ShopifyとPoshmarkの比較

ShopifyとPoshmarkの違い

Shopifyなら自分のブランドを構築し、お客様リストを自分で所有することができます。しかも販売手数料はかかりません。

ShopifyとPoshmarkの比較

ShopifyとPoshmarkの機能比較表

主な機能

Poshmark

Shopify

販売手数料制 はい いいえ
バーター (値下げ交渉) システム はい いいえ
配送業者の選択可 いいえ はい
ドロップシッピングが可能 いいえ はい
機能の自動化 いいえ はい
商品のメンテナンスが必要 はい いいえ
あらゆるカテゴリーのアイテムが販売可能 いいえ はい
リマーケティングの推奨 いいえ はい
自身のブランドの構築 いいえ はい
独自のドメイン名の取得 いいえ はい
ストアレビューの制限 はい いいえ
受動的所得が得られる いいえ はい
独自の商品の販売可能 いいえ はい
POSシステム いいえ はい
ハンドメイド商品の販売可能 いいえ はい
アルゴリズム重視 はい いいえ
無制限に商品を販売 いいえ はい
6,000を超える統合機能 いいえ はい
お客様リストの取得 いいえ はい

Poshmarkと比較して、Shopifyだからこそ提供できる7つのメリット

販売手数料なし

ShopifyとPoshmarkを比較した場合、Shopifyでは販売手数料が発生しません。Poshmarkでは、販売する商品1個につき手数料がかかり、しかもこの負担は小さくありません。15ドル未満のアイテムでは、1個あたり2.95ドルの手数料が取られます。15ドル以上のアイテムに関しては、リスティング1件あたり20%のコミッション手数料が発生します。たとえば、合計5,000ドル分の商品を売った場合、1,000ドルが販売手数料として徴収されてしまいます。Shopifyの料金設定は、大量の商品を販売できるようになっています。Liteプランでは、サブスクリプションは月額$9.00 USDです。

バーター (値下げ交渉) システムはありません

Shopifyでは、商品は固定価格で販売されます。29.99ドルの商品を販売しているなら、お客様が商品を受け取るために支払う金額は29.99ドルです。Poshmarkの場合、中古品を販売しているので、お客様が値下げ交渉をすることがよくあります。Poshmarkのお客様に安く見積もられ、出品者が他に選択肢を持たない場合、出品者は商品を売るために大幅な値下げを承諾する必要が出てくるかもしれません。Shopifyでは、アイテムは新品なので価格交渉に応じる必要はありません。

レビューに依存しすぎない

Shopifyでは、レビューを参考に各商品の販売を継続するかしないかを決めることができます。特定の商品に批判的なレビューが集中した場合は、その商品の販売を中止できます。Poshmarkでは、批判的なレビューはストアのランキングやアカウントの評価に影響を及ぼします。そのため、批判的なレビューが多くなりすぎると、アカウントの存在自体が危機にさらされる可能性があります。

配送業者を選択できる

Shopifyでは、配送料金や、商品が最も売れている地域などに応じて、配送業者を選択することができます。また、商品を配送する際に配送料の割引を提供してくれる配送業者もあります。Poshmarkでは、商品を購入者に配送するための配送ラベルが提供されますが、配送料は交渉できません。Poshmarkでの出品者は商品を一定料金 (7.45ドル) で配送することが決まっており、重量が5ポンド (約2.3kg) を超える商品は発送できません。これは、特定のPoshmark出品者の販売を制限する可能性があります。Shopifyでは荷物の追跡も可能です。

返品リスクが低い

Shopifyの平均返品率は約1%で、Eコマース業界では標準的な数字です。一方、Poshmarkでは、中古品の販売が多いため、商品が汚れていたり、状態が購入者の期待通りでなかったりする場合があります。つまり、中古品の販売は返品リスクが高いということになります。Poshmarkは、返品に関しては出品者側よりお客様の立場に立つ傾向にあるため、出品者側のリスクが大きくなります。

受動的所得が得られる

Shopifyでは、商品を少ない労力で販売し、受動的所得を得ることができます。一方、Poshmarkの場合、商品をオンライン販売するにはPoshmark Partiesへの参加を促されるため、より積極的な関与が求められます。また、自分の商品をシェアしてもらうためには、他の出品者との協力も必要になります。Poshmarkでは積極的にマーケティングを行わなければなりませんが、Shopifyなら、広告を掲載したり、SNSで投稿をシェアしたりなど、少ない労力でマーケティングを実施できます。

何でも販売できる

Shopifyなら、カテゴリー、新品、中古品、ハンドメイドかを問わず、ほぼどんな商品でも販売できます。Poshmarkでは、商品カテゴリーはファッション、新品のパーソナルケア商品などに限定されます。また、多くの商品が中古品です。

PoshmarkよりもShopifyがマーチャントに好まれる理由

自動化されたドロップシッピング

Shopifyでは、メーカーからお客様に商品を直送する、ドロップシッピングを利用できます。ステップの多くが自動化されており、クリック1回だけで商品の写真やコンテンツを追加できます。Poshmarkでは、出品者はPoshmarkが用意する配送ラベルを使用しなければならないため、ドロップシッピングを行うことができません。これは、出品者側にとって、より多くの労力が必要になることを意味します。Poshmarkでは販売プロセスを自動化できないので、業務に時間を取られてしまいます。Shopifyなら販売プロセスを自動化できるので、より大量の商品を売ることが可能です。

商品のメンテナンスが最小限

Shopifyなら、OberloやHandshakeを使えば新しい商品を簡単に探して販売することができます。Shopifyの場合、新品を販売するケースがほとんどなので、商品のメンテナンスは最低限で済みます。Poshmarkでは、古着の販売が一般的ですが、よい状態で販売するためには、購入者宛に配送する前に、汚れを落とし、ほつれを直し、アイロンがけなどをしなければならないかもしれません。古着販売の場合、返品や批判的なレビューを避けようとすると、販売前にさまざまな作業が必要となります。

価格競争に巻き込まれない

Shopifyでは、商品の固定価格を自分で設定します。競争力を維持するために、あなたのブランドを安売りしたり値下げする必要はありません。適正な市場価格が付けられている限り、販売にいたる可能性が高いといえます。Poshmarkでは、誰かが同じ商品を売っているかもしれず、基本的には他の出品者と競合することになります。その場合、なんとか商品を売るために価格を下げる必要が出てきます。ここで問題なのは、15ドル以上の商品には1点あたり20%のコミッションがかかるため、低価格で販売すると出品者の利益がさらに下がることになります。

自身でマーケティングを実施

ShopifyとPoshmarkを比べると、Shopifyではお客様リスト、メール購読者、お客様データを所有できる点が違います。ドメインも所有できるため、リターゲティング広告を掲載することも可能です。また、詳細なデータを所有しているので、メールやSMS、ダイレクトメールを経由してお客様にリマーケティングを行うこともできます。Poshmarkでは、お客様の詳細情報はPoshmarkに帰属します。マーケットプレイスを通してPoshmarkのオーディエンスにアクセスしますが、一切の情報を所有することはできません。

自身のブランドを構築

Poshmarkが得意とするのは、大手ブランドのウェブサイトでトップブランドを販売することです。したがって、Poshmarkの出品者は、自分でオンラインストアを始めない限り、自社ブランドを構築できる機会はありません。Poshmarkで買い物をするとき、多くの人はLululemon、Nikeなどお気に入りのブランドの中古品を探しています。買い物客は、Poshmarkの出品者をオンライン小売業者ではなく一個人だと捉えています。一方Shopifyでは、マーチャントは多くのお客様が集まってくるような自社ブランドを構築することができます。他者に頼るのではなく、独自のオーディエンスを構築して多くの売上を達成できます。Shopifyなら、数百万ドル規模のビジネスに成長させることができます。Poshmarkの出品者は、Poshmarkのオーディエンスの範囲内に販売機会が限られてしまいます。

売れ筋商品を継続して販売

Shopifyでは、売れ筋商品を何度でも販売できます。Poshmarkでは、中古品を販売しているので、どんな商品がよく売れるのかに気づいても、手元には1~2点しかないということもよくあります。Shopifyなら、大量の商品を一括購入したり、人気のある商品をドロップシッピングで販売したりして、1週間あるいは数か月もの間、いくつもの売れ筋商品を販売し続けることが可能です。そのため、Shopifyでは、同じ商品をより多く販売することができます。

アルゴリズムの理解が不要

Shopifyは、幸いなことにマーケットプレイスではありません。そのため、広告やSNSなどの販売チャネルでの商品の見え方をより詳細にコントロールできます。Poshmarkでは、アルゴリズムの仕組みを理解し、Poshmarkで比較的よく売れている商品は何かを見極めなければなりません。たとえば、Poshmarkにはトップブランドを扱うカテゴリーがありますが、このような人気カテゴリーに属さないアイテムを販売している場合に、その商品を浮上させるのは難しくなります。Shopifyなら、どんなアイテムでも扱えるので、6,000個のアプリや統合機能の中からいずれかを使用して、自分の商品を好きなプラットフォームで自由に宣伝することができます。

競合他社を宣伝する必要なし

Shopifyでは、時間をかけてビジネスを運営します。他のビジネスと協力しあうこともできますが、大体は自分のビジネスの宣伝に時間を費やすことになるでしょう。Poshmarkはマーケットプレイスなので、競合他社が自社商品を宣伝してくれるかもしれないという希望のもと、競合他社の商品を宣伝することがあるかもしれません。これは、お互い様の精神ですが、問題は余計な労力がかかるということです。

無制限の商品登録数

Shopifyでは、商品数に上限なく販売できます。つまり、少量でも大量でも、販売したい商品数をストアで決めることができます。Poshmarkでは、中古品を販売しているため、恐らく販売できるアイテムは数点しかないでしょう。ところが、Poshmarkは販売を増加させるため、出品者にできるだけ多くの商品を販売させようとします。Shopifyでは、大ヒット商品が1つあればいいのです。自分のストアに売れ筋商品が1つだけあれば生計が立つということもShopifyならありえます。Shopifyストアに掲載する商品数は、自分で決定できます。

私たちは、多くのブランドが10年かけても構築できていないことを、たったの3年で構築できました。

Chiomaさん, Cee Cee's Closet NYC

Shopifyについてさらに詳しく

Shopifyを比較

Shopifyと他のプラットフォームとの比較を見る

比較ページを見る 

Shopify コミュニティ

Shopify フォーラムでビジネスオーナーから学ぶ

Shopify フォーラムを検索する 

Shopify ヘルプセンター

Shopifyに関するすべての疑問の答えをすばやく見つける

ヘルプセンターにアクセスする 

14日間の無料体験をお試し!

Shopifyを無料で試して、ECサイトの作成、運営、成長に必要なすべてのツールとサービスを体験しましょう。

よくある質問

ShopifyとPoshmarkでは、どちらがファッションアイテムの販売に適していますか?

ShopifyとPoshmarkのどちらでもファッションアイテムを販売できます。Poshmarkの場合、多くの商品は大手ブランドの中古品です。古着の販売にはPoshmarkが適しているでしょう。Shopifyでは、ビンテージを除いて、多くのファッションブランドは新品の洋服を販売しています。アイテム1点のみを販売したいのであれば、Poshmarkの方がいいかもしれません。複数アイテムの販売を目指している場合は、ファッション関連商品を扱うShopifyストアを構築するほうが適しているでしょう。

ShopifyとPoshmarkでは、どちらがEコマースに適していますか?

Shopifyでは、自分のオンラインストアを構築でき、さらに6,000個を超えるアプリがそろっているため、ウェブサイトを好きなようにカスタマイズできます。独自のブランドを築き、お客様リストを所有し、さらにオーディエンスにリマーケティングを行える点がPoshmarkとは異なります。Shopifyなら、あらゆる人気カテゴリーでアイテムを販売できますが、Poshmarkではファッション、インテリア、ペット用品などのニッチなカテゴリーに限定されています。

ページ最終更新日:2021年4月30日