミュニケーションツールの一つです。ほとんどのオンラインサロンが専用のプラットフォームで完結するため、直接会ってコミュニケーションを取る機会がありません。そのため、新型コロナウイルス感染のリスクを抑えられ、安心して同じ趣味を持つ仲間とコミュニケーションが取れます。

新型コロナウイルスの感染拡大によって直接会うことに抵抗がある今、オンラインで完結するオンラインサロンが人気を集めています。

また、感染拡大のリスク軽減以外にも、クローズドな環境や自分から発信できるというオンラインサロンの特徴も人気を集めている理由です。先ほどご紹介した通り、オンラインサロンは会員の人しか閲覧できません。そのため、周りを気にせず書き込みができます。クローズドな環境であることから自分から発信しやすい環境であることも人気の理由です。現在、自分を発信するツールはブログやYouTubeなど、さまざまな種類があります。しかし、これらは不特定多数の人に見られるため、抵抗感を感じる人は少なくありません。しかし、オンラインサロンであれば会員しか閲覧できないため、気軽に自分から発信することができます。

このように、オンラインで完結する、クローズドな環境であることなどが、オンラインサロンが人気を集めている理由です。

オンラインサロンとブログの違いは?

オンラインサロンとブログは混同されがちです。しかし、オンラインサロンとブログは別物のため混同しないようにしましょう。ここからは、オンラインサロンとブログの違いを解説します。

オンラインサロンとブログの大きな違いは、コンテンツに集まった人同士のコミュニケーションが推奨されているか否かです。ブログは、ブロガーが書いたコンテンツに対して、コメント機能はあるものの、多くの場合ブロガーと読んだ人を繋ぐだけであり、読んだ人と読んだ人が会話したりする場ではありません。オンラインサロンは、オーナーを中心としてメンバーが集まっていますが、メンバー同士の交流やイベントが盛んに行われています。

また、オンラインサロンは基本的に有料の会員制であり、不特定多数が閲覧できない閉鎖されたコミュニティであるからこそ価値が生まれます。しかし、ブログは不特定多数の人に読んでもらうために作成します。ブログでも、限定公開にして記事を閲覧するために料金を支払う設定にすることもできますが、情報発信を目的としているため、全記事を有料化することはほとんどありません。

このように、オンラインサロンとブログは、目的が異なり、利用料が発生するか否か、閲覧できる人の範囲などに違いがあります。不特定多数の人に自分の発信する情報を見られることに抵抗がある場合は、オンラインサロンを利用した方が良いでしょう。

オンラインサロンの種類と代表的な例

オンラインサロンには、多種多様なジャンルがあるだけではなくさまざまな種類に分けられます。そこでここからはオンラインサロンの種類と、代表的なオンラインサロンの例をご紹介します。

オンラインサロンの種類

まずは、オンラインサロンの種類をご紹介します。現在、オンラインサロンは主に以下の4種類に分けられます。

  • コミュニティ型
  • 講座型
  • プロジェクト型
  • ファンクラブ型

それぞれの種類の概要を詳しく解説します。

コミュニティ型 

コミュニティ型のオンラインサロンは、同じ目的を持つ人達が集まり、情報交換をしたり同じ趣味について語り合うことが目的です。コミュニティ型と一言で言っても、同じ趣味を持つ人たちが集まり、大学のサークルのように和気あいあいと共通の趣味について語り合うオンラインサロンもあれば、起業家やフリーランスの同業者達が集まってビジネスの人脈を広げるためのオンラインサロンもあります。

特に、起業をお考えの場合は、人脈づくりができるコミュニティ型のオンラインサロンが最適です。ただし、オンラインサロンはそれぞれで雰囲気が全く異なるため、オンラインサロンを利用する目的を明確にした上で会員の質やタイプを把握し、自分に合ったオンラインサロンを見つけましょう。

講座型 

ビジネスのためにオンラインサロンを始める場合は、講座型のオンラインサロンもおすすめです。

講座型のオンラインサロンとは、そのオンラインサロンのテーマに詳しいプロフェッショナルが、知識の発信を行っていたり、会員同士で知識を交換するオンラインサロンのことです。オンラインサロンの目的から、「スキルアップ型」や「レッスン系」とも呼ばれています。講座型のオンラインサロンは、一つのテーマの知識を豊富に持つ人が主催者をしている場合もあれば、芸能人や有名な実業家が主催している場合もあります。

このように、オンラインサロンもビジネスの目的の利用に適しています。ただし、コミュニティ型同様、会員の質やタイプ、オンラインサロンの内容などをしっかり調べ、自分に合ったオンラインサロンを選ぶことが大切です。

プロジェクト型

オンラインサロンには、会員同士でプロジェクトを共有及び進行するものもあります。それが「プロジェクト型」と呼ばれるオンラインサロンです。

具体的には、オンラインサロン内で一つのプロジェクトを立ち上げ、会員登録した人達でプロジェクトを実行していきます。仕事の受発注も頻繁に行われているため、フリーランスで起業したい人やスキルアップを目指したい人など、ビジネス目的での利用も可能です。

ファンクラブ型

有名人やインフルエンサーのオンラインサロンの多くは「ファンクラブ型」と呼ばれるオンラインサロンです。

ファンクラブ型のオンラインサロンとは、主催者である有名人やインフルエンサーのファンが会員となり、サロン内のみの情報が発信されていたり、主催者である有名人やインフルエンサーとコミュニケーションを取れます。

もちろん、会員同士でコミュニケーションを取ることもできるため、ファン同士で交流を深める場としても人気です。

ただし、基本は主催者である有名人やインフルエンサーが発信する情報を楽しむためのオンラインサロンのため、ビジネスでの利用目的には適していません。

代表的なオンラインサロンの例

現在、オンラインサロンは人気が急上昇していますが、その中でも人気の高いオンラインサロンが複数あります。今回はその中から、代表的なオンラインサロンをご紹介します。

まずご紹介するオンラインサロンは、ホリエモンこと堀江貴文さんが主催している「HIU(堀江貴文イノベーション大学校)」です。

「HIU(堀江貴文イノベーション大学校)」は、HIUが主催するプロジェクトやイベントに参加できます。HIUはオンラインサロン内でさらに40種以上の分科会に分かれており、まさに大学のようなオンラインサロンです。

月額10,800円と料金は若干高いですが、起業家やスキルアップを目指す人に人気があり、ビジネスを目的とする人に適しています。

次にご紹介するオンラインサロンは、芸人のオリエンタルラジオの中田敦彦さんが運営している「PROGRESS」です。YouTuberとしても人気の高い中田敦彦さんですが、実はオンラインサロンも運営しており、料金は月額5,980円です。

毎朝生配信を行っていたり、「中田敦彦のYouTube大学」という中田敦彦さんが運営しているYouTubeチャンネルの収録を生観覧できるなど、ファンクラブ型としても人気があります。

フリーランスでビジネスを始めたい人に人気のオンラインサロンは「人生逃げ切りサロン」です。「人生逃げ切りサロン」は、やまもとりゅうけんさんが運営しているオンラインサロンで、プログラミングやネット物販など、エンジニア向けのノウハウを多数提供しています。

また、ノウハウが学べるだけではなく、オンラインサロン内で高単価案件のやり取りがあることも多く、フリーランスで起業をお考えの方におすすめです。

このように、人気芸能人やプロフェッショナルがさまざまなジャンルのオンラインサロンを提供しています。

オンラインサロンを有効活用するために、利用目的を明確にした上で利用目的に合ったオンラインサロンを見つけましょう。

オンラインサロンの正しい選び方・探し方

オンラインサロンの正しい選び方

現在、オンラインサロンは人気が高まっていることから、オンラインサロンの数が急増しています。

数あるオンラインサロンの中から、自分に合ったオンラインサロンを探したり、見つけるためにはどうすれば良いのでしょうか。

ここからは、オンラインサロンの正しい選び方や探し方をご紹介します。

内容から選ぶ

先ほどご紹介した通り、オンラインサロンにはさまざまな種類があり、同じ種類のものでも内容が異なります。そのため、まずはオンラインサロンを利用する目的を明確にし、目的に合った内容のオンラインサロンを選びましょう。

最近では、オンラインサロンの情報がSNSに多数掲載されているため、利用しているSNSから話題となっているオンラインサロンを見つけたり、ネットに掲載されているおすすめ記事、オンラインサロン専用のプラットフォームの活用もおすすめです。

オンラインサロン専用のプラットフォームにアクセスすれば、「ビジネス」「美容」「音楽」といったようにカテゴリから検索できます。オンラインサロン専用のプラットフォームは「DMMオンラインサロン」「CAMPFIREコミュニティ」「A-portオンラインサロン」などさまざまな種類があります。それぞれで機能や決済方法が異なるため、利用しやすいプラットフォームをご利用ください。

さまざまなツールを用いてオンラインサロンの情報を集め、内容から目的に合ったオンラインサロンを選びましょう。

好きな著名人で選ぶ

好きな芸能人や有名人のオンラインサロンを選ぶ方法もおすすめです。なぜなら、自分の好きな芸能人や有名人のオンラインサロンであれば楽しく参加できるためです。

先ほどご紹介したオンラインサロン以外にも、多くの著名人がオンラインサロンを主催しています。

まずは、自分の好きな著名人が主催しているオンラインサロンを選ぶのも一つの手です。

人脈重視で選ぶ

オンラインサロンは誰でも主催できます。そのため、有名人から一般人までさまざまな人が主催しています。

ビジネスを目的としてオンラインサロンを探す場合には、人脈重視で選ぶと良いでしょう。人脈を広げることを目的としたオンラインサロンも多数あり、ビジネスに活用できます。

人脈を広げるためには、ビジネスに関連したオンラインサロンを選ぶことが大切です。気になるオンラインサロンがある場合には、SNSやオンラインサロン専用のプラットフォームから、どのような内容のオンラインサロンなのかを調べ、人脈を広げられるオンラインサロンか否かを判断してください。

スキルアップしたいことから選ぶ 

ビジネスを目的にオンラインサロンを利用する場合、人脈を広げるだけではなくスキルアップを目指している人も少なくありません。

オンラインサロンでは、先ほどご紹介したようなプロジェクトを共に実行するものもあり、スキルアップにも活用できます。

スキルアップを目的にオンラインサロンを始める場合には、まずはスキルアップしたいことは何かを明確にしましょう。その上でSNSやオンラインサロン専用のプラットフォームから情報を集め、スキルアップできそうなオンラインサロンを見つけましょう。

オンラインサロンに参加するメリット・デメリットと注意点

オンラインサロンは、参加することでビジネスに活用できるなどさまざまなメリットがあります。しかし一方で、オンラインサロンの参加にはデメリットがあることも把握しておかなければなりません。

そこでここからは、オンラインサロンに参加するメリットやデメリット、注意点をご紹介します。

オンラインサロンに参加するメリット

まずは、オンラインサロンに参加するメリットをご紹介します。オンラインサロンに参加する主なメリットは以下の通りです。

  • 自宅や会社から参加できる
  • 人脈を広げやすい
  • スキルアップができる

まず、参加する場所を自由に選べ、自宅や会社などから気軽に参加できるというメリットがあります。なぜなら、ほとんどのオンラインサロンはオンラインで完結するためです。特に、仕事をしながらオフラインのコミュニティに参加するとなると、なかなか時間が作れず難しいと諦める人が少なくありません。しかし、オンラインサロンであればどこからでも気軽に参加できます。

また、最近では新型コロナウイルスの感染リスクから、直接コミュニケーションを取ることに抵抗を感じる人が多いです。その点、オンラインサロンはオンラインでコミュニケーションが取れるため、感染症リスクの心配もありません。

次に、人脈を広げやすいのもオンラインサロンに参加するメリットです。なぜなら、オンラインサロンには同じ目的や趣味を持つ人が日本各地のみならず、世界中から集まるためです。さまざまな人と出会うことで、今まで知らなかったアイデアに触れられたり、新たな価値観を生み出せる可能性もあります。

最後に、ビジネスをテーマにしたオンラインサロンに参加することで、スキルアップができる点もメリットです。なぜなら、オンラインサロンにはオンラインサロン内で掲げられたプロジェクトを実行できる場所があったり、講座型のオンラインサロンに参加すればノウハウを身につけられるためです。

会員同士でコミュニケーションを取ることも可能なため、情報を共有して新たな知識を身につけられる可能性もあります。

オンラインサロンに参加するデメリット

オンラインサロンにはさまざまなメリットもある一方で、いくつかのデメリットもあります。「思っていたものと違った」など、オンラインサロンに入会してすぐに辞める事態を防ぐためにも、オンラインサロンのデメリットを把握しておきましょう。

オンラインサロンに参加する主なデメリットは以下の通りです。

  • 月額料金がかかる
  • 会員や主催者の顔や信用性が不透明
  • 人間関係のトラブルが発生することがある

まず、オンラインサロンは基本有料で、参加するためには月額料金を支払わなければなりません。料金設定は各オンラインサロンで異なりますが、月額3,000円〜10,000円が相場です。場所を選ばず気軽に参加できる一方で、費用がかかることを覚えておきましょう。

次に、オンラインならではのデメリットとして、会員や主催者の顔が分かりづらかったり、信用性が低いケースがあります。著名人が主催しているオンラインサロンであれば、主催者の顔もわかり信用性も高いです。しかし、会員同士の顔はわかりません。さらに、一般人が主催しているオンラインサロンでは、会員同士だけではなく主催者の顔がわからなかったり、信用性が不透明な場合も多いです。特に、ビジネスに活用する目的でオンラインサロンに入会する場合、信用性が不透明な点は大きなデメリットと言えます。

最後に、顔が見えないということから、人間関係のトラブルが発生するケースもあります。例えば、会員同士でコミュニケーションを取っている際に距離感が掴めず、馴れ馴れしく接し過ぎたり、セクハラを受けたというSNSの書き込みも見られます。また、主催者も善良な人ばかりではなく悪質な人もいます。顔の見えないコミュニケーションツールだからこそ、人間関係のトラブルが発生しやすい場でもあります。

オンラインサロン参加時の注意点

オンラインサロンに参加する際は、距離感や収集する情報に注意が必要です。

デメリットでご紹介した通り、オンラインサロンはお互いの顔を知らずにコミュニケーションを取るケースも少なくありません。そのため、温度差が生じたり感情の行き違いが発生しやすいです。特に一般人が主催しているオンラインサロンや会員同士でコミュニケーションを取る場合には、適度な距離感を保つようにしましょう。

また、主催者が発信する情報全てを鵜呑みにする行為は避けましょう。なぜなら、オンラインサロンで提供される情報全てが正しいとは限らないためです。主催者が成功者だから、憧れの著名人だからといって全ての情報を信じずに、必要な情報のみを収集するように意識しましょう。

オンラインサロン運営のコツ・注意点

オンラインサロン運営のコツ

オンラインサロンは自分が主催者になることもできます。

そこでここからは、オンラインサロンの始め方や運営のコツ、運営時の注意点をご紹介します。

オンラインサロンの始め方

オンラインサロンを始めるためには、まずはテーマやコンセプトを決めましょう。

どのようなテーマやコンセプトのオンラインサロンを始めたいのかによってどのような人が集まるかが大きく変わるため、慎重に決めてください。

次に、運営するオンラインサロンのタイプを決めます。先ほどご紹介した通り、オンラインサロンには「コミュニティ型」「講座型」「プロジェクト型」「ファンクラブ型」があります。テーマやコンセプトに適している、かつ自分が運営しやすいタイプを選びましょう。

ビジネスを目的にオンラインサロンを運営する場合は、月額料金も設定しましょう。月額料金は1,000円〜10,000円の間が目安です。

月額料金が安ければ会員数が増えやすいものの、会員の質が低くトラブルになりやすい傾向にあります。逆に高すぎると会員の質は高くなるものの、会員数が増えにくくなります。月額料金は会員数や会員の質に大きく影響するため、慎重に設定してください。

次に、プラットフォームを決めます。プラットフォームは既存のプラットフォームを使うか、自分で一から作成するかを選べます。既存のプラットフォームを使えば、手軽にオンラインサロンを始められますが、審査が厳しかったり運営の代行費用が発生します。一方で、自分でプラットフォームを作成すれば、作成に手間はかかるものの好きなようにプラットフォームを作成できたり、運営の代行費用などが発生せず月額料金全てを受け取れます。手間やコストを鑑みてどちらが最適かを判断しましょう。

最後に、有料にする場合は月額料金の決済ツールの選択も必要です。既存のプラットフォームを使う場合は、そのプラットフォームに決済システムが備わっています。一方で、自分でプラットフォームを作成した場合は、決済ツールを導入してください。

オンラインサロン運営のコツ

せっかくオンラインサロンを運営するなら成功させたいものです。そこで、オンラインサロンを成功させるためのコツをご紹介します。

オンラインサロン運営のコツは以下の通りです。

  • サービスを継続的に提供する
  • 内容の濃いコンテンツを提供する
  • SNSを活用する

まずは、サービスを継続することが大切です。なぜなら、サービスの提供頻度が少なすぎると退会率が上がり、会員数が増えないためです。定期的にイベントを開催したり、情報を発信して退会率の低下と会員数の増加を図りましょう。

次に、継続的に提供するだけではなく内容の濃いコンテンツを提供しましょう。退会率を下げるためには、提供するコンテンツの内容が重要です。なぜなら、同じようなコンテンツを提供していたり、情報が少ないと飽きられたり、月額料金の無駄と感じてしまうためです。オンラインサロンを始める際に決めたテーマやコンセプトをもとに、内容の濃いコンテンツを定期的に提供しましょう。

最後に、SNSを活用して知名度を上げておくことも、オンラインサロン成功のコツです。なぜなら、多くの人がオンラインサロンに入会する前にSNSなどで主催者の情報を調べるためです。SNSを活用して知名度を上げておくことで信頼性が高まり、会員数の増加が期待できます。

オンラインサロン運営時の注意点

オンラインサロンを運営する際は、会員同士のトラブルに注意が必要です。なぜなら、会員同士のトラブルが生じた際に、主催者が責任を問われることがあるためです。会員同士のトラブルを防ぐためには、会員同士のコミュニケーションに目を向け、困っている人や人間関係に悩んでいる人がいないかを確認してください。

まとめ

オンラインサロンのように、最近ではインターネットを活用して起業する人が増えています。

オンラインサロンで起業をお考えの方は「Shopify」がおすすめです。「Shopify」では、オンラインビジネスを始める起業家や事業のビジネス化をお考えの方をサポートしております。ビジネスの立ち上げ、運営、Eコマース機能やPOS機能といった成長に必要な機能を1つのプラットフォームで提供しているため、簡単かつ便利に起業が可能となります。

ネットショップ開設をご検討の際には、ぜひこちらの記事をご覧ください。

まずは、14日間の無料お試し体験で「Shopify」をご体験ください。


ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

よくある質問

Q1. オンラインサロンを立ち上げるにはどうすればいいですか?

A. 主に「既存のプラットフォームを使う」もしくは「自分で一から作成する」といった2つの方法があります。

Q2. Shopifyでオンラインサロンを立ち上げることはできますか?

A. Shopifyでは、アパレルや食料品といった形がある商品以外にも、ダウンロード商品や動画コンテンツ、コンサルティング、イベントチケットなど無形商品も販売可能です。

Q3. Shopifyでオンラインサロンを立ち上げるときに気をつけることは?

A. 販売したい商品やサービスがShopifyと決済会社の規約に違反していないことを確認しましょう。

Q4. オンラインサロンを立ち上げた際の決済方法はどのようなものが利用できますか?

A. クレジットカード、オンライン決済(PayPal、Facebook Pay、Amazon Pay、Apple Payなど)が利用できます。
トピック: