ShopifyとWebflowの比較

ShopifyとWebflowの違い

Shopifyでは、高品質のEコマース機能、POS、ネイティブなモバイルアプリ、分析機能を提供しているため、誰でも効率的にオンラインストアを運営することができます。

Webflowと比較してShopifyを選ぶ理由

ShopifyとWebflowの機能比較表

主な機能

Webflow

Shopify

ホスティング込み はい はい
カスタムドメイン いいえ はい
Eコマース向けの設計 いいえ はい
無料のテーマ はい はい
ビジュアルエディタ はい はい
POSシステム いいえ はい
ドロップシッピング関連サポート いいえ はい
独自の決済処理サービス いいえ はい
組み込みのSEO機能 はい はい
ブログCMS はい はい
統合された分析 いいえ はい
オムニチャネル機能 いいえ はい
無制限の帯域幅 いいえ はい
ネイティブなモバイルアプリ いいえ はい
無料のSSL証明書 はい はい
組み込みの不正注文防止機能 いいえ はい

Webflowと比較して、Shopifyだからこそ提供できる10つのメリット

無料のサブドメインを提供

Shopifyでは、すべてのユーザーに.myshopify.comの無料サブドメインを提供しています。独自のドメイン名の使用を決めている場合も、わずか数クリックするだけで、Shopify上で登録できます。幅広いトップレベルドメインから選択し、ドメインネームジェネレーターを使って、ビジネス用にクリエイティブなドメイン名を見つけることができます。Webflowにサブドメインは含まれていないため、外部サービスでドメイン名を購入する必要があります。

無制限に商品を登録

Webflowでは、オンラインストアに登録できる商品数に最大3,000件までと限りがあります。一方、Shopifyにはストアに掲載できる商品数に制限はありません。そのため、WebflowとShopifyを比較した場合、大規模な在庫を抱えるビジネスにはShopifyの方が適しています。さらに、Shopifyなら商品の在庫の追跡、表示、調整も、堅牢な在庫管理システムで簡単に行うことができます。

ドロップシッピングを簡単に

ShopifyとWebflowの比較して、ドロップシッピングに最適なプラットフォームはどちらでしょうか?Webflowでは、ドロップシッピングのためには統合が必要になるため、最適とはいえません。Shopifyなら、在庫を持たなくても商品を販売できるアプリがいくつもあるため、ドロップシッピングにより向いています。自分のオンラインストアをOberlo、Spocket、Modalyst、Synceeなどのサービスに接続することで、Shopifyを通じてドロップシッピングを提供できます。

ストアの機能を拡張する

Shopifyには6,000ものアプリが用意されているため、それぞれのビジネスに合った、顧客満足度の向上に一役買うアプリが必ず見つかります。Shopifyに登録すれば、商品ページを改善したり、ロイヤリティープログラムを運営したり、お客様とライブチャットをしたりなど、さまざまな機能を持つアプリを利用できます。Webflowでも多くの機能が提供されているものの、その数はShopifyのものには及びません。さらに、Shopifyのアプリは、何よりもECビジネスの成功を念頭に置いて設計されています。

あらゆる場所で販売

Shopifyは、Instagram、Facebook、Walmart、Etsy、Amazon、TikTok、Pinterestなどさまざまなプラットフォームと提携しているため、お客様が買い物をしている場所で販売できます。また、Shopifyを通じて販売するすべてのチャネルと常に同期されている、一元管理された商品在庫を使用できます。Webflowでも統合を通じて他の販売チャネルにアクセスできますが、Shopifyで対応可能なチャネル数と比較すると、その範囲は限られいます。

カゴ落ち対策

Shopifyでは、すべてのプランにカゴ落ち対策機能が含まれています。カゴ落ちを確認することでパターンを見きわめることができ、お客様が注文を完了しなかった理由を把握しやすくなります。さらにShopifyでは、お客様がチェックアウトを放棄した場合に、カートへのリンクが記載されたメールを自動送信することができるため、購入しようとした商品をお客様に思い出してもらうことができます。Webflowでは現在、どのプランでもカゴ落ち対策機能は提供されていません。

支払い体験を改善

ShopifyとWebflowを比較すると、どちらのプラットフォームでも決済を受け付けるためのゲートウェイサービスが必要です。Shopifyには独自の決済処理サービス「Shopify ペイメント」があり、これを利用することにより、より簡単にビジネスを運営できます。Shopify ペイメントはShopifyプラットフォームの中核機能です。使用するための手続きはとても簡単で、情報を集約するレポート機能もあり、さらに取引手数料は一切発生しません。

オンライン販売と店舗販売を統合

Shopifyでは自社開発のPOSシステムを提供しており、あらゆる販売を1か所で管理できます。オンラインストアと実店舗の両方にShopifyを使用することで、常に在庫データを完全に同期したり、決済を追跡したり、さらには店舗受取や自宅配送など、お客様が望む買い物の選択肢を提供することもできます。WebflowにはPOSシステムがないので、現時点ではすぐにウェブデザインツールに利用できるPOS機能はありません。

オンラインストアを拡大する

認知度の高いEコマースブランドを構築したい方は、Shopifyにお任せください。必要なツールとサポートをご提供いたします。Shopifyストアは拡張性を備えているため、最初は小さく始めて、ゆくゆくはエンタープライズ級のブランドに成長させることも可能です。大手ブランドも、Shopifyのエンタープライズ向けプラットフォームであるShopify Plusを利用して、大容量のトラフィックや販売の急激な増加を管理しています。

ビジネスをブランディングする

Shopifyは単なるEコマースプラットフォームではありません。あなたのビジネスを構築し、ブランディングするための完全なツールボックスです。カスタムロゴのデザインや、プロモーションビデオの作成、スローガンの生成においても、Shopifyが無料ビジネスツールであなたをサポートします。

WebflowよりもShopifyがマーチャントに好まれる理由

Eコマース向けに設計

Shopifyは、すべての人のためにコマースをより良くすることを目指しています。Shopifyでは、ECストアを構築してデザインするための無制限のツールボックスにアクセスできます。一方Webflowは、主となるウェブデザインツールにEコマースの要素が統合されたものに過ぎません。

無料のテーマ

Shopifyでは、9種類の無料版を含む、70を超えるプロフェッショナルなデザインのウェブサイトテーマを提供しています。Webflowにはさらに多くのテーマが用意されていますが、高額でShopifyほど直感的に使用することはできません。

スムーズな配送

Shopifyには配送料自動計算機能があり、配送ラベルもダッシュボードから直接印刷できます。Webflowの場合、ラベルの印刷などの配送に関連するタスクを行うには、外部サービスの機能を用いる必要があります。

充実したマーケティングツール

ギフトカード、自動ディスカウント、Shopify メール、ブログCMS機能など、Shopifyでは、マーチャントがお客様に優れたショッピング体験を提供するために役立つマーケティングツールを豊富にご用意しています。

24時間体制のカスタマーサポート

Shopifyのサポートは、電話、メール、チャットからのお問い合わせに24時間体制で対応しています。一方、Webflowの場合、月曜から金曜までメールでのサポートのみです。

モバイルアプリ

Shopifyは、商品、注文、顧客データ、スタッフなどに関するストア管理を、AndroidまたはiPhoneでできるモバイルアプリを提供しています。Webflowにはネイティブのモバイルアプリがないため、好きな場所からビジネスを管理することは困難です。

不正注文検知機能を搭載

Shopifyでは、組み込まれた不正解析機能により、疑わしい注文を検知しています。一方、Webflowでは、StripeとPayPalが提供する不正注文防止機能に依存する必要があります。

詳細なレポート

Shopifyは、商品レポート、財務レポートなど、さまざまなパフォーマンスレポートを提供しています。Webflowでは外部サービスの統合を通してレポートを提供していますが、ほとんどの場合、月次サブスクリプションが必要です。

商品公開

Shopifyなら、安定したアップタイムとホスティングにより、大規模なトラフィックの急増に対応できます。主要商品の発売期間中でも安定したオンラインストアの運営を必要とするストアオーナーにとって、これは重要な点です。世界中で数百万のマーチャントが、ストアの安定した運営をShopifyで確保しています。

海外展開

Shopifyは、市場拡大に伴い、グローバルコマースのリソースも充実させています。Shopifyのマーチャントは、ローカライズされたストアや複数の通貨により、どの地域のお客様にもスムーズな購入体験を提供できます。さらに、Shopify アプリストアには、WeChatやWhatsAppなどのチャネルで、現地のストアと同じように販売するためのアプリもそろっています。

私たちは、多くのブランドが10年かけても構築できていないことを、たったの3年で構築できました。

Chiomaさん, Cee Cee's Closet NYC

Shopifyについてさらに詳しく

Shopifyを比較

Shopifyと他のプラットフォームとの比較を見る

比較ページを見る 

Shopify コミュニティ

Shopify フォーラムでビジネスオーナーから学ぶ

Shopify フォーラムを検索する 

Shopify ヘルプセンター

Shopifyに関するすべての疑問の答えをすばやく見つける

ヘルプセンターにアクセスする 

14日間の無料体験をお試し!

Shopifyを無料で試して、ECサイトの作成、運営、成長に必要なすべてのツールとサービスを体験しましょう。

よくある質問

ShopifyとWebflowの違いは何ですか?

Webflowはフリーランサーのような小規模なビジネス向けのウェブサイトに特化しています。一方、ShopifyはEコマース専門です。Shopifyでは、自分のストアを作成し、ブランドを構築し、アセットを所有するのに必要なツールがすべてそろっています。Shopifyの場合、ストアを始めたその日からEコマースを始められますが、Webflowの場合はメインのプラットフォームをまず作成し、その後でEコマース機能を追加する必要があります。小中規模の多くのマーチャントが、Shopifyを利用して自社商品をオンラインで販売促進しています。

WebflowとShopifyでは、どちらが安いですか?

WebflowとShopifyの基本プランは、ほぼ似たような価格設定になっており、いずれも月額29米ドルからです。中程度および高度なプランになると、Webflowの方がShopifyよりも若干安い価格設定になっています。しかしながら、WebflowではShopifyのプレミアムプランほどの機能は提供されていません。中規模および大規模なShopifyユーザーは、有利な配送価格、詳細なレポートへのアクセス、複数言語での販売など、多くの機能を利用できます。Shopifyではストアに掲載できる商品数に上限がありませんが、Webflowの場合は最も高度なプランでも3,000件までしか商品を掲載できません。

WebflowとShopifyでは、どちらが優れていますか?

Webflowは、視覚的に優れたウェブサイトのデザインに向いていますが、Shopifyでも魅力的な見た目のウェブサイトを構築できます。Shopifyでは、Eコマースの機能が充実しており、洗練された見た目のストアを構築するために必要な機能が数多くそろっています。ギフトカード、ディスカウント、不正解析、無制限の商品数など、すべてが毎月のShopifyのプランに含まれています。別のウェブサイトを通して販売したい場合は、外部サイトのページに直接埋め込むことができる「購入ボタン」機能をご利用いただけます。数に制限はありません。Shopifyは、店舗販売とオンライン販売の両方に対応しており、教育リソース、金融サービス、Shopify Expertなどの幅広い機能やサービスを提供する、より広範なコマースプラットフォームです。

ShopifyとWebflowを比較して、セキュリティ性が高いのはどちらでしょうか?

ShopifyとWebflowは、いずれもセキュリティ機能を提供していますが、Shopifyには不審な注文を分析し、潜在的なチャージバックを回避するための注文不正解析ツールが統合されているため、セキュリティ機能がより充実しています。ShopifyもWebflowも、いずれもサインアップするとSSLが無料で提供されます。

WebflowとShopifyでは、どちらの方が税の計算がしやすいですか?

Webflowは、お客様のお住まいの地域に応じてチェックアウト時に自動で税金を計算します。しかし、このオプションはアメリカ、EU、カナダ、オーストラリアを拠点とするマーチャントのみにしか対応していません。Shopifyの税金計算機能はより優れており、マーチャントの拠点地域にかかわらず、どこでも物品税およびVATを自動で計算します。また、Shopifyなら税金を手入力で設定して、特定地域の現地法令にも対応できるだけでなく、配送料の計算も自動で行われ、一定以上の販売金額に対する無料配送を提供することもできます。

ページ最終更新日:2021年10月5日