Checkout ExtensibilityでShopifyのチェックアウトがカスタマイズ可能に

Shopifyは長年、あらゆる規模のマーチャントのために、信頼性とコンバージョン率が世界一高いチェックアウトを提供できるよう支援してきました。高速で直感的でシンプルなShopifyチェックアウトは、チェックアウトのあるべき姿を示し、他方で加速化されたチェックアウトであるShop Payは競合よりも4倍速く、コンバージョン率が11%高い購入体験を提供しています。

では唯一の問題点はなんでしょうか? チェックアウトをカスタマイズすることは時間のかかる柔軟性の低いプロセスであり、パートナーがマーチャントのニーズに合わせてチェックアウトを適応させるのは大変でした。今までは。

いよいよ、Checkout Extensibility の開発者プレビュー(英語)がリリースされます。パートナーは公開アプリまたはカスタムアプリを構築し、ShopifyチェックアウトとShop PayPlusマーチャントのためにクリエイティブにカスタマイズすることが可能になりました。わたしたちはこのExtensibility へのフォーカスを研ぎ澄まし、あなたのアプリが世界でもっとも大規模なブランドのニーズにも応えられるようにします。

今までのチェックアウトのカスタマイズ方法

ストアの立ち上げ後、マーチャントはスピードとコンバージョンに徹底的にこだわったチェックアウトページのメリットをすぐに受けられます。ビジネスが成長していくと、特定の使用ケースに応じたチェックアウトのカスタマイズの必要性を感じることがあるでしょう。

今まで、機能面あるいは美的な面でのチェックアウトのカスタマイズは、checkout.liquid のコードを直接修正して実現する必要がありました。こうしたカスタマイズは、技術者でないユーザーがアプリや設定画面から実装することはできず、マーチャントにとってもパートナーにとってもかなりの時間を要するものでした。

Checkout Extensibilityが開発者プレビューで利用可能に

わたしたちはそのような過程を短縮し、より柔軟な方法で、Plusマーチャントのブランディングをチェックアウトに落とし込んだり、パートナーが個別のコマースソリューションを提供できる機会を増やしたりしたい、と考えていました。そして誕生したのが、Checkout Extensibility です。

Checkout Extensibility は安全で高速、アップグレード対応も万全で、Shop Payともシームレスに連携し、購入者のためにチェックアウト体験を最適化したい開発者とマーチャントのニーズに対応するすべてを備えます。最大のポイントは? 今回初めてShopifyは、パートナーのカスタマイゼーションをカスタムアプリやShopifyアプリストアの公開アプリで提供することを可能にしました。

そして、すべての開発者がチェックアウトをカスタマイズできるように一連の機能が刷新されています。アプリ開発者は、 Checkout UI extensions Shopify Functions を使用して、チェックアウトとShop Payのさまざまな場所に新機能を追加することができます。一方でマーチャントは、新しいCheckout Branding API によってスタイリングをカスタマイズすることができ、pixelsでイベントを追跡できます。

今回初めてShopifyは、パートナーのカスタマイゼーションをカスタムアプリやShopifyアプリストアの公開アプリで提供することを可能にしました。

Checkout UI extensions (英語)は、商品のオファー、カスタムフィールド、カスタムバナーなどの要素を追加して、Shop Payを含めさまざまなflowに適応させることを可能にします。これにより、購入者がどの場面でチェックアウトをするにしても統一感のある体験が創出されます。さらに、UI extensions は自動でマーチャントのチェックアウトにおけるブランドの表現を継承するので、アプリでブランド設定を複製する必要がなくなります。一般公開時には、新機能をShopify Plusマーチャントのみに限定して提供でき、マーチャントが最新のチェックアウト機能を利用できるという安心が得られます。

PLANTのスクショ

Checkout UI extensions はさまざまなFlowに適応し、購入者がどの場面でチェックアウトしても統一感のある体験を創出します。

Shopify Functions (英語)は、Shopifyのサーバーサイドのビジネスロジックを拡張したり置き換えたりする柔軟性を提供します。これにより、注文、商品、配送に適用する割引のカスタマイズが可能になります。たとえば、「1万円ごとに500円オフ」というような段階的な割引オプションのFunctionsを構築できます。またFunctionsは、ユニークな配送や支払いオプションを表示したり、隠したり、並べ変えたりすることで理想的な体験をお客さまに提供することも可能にします。今後Functionsが進化するにつれて、複合送料、チェックアウトとカートの検証、返品の検証、プログラム可能な注文ルーティングなどのサポートを含む予定ですので、Shopifyの多様なパーツをカスタマイズできるようになります。

ブランドらしさが感じられるチェックアウト

チェックアウトにもブランドらしいデザインを反映したい、とマーチャントから言われたことはありませんか? まったく新しいCheckout Branding API (英語)にお任せください。

マーチャントはこのAPIを使ってチェックアウトとShop Payのスタイルをカスタマイズできます。ロゴ、フォント、色といった外観要素が適用可能です。Plusマーチャントの場合、ブランドカラーの統一や、フォームボタンの丸みの調整といった部分まで自由がきくようになり、消費者はブランドのアイデンティティと個性をすべてのステップにおいて感じられるようになります。

PLANTのスクショ

UI extensions はマーチャントのブランド設定を引き継ぎます。

安全な顧客イベントの公開

pixels (英語)によって、マーチャントは、マーケティング、広告、分析のために顧客行動データの収集と受け渡しが可能です。パートナーは、 Pixels API (英語)を利用してマーチャントが購読できるイベントリストを提供できます。アプリは、チェックアウトを含むPixels API内のイベントに接続可能で、強化されたセキュリティによってマーチャントに顧客行動分析へのアクセスを提供します。

さっそく始めましょう!

新しいツールでみなさんがどのようにチェックアウトをカスタマイズされるのか見るのが楽しみです。Checkout Extensibility は、20229月末まで開発者プレビューで利用でき、それ以降はShopifyアプリストアでみなさんのアプリをマーチャントが利用できるようになります。初期段階でパートナーとして取り組むことで、あなたのアプリが有名企業で利用されるようになり、またPlusマーチャントのコンバージョンとロイヤルカスタマーベースの構築に一役買うことになるでしょう。

拡張機能やAPIは引き続きチューニングされ、新機能が出るときにはその意図を開発者ドキュメント(英語)で共有しますので、足りていないものやみなさんが重要だと思うことをぜひお知らせください。これらの新ツールに関して質問がある場合は? 開発者プレビューの期間中、プロダクトエキスパートがShopifyDev Discord で頻繁にオフィスアワーを開催し、みなさんがより早く学習して構築できるようにサポートします。新機能や最新情報を得るために、Discordチャンネルにご参加ください!

ぜひお試しのうえ、ご意見をお寄せください。始める方法はこちらです。


ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: