ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

POSシステムって何? POSソフトウェア&ハードウェアを徹底解説

Point of Sale(販売時点)の略語として知られるPOSシステム。商品販売時に顧客との決済を行うハードウェアおよびソフトウェアのことを示します。

マーチャントが事業を円滑に運営しながらサービスを提供するために、常にに改善され、進化し続けるPOSソフトウェア。重々しく一ヶ所に固定されたレジの時代はもう過去のこと。代わりに今の小売業者は、モバイルデバイスを使ってサービスを提供し、顧客のいるあらゆる場所で決済が可能なシステムを選ぶようになりました。

実店舗だけで使うとは限らないPOSシステム。ポップアップストアの出店を希望するネットショップのオーナーをはじめ、クラフト展、トレードショー、ファーマーズマーケットなどで商品の販売を考えている人たちも、モバイル式のPOSソフトウェアを使って対面販売をしています。

とは言え、POSシステムとは正確には何を示しているのでしょうか?選択肢が数多くあるために、いらないものをふるいにかけてご自身のビジネスに見合ったものを見つけるのは容易ではないかもしれません。この投稿では、そんなPOSシステムの実用性についてを詳しく説明していきます。

POSって何?

「Point of Sale(販売時点)」の略称であるPOS。「Point of Purchase(購入時点)」としても知られているPOSは、顧客が支払い手続きを行い、取引を完了する拠点を示します。

小売店で買い物をする場合には、POSシステムが配置されている会計カウンターが販売拠点となります。POS端末やカードリーダーがモバイル式であれば、販売拠点は「実際に支払いを行うすべての場所」と考えていいでしょう。つまり顧客が商品の代金を支払える場所が「販売時点(POS)」となります。

POSシステムとは?

POSシステムとは、顧客からの支払いを受け付け、対面での販売を可能にするソフトウェアとハードウェアのことを示します。

とてもシンプルに聞こえるかもしれませんが、POSの設定は、ネットショップ、実店舗、またはその両方で販売しているかどうかによって異なります。以前は店頭にあるレジがPOSシステムとして機能していましたが、今日ではほとんどのPOSシステムがソフトウェアベースになり、タブレットやスマホでも使えるようになりました。そのおかげで、今となってはレジがなくてもあらゆる場所で支払いを受け付けてサービスを提供することができます。

POSソフトウェアって何?

Shopify POSをはじめとするPOSソフトウェアは、実店舗や対面販売の業務管理ツールとして使用されます。タブレットやスマホにPOSソフトアプリをダウンロードすれば、そのデバイスがPOSシステムとして機能します。

また、POSソフトウェアは在庫管理をはじめ、売上のトラッキング、顧客の連絡先および注文履歴の収集、スタッフ管理などに役立ちます。ネットショップと実店舗の両方を運営している場合には、POSソフトウェアをEコマースのプラットフォームと接続すれば、切り離された2つのシステムからではなく、一つのバックオフィスからビジネス全体を管理することが可能になります。

小規模ビジネスにおけるPOSシステムの機能とは?

POSシステムの最も基本的な機能は、顧客が購入を希望する商品の代金を計算し、支払い手続きを行い、売上を反映させて在庫数を更新することです。典型的なPOSシステムの流れは次の通りです:

  1. 顧客が購入したい商品を選ぶ
  2. POSシステムが合計金額を計算する
  3. 顧客が支払いを行う
  4. POS取引が完了する

1. 顧客が購入したい商品を選ぶ

    買い物客が店舗にある商品を見て回っている間に、店員はPOSシステムで商品の価格や在庫状況を調べることができます。購入準備が整ったら、店員はバーコードスキャナーで商品を読み込んでカートに追加します。Shopify POSなど、バーコードスキャナーの代わりにスマホやタブレットのカメラから商品をスキャンできるPOSシステムもあります。

    2. POSシステムが合計金額を計算する

      すべての商品がカートに追加されると、POSシステムが消費税を含む合計金額を計算し、売上を反映して在庫数を更新します。この時点で、割引やプロモーションコードを適用することもできます。

      3. 顧客が支払いを行う

        購入手続きを完了するには、クレジットカードやデビットカードをはじめ、タップカード、ロイヤルティポイント、ギフトカード、現金、またはApplePayやGooglePayなどのデジタルウォレットでの支払いが必要になります。また、上記の支払い方法を組み合わせた「併用払い」をすることも可能です。

        4. POS取引が完了する

          支払いが完了すると、正式に売上が達成されたことになります。その後レシートが印刷されるか顧客にEメールで送信され、顧客に商品が手渡されます。

          💡プロからのアドバイス:顧客が欠品中の商品の購入を希望する場合には、Shopify POSショップで購入・自宅に配送(英語)機能を使って決済を完了し、倉庫から買い物客の元へ商品を配送しましょう。

          POSシステムの利点とは?

          最新のPOSシステムは、上記のような単純な取引管理の他にもたくさんの機能を備えています。日々の業務に加えて事業の重要な意思決定につながる、次のような機能も装備しています:

          1. 在庫管理の一元化
          2. リアルタイムの売上データ収集および視覚化
          3. 詳細な顧客プロフィールの構築
          4. あらゆる場所での支払い処理
          5. 店舗売上の改善
          6. 新規店舗の開店促進
          7. 変わり続けるビジネスニーズへの適応

          1. 在庫管理の一元化

            在庫の保管場所がどこであれ、商品の仕入れ、販売、返品、交換が行われるたびに在庫数を正確に把握するのには時間がかかります。とはいえ、在庫管理は非常に重要です。

            事業を運営する上で最も大きな経費となる在庫。米国の小売業者が売上1ドルあたり約1.50ドル分の在庫を抱えている(英語)ことを考えると、在庫管理のミスが多額の経費につながってしまうことがわかります。多くの在庫を仕入れると売れ残りリスクが高まる一方で、少なすぎても時期尚早に欠品(英語)状態に陥ってしまいます。

            またネットショップと実店舗の両方を運営しているマーチャントが、在庫を照合するために毎日手作業で在庫数を数えたり修正したりするのは容易ではありません。そんな時には、POSシステムをEコマースプラットフォームと接続しましょう。そうすることで、オンラインで商品ページに表示される在庫数と、バックオフィスで把握している在庫数が同期され、実際の在庫量が瞬時に反映されるようになります。

            ただしオンラインと実店舗で異なるシステムを使用している場合には、それを実現するのは難しいでしょう。そんな時には、ネットショップのデータベースとシームレスにつながるShopify POSが役立ちます。実店舗やオンラインで行う商品の仕入れから販売、返品、そして交換に至るまでを自動的に更新してくれます。

            このように販売チャネルを統合して1つのプラットフォームからビジネス全体を管理すれば、手作業で在庫数のカウントや修正(英語)をすることなく、POSシステムで在庫量を正確に把握できます。それによって在庫管理に費やす時間が削減され、販売活動や事業展開により多くの時間を費やせるようになります。

            Shopify POSを使用し始めてからは業務に費やしていた時間が空くようになりました」と説明するのは、elph ceramics(英語)の共同創設者であるソフィー・ランカイン氏。「今では日常業務を行いながら、空いた時間を戦略の導入に使っています」と言います。

            今では在庫数を数えることはほとんどありません。以前は毎日、1日の終わりに在庫を数えて、売り上げた数量を把握してからウェブサイトの在庫数を更新していました。Shopify POSを導入してからは、在庫数は自動的に同期されるようになりました

            elph ceramics共同創設者 ソフィー・ランカイン

            店舗と倉庫の在庫を一元化すれば、商品が不足しても在庫を一つの場所から別の場所(例えば倉庫から店舗)にスムーズに移動できるようになります。さらに仕入量を推測に頼らずに済むため、売れ残る在庫に経費を費やすことなく、需要を満たすために十分な量だけを仕入れることが可能になります。

            💡プロからのアドバイス:推測に頼らずに在庫補充をしたい方は、Shopify管理画面で「再注文ポイント」を設定しましょう。在庫が減った場合にはお知らせが届くので、欠品する前に余裕をもって商品の在庫を補充することが可能になります。

            2. リアルタイムの売上データ収集および視覚化

              POSシステムを介するそれぞれの取引内容は、お使いのレポートツールや分析ツールにフィードする必要があります。

              また、POSシステムを選ぶ際には分析データをシンプルに表示するものを選ぶといいでしょう。Eコマースや実店舗の売上データを見る際には、切り離されたプラットフォームではなく、ブランド全体の売上を把握しながら、販売チャネル別に絞り込んで表示できるものがおすすめです。統一された売上データを見ることによって、どの商品が売れ筋なのか、またそうでないのかをより簡単に知ることができるようになります。

              POSシステムを選ぶなら、次のようなデータを視覚化してくれるものを選びましょう:

              • オンライン&小売店舗の売上と在庫データ
              • 一定期間の売上データ(日、週、月、年、カスタム)
              • 従業員1人あたりの売上データ(平均注文額、1注文あたりの商品数、総売上高と純売上高など)
              • 販売チャネル別の売上データ(ネットショップと複数の小売拠点別)
              • 拠点別の売上データ(オンライン販売が行われるショップ拠点や地域)
              • 商品別の売上データ(販売量、収益性、在庫量、販売された在庫の割合)
              • 注文数(フルフィルメント段階別:未払い、支払い済み、フルフィルメント前、フルフィルメント済みなど)

              💡プロからのアドバイス:在庫の費用対効果を高めるために、Eコマースデータと連携したPOSデータ分析(英語)を行いましょう。オンライン売上やリピート購入に対して店舗が与える影響や、シングルチャネルやマルチチャネルの買い物客の生涯価値などを測定することが可能になります。

              3. 詳細な顧客プロフィールの構築

                顧客情報を簡単に収集、追跡、管理することにも役立つPOSシステム。このようなデータにアクセスすることで、店員は顧客維持型マーケティング(英語)やロイヤルティプログラムを強化して、リピート購入を促すことができるようになります。さらにサービスを提供する顧客についても、よりよく理解することが可能になります。

                POSシステムを選ぶ際には、次のような機能があることを確かめましょう:

                • 顧客プロフィール作成機能顧客の連絡先情報、注文履歴、生涯価値、注記などを保存するプロフィール画面の作成
                • 注文履歴閲覧機能店員がより関連性の高い商品を提案(英語)できるように、顧客が実店舗およびオンラインの両方で購入したすべての商品を表示
                • ロイヤルティプログラムの立ち上げ機能実店舗またはオンラインにかかわらず、購入ごとにポイントなどの報酬を得ることができるロイヤルティプログラム(英語)の立ち上げ

                📌 始めてみよう:Shopifyアプリストアにあるたくさんのロイヤリティアプリの中からお気に入りを選んで、オンラインや実店舗の買い物客にポイントを付与しましょう。

                4. あらゆる場所での支払い処理

                  POSシステムの主な機能の一つである支払い処理機能。顧客が商品を購入する際に取引の決済処理を行います。適切なハードウェアと組み合わせれば、次のような支払い手段が利用可能になります:

                  • 現金:支払い後はレジの中で管理。
                  • 磁気ストライプクレジットカード:顧客がカードをカードリーダーにスワイプすると読み込めるタイプのもの。
                  • チップカード:タップするだけで決済可能な近距離無線通信(NFC)チップを備えたクレジットカードやデビットカード。
                  • 非接触型決済:チップカード、ApplePayまたはGooglePayを使用したモバイルウォレット決済。
                  • ギフトカード:物理的なカードかデジタルカードのいずれかで、実店舗やオンラインでの購入時に利用可能。
                  • カード提示なし決済:クレジットカードを実際に提示せずに支払いを行う取引。支払い情報を入力するオンライン決済や、電話での注文時に行う一般的な決済方法。

                  最新のPOSシステムが従来のものと大きく異なるのは、モバイル決済処理機能を備えている点にあります。モバイル機能があれば、店舗をはじめ見本市会場やポップアップショップなど、インターネット接続があるあらゆる場所でサービスを提供して支払いを受け取ることが可能になります。

                  📌 始めてみよう:対面、オンライン、外出先など、どこでも最も早く支払い処理を設定できる、Shopifyのすべてのプランに含まれているShopify ペイメント機能。第三者による時間や手間のかかる有効化プロセスを省いて、素早く設定を完了して販売を開始することが可能になります。

                  5. 店舗売上の改善

                    適切なPOS機能を使うことは、複数の販路にわたってサービスを提供することを可能にし、より多くの売上達成に役立ちます。

                    例えば、実店舗を訪れた顧客が、ある商品に興味を示していたものの購入には至らなかったとします。そんな時、店員はEメールのカート機能(英語)を使用して、気になる商品を表示したフォローアップメールをShopify POSから送信することができます。カート落ち商品に関するEメールと似ていますが、これはあくまでも対面販売向けのものです。

                    この場合、顧客が最終的にオンラインで商品を購入したとしても、売上は販売に貢献した店舗と店員の実績となります。そうすることで、顧客が商品を見つけたり、店員が失いかけた売上を回復したりする、店舗が担う重要な役割を定量化できるようになります。

                    さらに、柔軟な配送やフルフィルメントオプションを提供することも、実店舗への来客数を増やし(英語)POSシステムを使って売上を向上させる手段の一つです。

                    柔軟な配送オプションを提供するPOSシステムは、返品や交換の必要性を最小限に抑えるため、売上を堅調に維持することに効果的です。そのため、次のような集荷、購入、配送オプションの人気が高まってきているのもわかります:

                    オンラインで購入・店舗で受け取り

                    英語名(Buy Online, Pick-Up In Store)の略称である「BOPIS(ボピス)」として知られる、「オンラインで購入して店舗で受け取る」サービス(英語)。これは「買い物客がオンラインで購入した商品を都合のよい店舗へ取りに行く」ことを可能にしたサービスです。このオプションは、買い物客が注文した商品をいち早く受け取ると同時に、送料を節約するのに役立ちます。さらに店舗受け取りオプションで処理された注文は、商品を持ち帰る前に店頭で試着することができるため、返品頻度が低くなる傾向にあります。

                    📌 始めてみよう:Shopifyで「地域での受け取り(英語)設定をして、配送オプションの中で「店舗での受け取り」サービスを提供してみませんか。自宅までお届けする配送料やフルフィルメントの時間を軽減し、店舗への来客数を増やすことにもつながります!

                    ホームデリバリー

                    顧客が実店舗で商品を購入したとしても、特に家具のような重い商品やサイズが大きくかさばる商品である場合には、それを持ち帰りたいとは思わないかもしれません。そこで追加サービスとしておすすめしたいのが、便利なホームデリバリーサービス。商品が店頭ではなく別の場所にある場合でも、店頭で決済を済ませれば、商品を自宅に配送してもらえるというサービスです。

                    📌 始めてみよう:Shopifyで「地域での配送(英語)設定をして、店頭で販売した商品のホームデリバリーサービスを始めてみませんか。このような便利なサービスを提供することは、カスタマーサービスの強化にもつながります。

                    手間のかからない返品・交換

                    売上を伸ばして平均注文額を増やす絶好の機会でもある返品サービス。オンラインで購入した商品を店頭で返品する(英語)顧客に、追加購入を促してみてはいかがでしょうか。返品を売上損失と見なすのではなく、他の商品を販売するチャンスと捉えてみてください。少なくとも、より良好な顧客関係を構築することにつながるはずです。

                    ブランドによっては、返品を顧客との追加接点として捉えるところもあります。同日中にショップクレジットを使うよう促し、割引サービスを提供するブランドもあるほどです

                    - British Retail Consortium、ディレクター オブ インサイト カイル・モンク

                    6. 新規店舗の開店促進

                      モバイルPOSシステムの最大の利点の1つは、実店舗に加えて、ポップアップやイベントカウンターなど、より多くの店舗の出店を可能にしてくれることです。しかもそれが数回のクリックだけで実現するのだから非常に助かります

                      Shopify POSには面倒な設定プロセスは必要ありません。新しいPOS拠点を追加し、スマホやタブレットにShopify POSアプリをダウンロードしてカードリーダーを接続すれば、早々に販売を開始できます。

                      7. 変わり続けるビジネスニーズへの適応

                        たくさんの商品を投入してより多くの顧客にリーチし、スタッフを雇用し(英語)新店舗を開店し、新しい市場へと拡大していくビジネス。そのようにブランドが成長するに連れて、それをサポートするためのハードウェアやソフトウェアを備えたPOSシステムが必要になります。

                        POSシステムを選別する際には、アプリでその機能を拡張できるものを選びたいものです。アプリに対応しているPOSシステムなら、ビジネスニーズに適応するためにカスタマイズが可能です。例えばShopifyのマーチャントは、信頼できるパートナーが作成した何千ものアプリの中から適切なものを選んで、マーケティング、簿記、スケジュール管理、請求業務などに役立てることができます。これらのアプリはShopify POSとShopifyウェブサイトの両方で作動するので、プログラム間を移動することなく、1つのバックオフィスからビジネス全体を管理することできます。

                        💡プロからのアドバイス:サポートが必要だと感じたら、Shopifyエキスパートを雇う(英語)ことをおすすめします。マーケティングキャンペーンから店舗のマーチャンダイジングに至るまで、次のプロジェクトにぜひ役立てみてはいかがでしょうか。

                        POSの異なる種類とは?

                        主に「オンプレミス」と「クラウドベース」の二種類に区別できるPOSシステム。最も一般的なオンプレミスPOSシステムは「端末」と呼ばれるもので、それを利用するには実際にその場にいなければなりません。一方でクラウドベースPOSシステムはより柔軟性が高く、インターネット接続さえあれば、あらゆるモバイルデバイスからビジネスを運営し、顧客にサービスを提供し、決済をすることが可能になります。

                        クラウドベースのPOSソフトウェアは、キャッシュドロアやプリンターなどのほとんどのPOSハードウェアと互換性があり、あらゆるタブレットやスマホにインストールすることが可能です。また何かと制約のあるオンプレミスソリューションと比べて、クラウドベースのモバイルPOSシステムはより安価で便利。ポップアップや対面イベントを交えながら、実店舗やオンラインで柔軟に販売を希望する(英語)マーチャントにとっては素晴らしい選択肢となるでしょう。

                        💡プロからのアドバイス:Shopify POSのようなクラウドベースのPOSソフトウェアは、Shopifyの管理画面と同期するように設計されています。実店舗やネットショップにおいて商品の仕入れ、売上、返品、交換が行われるたびに、自動的に在庫や売上データを更新します。

                        なお、オンプレミスとクラウドベースのPOSシステムの他にも、次のカテゴリーに該当するPOSシステムがあります:

                        小売用POS

                        実店舗を運営するマーチャントに役立つ機能を備えた小売用POS。在庫管理(英語)や発注管理をはじめ、商品の販売、支払い処理、顧客関係やスタッフ管理などを行うことができます。

                        またShopify POSのようなPOSシステムは、実店舗とオンラインの売上や在庫を統合したレポーティングや分析機能も備えています。そのため、システム間を移動することなく1ヶ所からビジネスを管理できるので非常に便利です。

                        最適なビジネス形態:対面およびオンライン、実店舗、ポップアップショップなどで商品を販売する小売業者向け。

                        モバイルPOS(mPOS)

                        クラウドベースの、あらゆる場所で使用可能なモバイルPOSシステム(英語)。従来の会計カウンターのような支払い拠点に加えて、決済が必要な場所であればどこでも取引を行うことが可能です。

                        外出先で取引をする場合には、タブレットやスマホ、またはカードリーダーなどのハードウェアを使って決済を行います。

                        最適なビジネス形態:小売業者やポップアップショップ向け。

                        クラウドベースPOS

                        インターネット接続さえあれば、あらゆるコンピュータ、スマホ、タブレットからアクセスが可能な、ウェブホスト式のPOSソリューションであるクラウドベースのPOS。従来のオンプレミスPOSシステムとは異なり、オンプレミスサーバーを必要とせず、すべてはリモートサーバーに保存されます。

                        オンプレミスPOS

                        コンピュータのハードディスクなどのローカルサーバーに情報が保存される、「レガシーPOS」とも呼ばれるオンプレミスPOS。コンピュータにインストールされたプログラムと同じように機能します。

                        以前は人気のあるPOSシステムだったものの、クラウドの台頭によって今では多くのシステムがモバイルへと移行しています。固定式で管理が面倒なオンプレミスサーバーは、データのアップデートや維持を手作業で行う必要があります。

                        マルチチャネルPOS

                        日に日に重要度が高まる機能として注目が集まる、さまざまな販路との統合が可能なマルチチャネルPOS。これらの販路には、独自のウェブサイトをはじめ、第三者のオンラインマーケットプレイス、実店舗、ポップアップショップ、イベントセールス、卸売り、ソーシャルメディアなどが含まれます。

                        最適なビジネス形態:対面でも販売をしている/販売する予定のあるEコマースマーチャント、およびマルチチャネルで展開するオンラインブランド向け。

                        タブレットPOS

                        モバイルでも、ステーションにドッキングしても使用することが可能なタブレットPOS。AndroidのタブレットやiPad上で使うことができ、メインのPOSシステムとして、または主要POSステーションの補完的存在としての役割を果たします。「mPOS」と呼ばれることもあるシステムです。

                        最適なビジネス形態:モバイルまたはポータブルPOSを希望する小売業者、およびポップアップショップやイベント販売向け。

                        デスクトップPOS

                        デスクトップのコンピュータ上で機能するPOSシステムのことで、一般的には会計用ステーションにドッキングされたオンプレミスソリューションのことを指します。大きくてかさばるものもありますが、機能性に優れており信頼性が高いことが利点です。

                        最適なビジネス形態:モバイルPOSよりも多くの機能を希望する小売業者向け。

                        POSアプリ

                        使用しているPOSに応じて、いくつかのオプションから選択することができるPOSアプリ。ハードウェアや互換性のあるデバイス上で作動し、データにアクセスして業務管理を可能にします。

                        最適なビジネス形態:POSシステムをカスタマイズし、スケジュール機能をはじめ、簿記やマーケティング機能のような複数機能を追加できる柔軟性を希望する小売業者。

                        オープンソースPOS

                        企業が自社のソースコードを使うことによって、プラットフォーム上でカスタムソリューションの構築を可能にするオープンソースソフトウェア。オープンソースPOSシステムは、社内で、または外部の提携者と協力して構築することができます。

                        最適なビジネス形態:多くの技術系人材を有する、大幅にカスタマイズしたソリューションを必要とする大企業向け。

                        POSシステムに必要なハードウェアとは?

                        POSシステムを使うにあたって、大なり小なり必要となるPOSハードウェア。ネットショップのみのビジネスであればPOSハードウェアは必要ありませんが、実店舗がある場合には、カードリーダーをはじめ、バーコードスキャナー、タブレット、スマホなどが必要になるでしょう。

                        ここでは、小売事業を運営していく上で不可欠な、異なる種類のPOSハードウェア(英語)を詳しく説明していきます。

                        一般的なPOSハードウェアの種類

                        • POS端末:POSソフトウェアを作動させるデバイスのこと。モバイルPOSソフトウェアは、インターネットに接続されているタブレット、スマホ、デスクトップ、ラップトップコンピュータにインストールが可能。
                        • キャッシュドロア(現金用の引き出し)キャッシュレス決済を行わない限り必要となるのが現金の保管場所。キャッシュドロア(英語) なら、紙幣を安全に安心して保管することができます。
                        • タブレットまたはスマホ:小売用POSソフトウェアを使用するにあたって人気の高いモバイルデバイス。支払いのために列に並ぶことなく決済を行うことが可能になります。また外出先でも在庫数を更新(英語)できるため在庫管理にも便利。
                        • バーコードスキャナー:商品の詳細を読み取り、売上を伸ばすために使用されるバーコードスキャナー(英語)。商品価格をはじめ、在庫量やその他の詳細の確認にも役立ちます。なおバーコードには、従来のバーコードを読み取る「1Dバーコードスキャナー」と、QRコード(英語)の読み取りが可能な「2Dバーコードスキャナー」の2種類(英語)があります。Shopify POSのようなPOSシステムの中には、バーコードスキャナーの代わりに、お使いのタブレットやスマホのカメラから商品のバーコードを読み取れるものもあります。
                        • クレジットカード・デビットカード リーダー:デビットカードやクレジットカードを読み取る(英語)ハードウェア。読み取りにはスワイプ、タップ、EMVチップなどのいくつかの方法があります。顧客の銀行から代金を受け取るための支払い処理(英語)が必要になります。
                        • レシート用プリンター:必須ではないものの、あると便利なレシート用プリンター(英語)。Eメールで送信するレシートの代わりに、印字したレシートを提供したい時に役立ちます。
                        • ラベル用プリンター:顧客の配送先住所などを印刷する時に必要となるラベル用プリンター(英語)。POSを設定する際に組み込んでおけばいつでも使用が可能になります。
                        • 配送用はかり:顧客に商品を配送する際に必要となる配送用はかり(英語)。配送料を決めるための配送費用の算出に使います。

                        💡プロからのアドバイス:ポップアップショップなどの暫定的な小売拠点のためにハードウェアを購入する必要はありません。そんな時にはShopifyのハードウェア レンタル プログラムに申し込めば(英語)リスクなしで販売活動を始めることできます。

                        POS取引って何?

                        顧客が購入代金を支払い、取引が完了することを表す「POS取引」。現金をはじめ、クレジットカード、デビットカード、モバイルおよびスマホ支払い、ギフトカード(英語)、併用払いなど、小売店で買い物をするときに選択できる支払いオプション(英語)は数多くあります。POS取引を完了するには、暗証番号や署名を使っての承認が必要となります。

                        適切なPOSシステムの選び方

                        初めて小売店の出店を考えている人も、既存のPOSに不満を感じて切り替えを考えている人も、大切なのは現状のニーズに加えて、ブランドの成長やニーズの変化をサポートするのに適した小売用POSシステムを選別すること(英語)

                        POSシステムを初めて設定したり新しいものへ切り替えたりするのは、気が遠くなる作業のように感じる人もいるでしょう。オプション、仕様、比較レビューも限りなくあるので、どれを選べばいいかを調べるのも容易なことではありません。

                        適切なPOSソフトウェアを見つけるには多くの事前調査や比較検討が必要ですが、費やした労力への見返りにはそれだけの価値が必ずあります。そのため、まず現在のニーズを評価してから、オンラインと実店舗の両方で販売する予定かどうか、店舗数を増やしたいかどうかなど、将来的なことを考慮に入れるといいでしょう。

                        ビジネスを成功に導くPOSシステムを導入するためには、次のような機能が備わっていることを確認しましょう:

                        • 販売および支払い処理機能
                        • 柔軟性のある返品、交換、ショップクレジット機能(例:オンラインで購入した商品を店舗で返品するなど)
                        • 柔軟性のある支払い、購入、配送オプション
                        • リアルタイムでアップデートされる、全拠点にある在庫の状況や動向
                        • 顧客がいるあらゆる場所で販売を可能にする機能
                        • 優れた分析およびレポーティング機能
                        • 顧客プロフィール、注文履歴、ロイヤルティプログラムへの素早いアクセス
                        • 既存POSシステムの機能を拡張する安定性のあるアプリ統合機能
                        • ビジネスのテクノロジースタックとのスムーズな統合(例:マーケティング、会計、ソフトウェア等)

                        小売用POSシステムが持つべき機能とは?

                        上記のような主要機能の他にも、導入予定のPOSシステムに次のような機能が組み込まれているかを確認しましょう:

                        1. 統合された支払い処理
                        2. モバイル決済
                        3. マルチチャネルの在庫管理
                        4. スタッフ管理
                        5. 一元化されたレポーティングと分析
                        6. 注文のフルフィルメントに関する柔軟な選択肢
                        7. 複数店舗の管理
                        8. 顧客関係の管理
                        9. アプリとアドオン
                        10. 信頼できるサポート

                        1. 統合された支払い処理

                          第三者による支払い処理契約は、手続きが極めて複雑なことで知られています。クレジットカードの種類によって異なる不明瞭な手数料や隠れた料金をはじめ、長期におよぶ支払い期間や数年間解除不可の固定契約などのせいで、キャッシュフローの管理が必要以上に困難になってしまうことも多々あります。

                          そんな時に便利なのが、PCI基準に準拠した小売業者向け支払い処理機能が組み込まれたShopify POSShopify ペイメントと並行して使うことにより、事前交渉済みのより安価な手数料率をすべてのクレジットカード会社に対して適用できるようになります。

                          売上を伸ばすためには、クレジットカードやデビットカードをはじめ、ApplyPayやGooglePayなどの普及しているすべての支払い方法を提供することが必要となります。Shopifyによるシンプルなバックオフィスシステムを使えば、実店舗およびオンラインでの取引と、支払いの両方を簡単に追跡することが可能になります。

                          2. モバイルチェックアウト

                            顧客は支払いのために列に並んで待つのを嫌います。それを解決するには、支払いシステムを彼らの元に持っていけばいいのです。

                            そんな時に効果を発揮するのがモバイルPOS。顧客の元を離れることなく在庫状況を調べたり、販売/返品/交換処理をしたり、支払い処理をしたりすることができるシステムです。顧客がPOS端末のある場所に行き列に並ぶ代わりに、POS端末を彼らの元に持っていくという手法です。

                            これこそが現代の買い物客が求めている、手間のかからないカスタマーサービスの手本でしょう。購入プロセスでの面倒なやり取りが減るため、よりスムーズなショッピング体験を提供でき、結果として全体的な顧客満足度が向上するというわけです。

                            3. マルチチャネルの在庫管理

                              店舗にある在庫ならほとんどのPOSシステムで管理できますが、複数の店舗やネットショップ、倉庫などの異なるチャネルにある在庫管理を一度に行えるPOSシステムはほとんどありません。しかし運営する店舗数に関わらず、ビジネスを成功させるには効果的な在庫管理(英語)が不可欠です。

                              それを実現するためにも、一ヶ所からの在庫管理が可能な、在庫情報を一元化してくれるPOSシステムを選びましょう。そうすれば需要を満たすのに十分な在庫を仕入れる一方で、過剰在庫(英語)や在庫不足、そして過剰在庫に対する資本の無駄な投入を回避できるようになります。

                              4. スタッフの管理

                                小売業が成長するにつれてスタッフを雇う必要性も高まります。スタッフを雇えばより多くの顧客にサービスを提供できますが、店舗運営はより複雑化するのが一般的です。そこで、チームの成長に合わせてチーム管理ができるPOSシステムを導入することをおすすめします。少なくともスケジュール機能と簿記機能があるものを選ぶようにしてください。そうすることで、一日あたりの売上、平均取引金額、一取引あたりの平均単価など、各店舗にいるスタッフの業績を確認できるようになります。

                                なお、スタッフのアカウント数を制限するPOSシステムには注意が必要です。チームの成長を制限するものではなく、サポートしてくれるPOSシステムを導入するようにしてください。

                                💡プロからのアドバイス:Shopify POSを使えば、スタッフにさまざまな役割や権限(英語)を割り当てることに加えて、マネージャー不在時でもスタッフに作業制限(商品の価格変更、カスタム割引の適用など)をかけることが可能になります。

                                5. 一元化されたレポーティングと分析

                                  データやレポート機能は、そこからトレンドを見つけてチャンスを最大限に活かし、自信を持って意思決定をすることに役立ちます。お使いになるPOSシステムにも、在庫や収益情報をはじめ、売れ筋や低迷中の商品情報、顧客の購入履歴、そしてスタッフの業績を追跡できるようなデータやレポート機能が組み込まれているべきです。

                                  一般的なPOSデータには、物理的な取引が行われた販売時点で収集されたデータが含まれます。しかし実店舗とオンラインの両方で販売活動をしているブランドにとってはこれが問題になることがあります。マルチチャネルで販売しているブランドにとって、チャネルごとに分かれたデータは使い物になりません。そのようなデータでは、必要な情報に辿り着くまでに長時間の作業が必要となってしまうからです。

                                  その代わりにおすすめなのが、実店舗やネットショップのデータを1つの場所に統合してくれるShopify POSのようなシステム。各チャネルが他のチャネルにどのような影響をおよぼしているか、顧客がそれらのチャネルでどのように買い物をしているか、また実店舗がネットショップの収入にどんな影響をおよぼしているかなど、複数チャネルにわたっての全体像の把握に効果を発揮します。

                                  💡プロからのアドバイス:顧客データから在庫や売上情報に至るまで、ネットショップと小売店舗のデータを一つのバックオフィスに統合できるのはShopify POSだけ。わかりやすいレポート(英語)を見れば、トレンドをいち早く見つけてチャンスを最大限に活かし、ブランドの成長を促進することが可能になります。

                                  6. 注文フルフィルメントに関する柔軟な選択肢

                                    自分のしたいように買い物ができる柔軟性を望む現代の消費者。オンラインや実店舗だけでなくInstagramなどのSNSプラットフォーム(英語)でも、顧客が自らコントロールできるショッピング環境を提供し、彼らの期待感を満たしてブランドロイヤルティを構築する必要があります。

                                    Eコマースプラットフォームとの相性がいまいちのPOSシステムを選んでしまうと、「クリック&コレクト」やカーブサイドピックアップ(英語)などの柔軟性の高い配送オプションの提供が難しくなってしまう可能性があります。

                                    そのため、お使いのEコマースプラットフォームとスムーズに統合できるPOSシステムを選び、顧客が思うままに買い物を済ませて商品を受け取ることができるような環境を提供するようにしてください。

                                    7. 複数店舗の管理

                                      小売店のネットワークが拡大するに従い、それをサポートするPOSシステムが必要となります。そのため、複数拠点の在庫を管理し、各店舗における商品の仕入れ、転送、販売、返品、交換を随時アップデートできるPOSシステムを確保しましょう。

                                      また、各店舗の売上と利益を明確に把握する他にも、全店舗にわたる顧客データやスタッフ用アカウントを管理できるシステムをおすすめします。

                                      8. 顧客関係の管理

                                        POSシステムは、売上ごとに購入履歴、場所、日時、合計取引額などを記録してくれます。ただしそれ以外にも、「誰が購入したか」というデータも有力な情報となります。

                                        そこで顧客プロフィールを作成でき、彼らの連絡先や、オンラインと実店舗での購入履歴をまとめて表示することが可能なPOSシステムを選びましょう。これはEメールマーケティング(英語)を推し進めることに加えて、ロイヤルティプログラムの促進にも役立ちます。これらのサービスは、顧客維持、リピート購入、生涯価値の向上に効果を発揮するでしょう。

                                        9. アプリとアドオン

                                          POSシステムには元々多くの機能が組み込まれていますが、アプリやアドオンでその機能を拡張できれば、同じシステムからより多くのことが実行できて便宜性が高まります。

                                          Shopifyをご使用の方は、Shopifyアプリストアにある、信頼できるパートナーが作成した数多くのアプリの中からお好みのものを選ぶことができます。マーケティングやマーチャンダイジングから、配送や店舗デザイン(英語)に至るまで、さまざまなことに役立つアプリを見つけることができるでしょう。

                                          10. 信頼できるサポート

                                            どんなにわかりやすいPOSシステムを使用していても、次第に専門家の助けが必要になる時が来るはずです。そんな大事な時に「サポート体制が乏しくサービスを受けられない」という事態は避けたいものです。

                                            そのため、POSシステムを選ぶ際には、Eメール、チャット、電話にて24時間無料のカスタマーサポートが受けられるどうかを必ずチェックしてください。

                                            Shopifyをお使いであれば頼りになるサポートチームにお任せください。使い始めたばかりの方をはじめ、他のツールからShopify POSへ移行する方やスタッフトレーニングを希望する人に至るまで、Shopifyチームがあらゆる問題を解決すべく、皆さんのお手伝いをさせていただきます。

                                            POSシステムを切り替えるべきタイミングのサイン

                                            POSシステムを長期間お使いの方の中には、とりあえずは間に合っているものの、より現在のニーズや将来的展望に適した新たなシステムへの切り替えを考えている人もいるのではないでしょうか。

                                            ここでは、新しいPOSシステムに切り替えるべきタイミングが来た(英語)ことを知らせるサインのいくつかをご紹介します:

                                            1. 実店舗とオンラインの在庫管理が困難になってきた
                                            2. 顧客がオンラインギフトカードを実店舗で使えない、または実店舗のクーポンをオンラインで使えない
                                            3. カスタマイズに多くの技術リソースが必要になってきた
                                            4. 拡大中のチーム管理に問題が生じる
                                            5. POSハードウェアが非接触型の支払いに応じない
                                            6. POSソフトウェアとモバイルデバイスの互換性がない

                                            1. 実店舗とオンラインの在庫管理が困難になってきた

                                              SNSやネットショップなどのデジタルチャネルと実店舗との間で、シームレスに買い物ができることは今や必要不可欠です。そんなショッピング体験の構築に投資していないマーチャントは、絶好の収益機会を逃していると言っても過言ではありません。

                                              46,000人の買い物客を対象としたHarvard Business Review(英語)の調査によると、複数の販路で買い物をするオムニチャネル顧客は、単一チャネルの買い物客よりも多くのお金を費やすことが明らかになりました。よってオムニチャネル顧客は、マーチャントにとってより重要であることを意味しています。

                                              複数販路を利用する買い物客は、単一チャネルの買い物客と比べて、実店舗では4%、オンラインでは10%多くの金額を使うことがわかっています

                                              彼らがより多くのお金を使うのは、より計画的に熟考してから商品を購入するからでもあります。複数販路を使用する買い物客は、店舗に行く前に商品の事前調査をする傾向にあります。事実、店舗に行く前にオンラインで商品のことを調べた買い物客は、そうでない顧客と比べて最大で13%多くの金額を使うことがわかっています。

                                              このようなチャンスを活かすためにも、ネットショップに表示された在庫数と、店舗にある在庫数を正確に反映することが必須となります。買い物客は欠品商品への言い訳には聞く耳を持ちません。彼らが望むのは、次のようなシームレスな購入体験だということを覚えておきましょう: 

                                              • オンラインでリサーチ → 店舗で購入
                                              • オンラインで購入 → 店舗で受け取り
                                              • 店舗で商品をチェック → オンラインで購入
                                              • 店舗で購入 → 自宅に配送

                                              このようなショッピング体験を可能にするには、POSシステムで手元の在庫を素早く反映させると同時に、店舗と倉庫にある在庫数をネットショップにも反映させなければなりません。さらにネットショップで正確な在庫数を表示するには、オンラインおよび実店舗で商品が販売、返品、交換されるたびに、在庫数をリアルタイムで自動的に同期する必要があります。

                                              これは、複数のプラットフォームを使っているマーチャントにとっては至難の業となります。ネットショップ、倉庫、店舗にある在庫状況を正確に把握するには、時間のかかる在庫確認を頻繁に行わなければならないからです。

                                              商品を販売し保管するすべての場所において在庫を手作業で確認する作業は、かなり面倒であるとともに人為的ミスが起こりやすくなります。しかしすべての場所にある在庫状況が自動的に同期されれば、いつでも在庫量や在庫の在処が正確にわかるようになります。また、各商品の売り上げを把握し、業績に基づいた商品の仕入れができるようにもなるでしょう。

                                              そのように在庫情報を活用できるようになると、欠品を防ぎ、在庫を一つの場所から別の場所へと簡単に移動できるようになります。さらに全拠点における売上の全体像を一ヶ所から把握できるようにもなります。統合型コマースプラットフォームで機能するPOSシステムなら、そんな可能性を広げてくれるでしょう。

                                              Shopify POSに切り替えたファッションブランドのAssembly New York(英語)にも、そのような思惑があったといいます。

                                              「1ヶ所から管理できるものを、わざわざ2拠点からか行う必要はありません」と言うのは、Assemblyの店長であるアレ・ターヴァー氏。

                                              2つの異なるPOSを使いながらオンライン販売をしていたら、いつも在庫を照合しなくてはなりません。そんな手作業には多くの手間と時間がかかります

                                              Assembly New York、ストアマネージャー アレ・ターヴァー

                                              Assembly New York

                                              2. 顧客がオンラインギフトカードを実店舗で使えない、または実店舗のクーポンをオンラインで使えない

                                                最近ますます人気が高まっているギフトカード。実際、米国におけるギフトカードの市場価値は2019年に1億6,000万ドル(約196億円)、2024年までには2億2,100万ドル(約271億円)(英語)達すると予測されています。これは、ミレニアル世代によるギフトカード利用の増加に加えて、オンラインおよび実店舗で利用できるデジタルギフトカード(Eギフトカード)の需要の増加に一部起因しています。

                                                しかしPOSシステムの中にはギフトカードに対応していないものもあるため、顧客が不満を感じることもあるでしょう。そのため、使いたい時にいつでもギフトカードが使える、柔軟なPOSシステムを選ぶことをおすすめします。

                                                3. カスタマイズに多くの技術リソースが必要になってきた

                                                  POSの機能やワークフローを自らカスタマイズすることが可能なShopify POS。プログラミングの知識や高価なコンサルタントサービスは必要ありません。事業運営に必要なテクノロジースタックの構築に役立つ、シームレスにプラグインできるアプリはたくさんあります。さらに新しいサービスを構築して、新たな顧客体験を簡単に追加することもできるようになります。

                                                  「Shopifyのカスタマイズ可能なプラットフォームのおかげで、ブラジャーのフィッティングのために個人情報を入力して来店予約ができる“フィットセッシュ”というオンライン予約が可能になりました」と説明するのは、ランジェリーブランドLIVELY(英語)のCEO兼創設者であるミシェル・コーデイロ氏。今ではオンラインでフィッティング予約を入れた人たちが、顧客の30%を占めていると彼女は言います。

                                                  LIVELY

                                                  4. 拡大中のチーム管理に問題が生じる

                                                    小売業者にとって、スタッフの管理は最も時間のかかる作業の一つかもしれません。スタッフのスケジュール作成やパフォーマンスの監視から、各シフトへの適切な人員確保に至るまで、しなければならないことは実に数多くあります。そんな作業に適したPOSシステムがあれば、より効果的にスタッフのスケジュールや作業を管理することができるようになるでしょう。

                                                    例えば、POSシステムには特定期間に店舗で処理された取引数が表示されるべきです。そのデータを見れば、忙しい時間帯とそうでない時間帯を特定できるので、それに応じてスタッフのスケジュールを組むことができます。Shopify POSを使えば、Homebase(英語)ClockedIn(英語)などのアプリを通してタイムシートを取得したり、勤務時間の記録を素早く記録したりすることが可能になります。

                                                    また、スタッフごとのログインを簡単に作成できるPOSシステムは非常に便利です。ログインすると、それぞれの業務に必要なツールにのみアクセスができるように設定され、POSシステム内で行われた各スタッフの活動が記録されます。そうすることで、1日に何人の店員が勤務しているかを確認したり、レジでの業務を監視したりすることができるようになります。

                                                    さらに個別のスタッフログインを使用することによって、期待値を超えた業績をあげているスタッフに報酬を付与することも可能になります。最高売上を達成した店員の他に、売上目標(英語)を満たしていないスタッフを特定することにも役立ちます。

                                                    5. POSハードウェアが非接触型の支払いに応じない

                                                      ApplePayやGooglePayなどのサービスをはじめ、タップ決済機能に対応するクレジットカードなど、代金の支払いにスマホを使用する顧客がこれまでになく増えています。

                                                      マッキンゼー社の調査では、2020年に米国で現金を使用した決済がたったの28%(英語)であったことが明らかになりました。現金取引の割合は今後も継続して低下することが予測されています。

                                                      買い物客と小売業者の両者にとって、非接触型決済(英語)が便利なのは疑いようのない事実です。「タップ&ゴー」オプションがあれば、財布を家に置いてきてしまっても、スマホで支払いをすることが可能になります。マーチャントはスピーディーな非接触型決済を取り入れることにより、支払い手続きをより早く済ませ、よりしスムーズな決済を提供することができるようになるでしょう。

                                                      スピーディーな非接触型決済

                                                      デジタルウォレット決済に未対応のPOSハードウェアを使うのは、せっかくのチャンスを無駄にしているようなもの。ほとんどのPOSシステムでは現金やクレジットカードによる決済を受け付けていますが、近距離無線通信(NFC)やタップ決済(Apple Pay、Google Pay、タップ式のデビットカードやクレジットカードなど)をサポートしているのはまだまだ少ないようです。

                                                      しかも小売業者だけではこのような便利な決済オプションを提供することはできません。ただ銀行や決済サービスプロバイダーと取引をするとなると、何ページもある契約書に署名をし、法外な設定料を支払い、複雑な支払い手数料を理解しなければならないことを意味しています。

                                                      このような複雑なオプションへの対策を考えるよりも、より安価で予測可能な手数料を提供する、非接触型決済に対応したPOSシステムを探す方がいいかもしれません。

                                                      6. POSソフトウェアとモバイルデバイスの互換性がない

                                                        2021年に店舗でスマホ決済をした人は、米国にいる消費者の17%(英語)でした。モバイル決済に対応するマーチャントが増えれば、その数はより多くなるでしょう。

                                                        マッキンゼー社の調査によると、米国で常にスマホ決済を希望する消費者は28%(英語)であることがわかりました。米国でのモバイル決済取引額は1,820億ドル(約22兆5200億円)に上り、その数字は今後もさらに上昇する見込みです。そのため、モバイル決済を開始するには、スマホやタブレットなどのモバイルデバイスと互換性のあるPOSソフトウェアが必須となります。

                                                        ただし、すべてのPOSソフトウェアがモバイルデバイスに対応しているわけではありません。そのため、会計カウンター以外の場所でモバイル決済することが難しいものもあるでしょう。

                                                        モバイルPOS

                                                        購入拠点を自由に移動できる機能があれば、顧客のショッピング体験を大幅に改善することができるはず。ここからはモバイルPOS(POSソフトウェアがモバイルデバイスにインストールされている場合)の機能をいつくかご紹介します:

                                                        支払い時の揉めごとを減らし、スタッフへのプレッシャーを和らげる

                                                        「購入拠点での混雑を緩和すること」は、Shopifyの小売用キット(英語) のようなモバイルPOSハードウェアの最大の利点の1つです。持ち運び可能なPOSを使用すれば、店舗のどこからでも取引を処理できるため、カスタマーサービスの強化にもつながります。

                                                        支払いをするたびに退屈な列に並びたいと思う人は誰もいません。Forrester社の調査(英語)では、買い物客の32%が「より素早く支払いができるなら、長蛇の列を抜けて他の場所に行く」と回答しています。

                                                        スタッフが顧客とやり取りをしたり質問の受け答えをしたりする際に、サポート役を担ってくれるmPOS。POSシステムを備えたモバイルデバイスがあれば、倉庫に行くことなくその場で在庫状況を確認できるようになります。スタッフが常にレジにいる必要がないため、高いレベルのサービスを提供できるようになるでしょう。

                                                        問い合わせ内容を売上につなげる

                                                        固定式のPOSを使用していると、顧客は売り場のスタッフに商品に関する質問をし、購入時には別のスタッフとやり取りをすることになるでしょう。しかし店員一人ですべてのやり取りができれば、買い物客との関係性が強まり、より良いショッピング体験を提供できるようになります。また顧客の信頼感も高まるため、潜在的な売上の増加にもつながるでしょう(英語)

                                                        販売する時間や場所の柔軟性を高める

                                                        小売業者が店舗の域を超えて販売活動を行うには、コミュニティに参加する必要があるでしょう。顧客たちも、ポップアップショップやポップインストアをはじめ、フードトラックや公共のマーケットなど、実店舗以外の場所でブランドとやり取りするのを好みます。このようなイベントを最大限に活用するには、どこからでもシームレスに販売できる柔軟なPOSが必要になります。

                                                        顧客のメールアドレスを収集してペーパーレス化を図る

                                                        実店舗を運営する小売業者は、Eコマースショップのように顧客情報を収集する機会がほとんどありません。そこをしっかりとサポートしてくれるのがモバイルPOSシステムです。例えば、紙の領収書の代わりに、Eメールでの領収書の発行を顧客に奨めることができます。

                                                        そうして取得した情報は、モバイルPOSを介してカスタマイズされた顧客プロフィールに入力されます。Eメールアドレスがわかっていれば、店舗を出た後でも顧客に連絡を取ることが可能になります(しかも経費や資源の節約にもなるので一石二鳥です)。

                                                        店舗へ訪れる人たちの50%は、初めてブランドを目にする新規顧客です。POSがあれば連絡先を取得できるため、Eメールマーケティングやリターゲティング機能を活用して、オンラインで顧客にサービスを提供することが可能になります

                                                        LIVELY、ミシェル・コーデイロ・グラント

                                                        POSシステムプロバイダーに訊くべき質問

                                                        以下では、POSシステムを切り替える前に考慮すべき重要な質問を記しました:

                                                        • 店舗やオンラインで商品を販売、返品、交換するごとに、POSは在庫情報を自動的に同期していますか?
                                                        • 手作業の計算なしで、在庫の収益性や人気度を分析することは可能ですか?
                                                        • デジタルウォレット決済を受け付けることはできますか?
                                                        • プロバイダーは透明性のある支払い処理手数料を提供していますか?
                                                        • 取引率は低く設定されていますか?
                                                        • POSはiOSやAndroidのようなスマホおよびタブレットの両方と互換性がありますか?
                                                        • 実店舗ではオンラインギフトカードを使えますか?もしくは実店舗のギフトカードをオンラインで使えますか?
                                                        • オンラインと店舗の売上データを同じ場所で表示および比較することはできますか?
                                                        • 店員の売上データ(平均注文額、取引あたりの数量、総売上など)を監視することは可能ですか?
                                                        • 小売チームを拡大する際に役立つ、スタッフの役割や権限の作成は可能ですか?

                                                        「いいえ」の回答が多い場合には、既存システムをShopify POSに切り替えるべき時期だと考えていいでしょう。

                                                        小売業にベストなPOSソフトウェアとは?

                                                        すべての小売業には独自のニーズがあるため、ビジネスオーナーの皆さんはそのニーズに適したPOSを選ばなければなりません。オンラインや対面で販売活動を行うマーチャントの皆さんにとってベストなソリューションとなるべく、Shopifyでは必要とされるすべてのツールやレポート機能を1つのバックオフィスに統合したShopify POSの開発に全力を尽くしています。

                                                        Shopify POS Proは、顧客がいるあらゆる場所で販売を希望する小売業者の皆さんに最も適したPOSシステムです。オンラインと実店舗の在庫を同じ場所で管理できることに加えて、店舗とオンラインのデータを統合するレポート機能を多数備えています。さらに、スタッフのアカウント数や登録数は無制限で、スタッフの役割や権限を作成するカスタマイズ機能や、他のPOSシステムにはないオムニチャネル販売機能(英語)も備えています。

                                                        Shopify上で運営されるネットショップとシームレスに統合されるShopify POS。オムニチャネルでの販売活動を目指すなら、複雑な次善策や信頼性の低いカスタマイズ機能を避けながら目標を達成できるShopify POSが最良のソリューションであると言えるでしょう。

                                                        Shopify POSは、オンライン取引を通して実店舗でのショッピング体験に良い影響をおよぼします。顧客の購買行動をより良く把握できるため、彼らの好みを反映してブランド体験を改善するのに役立ちます

                                                        Kowtow、創設者兼クリエイティブディレクター ゴーシア・ピアテック

                                                        📚 詳しくはこちらをご覧ください:ShopifyPOSでチャネルを統合し、Kowtowが店舗売上を30%伸ばした方法(英語)

                                                        POSシステムの購入方法

                                                        適切なPOSを見つけるために最も重要となるのがデューデリジェンスの実施です。フルタイムで事業を運営している場合には、ニーズの評価や選択肢の調査、そして今後の方向性の計画に時間を割くのは難しいかもしれません。

                                                        とはいえ、POSシステムを調査してオプションを試し、現在そして将来の成功に向けてビジネスを最適な場所に位置付けるためには、知識に基づいた判断をすることが大切です。ここでは、それを確実にするための方法をいくつか紹介していきます:

                                                        ネットワークからアドバイスをもらう

                                                        最も効果的なのは、社内でも外部でも、信頼している人からアドバイスをもらうこと。例えば、経験豊富な従業員が優れたアドバイスをしてくれるかもしれません。彼らはビジネスの一部始終を熟知しているだけでなく、現在実際にPOSを使って顧客と日々のやり取りをしている人たちです。POSシステムの長所と短所もしっかりと把握しているので、次に必要となる機能は何かなど、貴重なフィードバックを提供してくれるでしょう。

                                                        または、小売業界やPOSシステムの経験が豊富な社外の人にアドバイスをお願いしてもいいかもしれません。これにはコンサルタントや他のマーチャント、そして小売業者を定期的にサポートする代理店(英語)などが含まれます。

                                                        レビューサイトをチェックする

                                                        他の企業が特定のPOSをどのように使用しているかを知るには、レビューサイトをチェックするのがおすすめです。いくつかの競合しているPOSシステムを比較すると、他の小売業者が実際に感じてきた利点や制約を理解することができるでしょう。

                                                        ビジネス向けのテクノロジーやツールをチェックするのにおすすめのウェブサイトは以下の通りです:

                                                        事例を読む

                                                        POSシステムが事業の成功にどのような効果を発揮しているかについては、POSプロバイダーが公開している事例をチェックすることをおすすめします。事例の中では、POSがいかに優れた業績をもたらしてくれたかなど、さまざまなサクセスストーリーの考察が提供されています。

                                                        Shopify POSの導入を検討されている方は、以下のサクセスストーリーをぜひ参考にしてください: 

                                                        無料トライアルを試してみる

                                                        POSシステムプロバイダーが購入前のトライアルを提供している場合には、必ずそれを試しましょう。無料トライアルを受けることは、それがビジネスのニーズを満たすものかどうかを判断することに役立ちます。サービス料を支払い始める前に、システムの機能性や使いやすさを試して、彼らのカスタマーサービスの質を見極めることができるはずです。

                                                        無料トライアルを提供していないものには注意が必要です。そのようなシステムは、おそらく自分で使い方を習得するのが難しいものでしょう。カスタマーサポートとの頻繁なやり取りに終始し、ビジネスに集中できなくなってしまうのでは困ります。

                                                        契約の最低要件を確認する

                                                        POSシステムの中には、一定期間の使用を条件とする契約もあります。そのため、契約の最低要件には注意が必要です。そのような制約に縛られて、ビジネスに適さないソフトウェアを使用しなければならない状況に陥ってしまうのは避けたいものです。

                                                        そんな時にも、Shopify POSのような契約不要で柔軟性に優れたPOSソフトウェアを選択することをおすすめします。

                                                        実際に使用されているところをチェックする

                                                        ビジネスに適したPOSを見つけるための最終ステップとして、自らショッピングに出向くことをおすすめします。憧れの小売店を訪れ、彼らがどんなPOSシステムを使っているかをチェックし、顧客の目線からどのように感じるかを体験してみましょう。そして店員に使用中のPOSシステムの好きな点とそうでない点を尋ねてみてもいいかもしれません。そうして得る率直な意見は、自分のビジネスに適したPOSシステムを判別する際に役立つでしょう。

                                                        小売ビジネスの使命を管理するPOSシステム

                                                        一連のPOSソフトウェア、POSハードウェア、POSシステムのことを詳しく理解できたところで、いよいよご自分のビジネスに適したものを選ぶ時がやってきました。

                                                        実店舗を開く前にポップアップを試してみる方をはじめ、店舗の開店準備をしている方や、既に複数の店舗を持つ経験豊富なマーチャントに至るまで、Shopify POSはさまざまなツールや機能とともにビジネスを成功に導きます。

                                                        オンラインと実店舗の両方で買い物をする顧客が増える昨今では、無理な対策を講じるよりも、そのような購買行動をサポートしてくれるPOSシステムを選ぶことが大切です。コマースの未来はオムニチャネルにあります。顧客がどこにいても販売ができるように、Shopifyを導入して成功を収めてみませんか。

                                                        原文:Sebastien Rankin 翻訳:クリンカース恵子

                                                        POSシステムに関するよくある質問

                                                        POSシステムの使用目的は?

                                                        POSシステムは、商品と引き換えに顧客から代金を受け取り、それぞれの売上を追跡できるようにするものです。実店舗、オンライン、またはその両方から販売するかどうかによってPOSの設定は異なってきます。Shopifyを使用している方なら、初店舗を出店する際にShopify管理画面からハードウェアを注文することができます。

                                                        POSシステムの意義とは?

                                                        「Point of Sale(POS/販売時点)」とは、顧客が代金を商品やサービスとを交換する場所のことを示します。またPOSシステムとは、マーチャントが取引を処理して支払いを受け付けるためのテクノロジーのことです。支払い処理は現金、クレジットカード、デビットカード、ギフトカード、またはApplePayやGooglePayなどのモバイルウォレットで行うことができます。POSシステムをインストールしたタブレットやスマホなどのモバイルデバイスを使用する前は、店舗のレジを示すために使用されていた用語でした。

                                                        POSシステムが備える機能とは?

                                                        一般的に小売用POSシステムにはソフトウェアとハードウェアの両方が含まれています。POSソフトウェアがインストールされたスマホやタブレットなどのモバイルデバイスがPOSシステムとして機能します。またほとんどのPOSシステムには、レジ、レシートプリンター、バーコードスキャナー、カードリーダーなどのハードウェアも含まれています。

                                                        POSシステムの例は?

                                                        Shopify POSはPOSシステムの一例です。このシステムを使うことで、マーチャントは自身の小売店で決済処理を行い、代金と引き換えに商品やサービスを販売することができます。取引が完了すると、マーチャントは取引の証として顧客にレシートを渡します。

                                                        POSはどんなソフトウェアなの?

                                                        POSソフトウェアとは、実店舗を持つ小売業者が対面販売を行う際に使うシステムのことで、商品を入力してコストを集計し、決済を完了するレジやコンピュータ、またはタブレットなどを示します。

                                                        POSシステムを導入するにはいくらかかるの

                                                        POSシステムの費用(英語)は運営している店舗数や使いたい機能によって異なります。ポップアップストアで決済システムが必要な場合には、「Shopify POS Lite」サービスを無料で使用することができます。複数の販売拠点があり、より高度なニーズを満たしたい場合には、一拠点・一月あたり89ドル(約11,000円)から使用可能な「Shopify POS Pro」がおすすめです。

                                                        ネットショップを開設しよう!

                                                        14日間のShopify無料トライアルはこちら

                                                        トピック: