ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

ギグワークとは? 特徴、メリットとデメリット、ギグワークの今後。発注者と労働者双方の注意点も

ギグワークとはギグエコノミーで実施される仕事のことです。ギグエコノミーで仕事に就く労働者はギグワーカーと呼ばれます。

ギグワークでは、発注者はインターネットを利用した技術的な方法でサービスを依頼し、労働者はオンデマンド企業と契約してサービスを提供する、あるいは顧客となります。発注者はプラットフォームやスマートフォンのアプリケーションで労働者を検索したり、労働者は仕事を指定したりすることができます。これは米国議会公共政策研究機関(CRS)によるギグワークの定義です。イギリス政府はこれに加えて、短期的かつタスクごとの支払いである、としています。

Shopifyは、ギグエコノミーに関する記事で、ギグエコノミーやそこにあるギグワークの種類、世界のギグワークプラットフォーム、世界各地のギグエコノミーの今後について解説しています。また、仕事の発注者を発注者、各自の目的で仕事に就く者を労働者と表記します。

ギグワークとは 

ギグワークは情報通信技術を活用して受発注が行われる仕事のことです。

日本にある既存の労働統計によるギグワークの計測は行われておらず、本国における実態は明確ではありません。

ギグワークについて

財務省の財務総合政策研究所は2021年10月、仕事・働き方・賃金に関する研究会を実施しました。ここで「研究会開催にあたっての問題意識」が大きく3点挙げられました。以下に引用します。

  1. 近年、日本の労働市場では、仕事や働き方に、大きな変化が生じている
  2. 一方で、仕事・働き方・賃金については、性別による差異や、正規・非正規などの様々な違いが依然として存在する
  3. 新型コロナは、経済活動に大きな影響を与えるとともに、今後の課題を目に見える形で明らかにしてきた

2つ目の問題点のなかでギグワークに触れています。しかし本文中でギグワークの定義や内容には触れていません。

ギグワークの特徴

柔軟で変動的・流動的

ギグワークは多くの面で、柔軟で変動的・流動的です。

例えば、発注者は仕事を発注したい時に発注すればよく、発注する仕事がなければ発注をする義務はありません。労働者は仕事をしたいときに仕事をすればよく、仕事をする必要がなければ仕事を受ける必要はありません。

仕事の種類が多様

配達員、飲食店のホールや調理場、便利屋や引越し屋、コーディング、デザイン、執筆、リサーチなど仕事の種類は多様です。ギグワークは職種を指す言葉ではなく、情報通信技術を活用して受発注が行われる仕事のことです。

インターネットを利用した技術的な方法で仕事の受発注が行われる

インターネットとは、情報機器を接続する技術です。インターネットの普及によりギグワークプラットフォームが誕生し、ギグワーカーがギグワークを実施し、ギグエコノミーは発展し続けています。

ギグワークと他の働き方の違い

ギグワーク

(Unsplash: christopher-gower)

ギグワークと派遣の違い

派遣の仕事には派遣人材会社・発注者・労働者が関わります。

労働者は人材派遣会社と契約を締結します。発注者は、人材派遣会社を経由して労働者の労働力を確保します。人材派遣会社は、労働力を必要とする発注者に対して労働者を派遣します。

ギグワークは、発注者と労働者が契約を締結することもあれば、発注者とプラットフォームを提供する企業が契約を締結することもあります。

例えばレストランの料理を配達する配達員は、レストランの料理を届ける配達プラットフォーム企業と契約をしている場合もありますし、レストランと直接契約をしている従業員である場合もあります。レストランの料理を届けてくれた配達員全員が必ずギグワーカーであるとは限りません。

ギグワークと単発バイトの違い

単発バイトとは「一般的に3カ月以内のアルバイトを短期バイトと呼び、その中でも1日単位で短期間のものを単発バイトと呼ぶことが多い」とされています。

ギグワークも短期的な仕事です。しかしタスクベース・仕事ベースです。ギグワークにおいて、仕事を遂行するための期間は指定されることもあれば、指定されないこともあり、発注者に応じて異なります。

単発バイトは、仕事に従事する時間数や時間帯が契約内容に盛り込まれることが多いです。ギグワークはタスクと仕事の遂行に対して、実行時間は求められないことが多く、つまり可能な限り短時間で多くの仕事を実施できた方が収入も増えます。

例えば配達の仕事のギグワークであれば、1件の配達ごとに●円の収入、など件数ベースで収入を得ます。1時間で1件の配達をするのか、1時間で3件の配達をするのかはギグワーカー次第です。

デザイナーのギグワークがデザインアイデアを30件納品する仕事であれば、30件納品すれば収入を得ます。コーダーが該当箇所のコーディングを実施する仕事であれば、該当箇所のコーディングを完了すれば収入を得ます。労働者が仕事の完了と納品までに5時間費やすのか、10時間費やすのかは本人次第です。発注者は労働者に対して、最大納期までに求めた内容と品質で仕事が完了し、納品することを求めます。

ギグワークを発注する使用者のメリット・デメリット

発注者のメリット

(Unsplash: eggbank)

ギグワークを発注する使用者のメリット

タスク・仕事ベースで労働者を雇用すればいいため、繁忙期の指定の仕事のみ、繁忙時間の指定の仕事のみ、など必要な時に必要な仕事に対して雇用できます。

コンサルティングファームのプロジェクトチーム組成のように、注力したい業務やタスクに対して、それらを遂行できるギグワークをスポットで発注することができます。

ギグワークを発注する使用者のデメリット

発注者の発注スキルが問われます。タスクや仕事を仕分け、仕分けたタスクや仕事の成果物をまとめるスキルが必要です。

例えば、突発的に発生した重要な短期プロジェクトに対してリサーチが必要になったとします。これに対して、出社して、指定のデスクで仕事を実施し、指定の就業時間と期間で、リサーチをしてください、という発注ではギグワーカーが集まらない可能性が高まります。必要なものはリサーチ結果です。出社、指定のデスクで指定の就業時間と期間に仕事を実施する、これらの条件は必要でしょうか。当然守秘義務などの兼ね合いがあるプロジェクトもあるでしょう。しかし、可能な限り不要な条件は全て取り去り、タスク・仕事の成果を得ることに焦点を当てて仕事を発注できるといいでしょう。

条件が多くなるタスクや仕事についてはうまく細分化しましょう。例えば、レストランのホールでギグワーカーを雇用したいのであれば、時間を「17時から21時」、「20時から23時」など細かく分けるなどの工夫ができます。

ギグワークを実施する労働者のメリット・デメリット

労働者のメリット

(Unsplash: theme-photos)

ギグワークを実施する労働者のメリット

自分の都合で、「この仕事をしたい」と思える仕事のみを選ぶことができます。「したい」と思えない仕事をする必要はありません。

ギグワークを実施する労働者のデメリット

労災、福利厚生、契約、労働組合、単価など、他でも解説されている部分についてのデメリット解説は省きます。特に法律に関連するものは、年々変化しています。随時、最新の法律や条例をご確認ください。

ギグワークはタスク・仕事ベースであることから、正社員と比較すると待遇が悪い側面もあります。しかし正社員勤務の従業員の多くが持っていない自由度や裁量で仕事を実施できます。

他では解説されていないギグワークのデメリットを紹介します。

自身のキャリアパスやスキルアップの計画を立てることをぜひ忘れないでください。ギグワークには専門的な仕事も多く、専門的な仕事ほど単価も高いため収入は上がります。しかし仕事に専念しすぎず、自身のスキル向上のための学びや周囲との情報交換の時間を能動的に確保してください。

世界的に、求められる仕事の流動性が高まり、10年前の仕事や会社が残っていない、数年前の当たり前が今では古い、といった現象が発生し続けています。ぜひその時々の仕事を確保でき活躍し続けることのできるあなたでいてください。

 

 

ギグワークとは:質問と回答

質問と回答

(Unsplash: brett-jordan)

よくある質問

Q1: ギグワークに関連する用語を教えてください

ギグワーカーとは
ギグワークに従事する労働者です。

ギグエコノミーとは
短期的かつタスクごとの支払いで、プロバイダーと顧客間のマッチングを積極的に促進するデジタルプラットフォームを介した個人または企業間の労働とお金の交換を指します。

シェアリングエコノミーとは
シェアリングエコノミーは物質的な物を共有する経済を指します。コワーキングスペースや共同リビングなどを有する物件、家具や家電、自動車、衣料品などが主な例です。

クラウドソーシングとは
クラウドソーシングは情報技術(IT)を利用して不特定多数に業務を委託することやそのプラットフォームを指します。

Q2: ギグワークと派遣の違いを教えてください

派遣の仕事には派遣人材会社・発注者・労働者が関わります。

労働者は人材派遣会社と契約を締結します。発注者は、人材派遣会社を経由して労働者の労働力を確保します。人材派遣会社は、労働力を必要とする発注者に対して労働者を派遣します。

ギグワークは、発注者と労働者が契約を締結することもあれば、発注者とプラットフォームを提供する企業が契約を締結することもあります。

Q3: ギグワークと単発バイトの違いを教えてください

単発バイトとは「一般的に3カ月以内のアルバイトを短期バイトと呼び、その中でも1日単位で短期間のものを単発バイトと呼ぶことが多い」とされています。

ギグワークも短期的な仕事です。しかしタスクベース・仕事ベースです。ギグワークにおいて、仕事を遂行するための期間は指定されることもあれば、指定されないこともあり、発注者に応じて異なります。

単発バイトは、仕事に従事する時間数や時間帯が契約内容に盛り込まれることが多いです。ギグワークはタスクと仕事の遂行に対して、実行時間は求められないことが多く、つまり可能な限り短時間で多くの仕事を実施できた方が収入も増えます。

例えば配達の仕事のギグワークであれば、1件の配達ごとに●円の収入、など件数ベースで収入を得ます。1時間で1件の配達をするのか、1時間で3件の配達をするのかはギグワーカー次第です。

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: