2022年版:TikTokのマーケティングに欠かせない統計データ15選

『TikTok』 (ティックトック、旧『musical.ly』) は中国発のアプリで、近年では避けて通れないものになっています。Bytedanceが親会社になり、ソーシャルメディアアプリとしては世界最速で高成長を遂げています。こちらの記事では、2022年版のTikTok利用動向データを分かりやすくご紹介します。TikTokマーケティングガイドとして是非ご参考ください。

TikTokの利用者数や属性を知ることで、効果的で成功をもたらすマーケティングを行えます。

以下、ビジネスに必要な、いま知っておくべきTikTok利用動向データをお役立てください。

TikTok利用者データ

1. TikTokの利用者数は?

TikTokの利用者数

2021年9月、TikTokはアクティブユーザーの世界総数が10億人を突破したことを発表 (英語) しました。ソーシャルネットワークサービスとしても屈指の快挙であるだけではなく、4.9年での達成も異例です。

ソーシャルメディアの覇者であるFacebookでも、利用者数の10億人突破まで8.7年かかっています。TikTokに匹敵するのはFacebook Messengerのみで、TikTokをわずかにしのぐペース (4.9年) で10億人を突破しました。

TikTokの成長は前代未聞で、数字がそれを物語っています。2018年1月の開設当初でも、利用者は5500万人に達していました。さらに、その利用者数を4年間で18倍以上に伸ばしたことになります。

2. TikTokはどの世代に人気?

上記の利用者数に加え、利用者属性をつかんでTikTokマーケティングに生かしましょう。TikTokがZ世代に人気なのは当然として、Z世代のTikTok利用者数はどのくらいでしょうか。

直近のデータでは、3億8660万人が18歳から24歳の世代で、世界のTikTok利用者全体の43.7%を占めています。この世代がTikTokを最も多く利用しています。

2番目に多い世代は、ミレニアル世代の中心となる25歳から34歳です。利用者数は2億8200万人で、全体の31.9%となります。

以下のように、年長になるほどTikTok利用率が下がっていくことも、データが示しています。

TikTok利用者世代分布

  • 18〜24歳: 3億8660万人 (43.7%)
  • 25〜34歳: 2億8200万人 (31.9%)
  • 35〜44歳: 1億1550万人 (13%)
  • 45〜54歳: 5710万人 (6.4%)
  • 55歳以上: 3050万人 (3.4%)

日本のTikTok利用者も、10代が最も多く全体の24.4%、20代は23.8%、30代は17.3%、40代は14.1%、50代は10.7%、60代は9.4%と、若年層の利用率が高くなっています (コンテンツビジネスラボ『コンテンツファン消費行動調査 2021年度版』より) 。

3. TikTok利用者の男女比は?

TikTok利用者の男女比

男女比では、世界的に女性が男性よりも多くTikTokを利用しています。世界の利用者全体の57%が女性、43%が男性です。

データをふまえてTikTok広告を作成するには、あなたのビジネスの客層 (英語) となるTikTok利用者について把握しておきたいところです。日本では女性55.9%・男性44.1%となります (総務省『令和2年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査』より) 。アメリカでは女性62.1%・男性37.9%、イギリスでは女性59.7%・男性40.3%です。

4. TikTok利用者の多い国は?

TikTok利用者は世界で10億人です。いくつもの大陸や国々で利用されているわけですが、利用者が最も多いのはどの地域でしょうか。

直近のデータでは、東南アジアが最多で2億2680万人、北米が2番目に多く1億4220万人、南米が1億1980万人と続いています。

国別では、アメリカが利用者数最多となり、1億3100万人で全体の10%以上を占めています。利用者数の上位国は以下のとおりです。

1位 アメリカ: 1億3100万人

2位 インドネシア: 9210万人

3位 ブラジル: 7410万人

4位 ロシア: 5490万人

5位 メキシコ: 4600万人

日本の月間アクティブユーザー数は、2019年時点で950万人と公表されています。

TikTok普及状況データ

5. TikTokのダウンロード数は?

TikTokのダウンロード数

TikTokのダウンロード数は、2021年1月時点で35億回を突破しました。2021年に最も多くダウンロードされたアプリで、Meta社製以外のアプリとしては初めてとなる、35億ダウンロードを突破した5番目のアプリです。

35億ダウンロードにとどまらず、四半期では9期連続で1,000万ダウンロードを超え、2018年の第1期からダウンロードチャートの首位に君臨し続けています。

6. TikTokの普及度は?

上述のように、TikTokの世界的な普及はデータが示していますが、他のソーシャルメディアとの比較はどうでしょうか。

世界のアクティブユーザー数ランキングでは、TikTokは現在世界6位です。利用者数上位のソーシャルメディアは以下のとおりです。

1位 Facebook: 29億人

2位 YouTube: 26億人

3位 WhatsApp: 20億人

4位 Instagram: 15億人

5位 WeChat: 13億人

6位 TikTok: 10億人

ただし、TikTokのアクティブユーザーは今年度に15億人を突破すると見られ、トップ5入りも時間の問題でしょう。

総務省の調査によると、日本のTikTok利用者は国民全体の17.3%で、日本で6番目に普及しているソーシャルメディアです。令和2年度の日本のソーシャルメディア利用率ランキングは以下のとおりです。

1位 LINE: 利用率90.3%

2位 YouTube: 85.2%

3位 Twitter: 42.3%

3位 Instagram: 42.3%

5位 Facebook: 31.9%

6位 TikTok: 17.3%

7位 ニコニコ動画: 14.5%

8位 Mobage: 2.7%

9位 mixi: 2.3%

10位 Snapchat: 1.5%

7. TikTokの利用時間は?

TikTokの利用時間

2021年の調査によると、日本のTikTok利用者で1日の利用時間が最も多い10代は、1日平均16分TikTokを利用しています。20代は13.9分、30代は5.4分、40代は4.2分、50代は11.1分で、30代以降の世代で前年度よりも増加しています。利用率は各世代で前年度を上回っています。

TikTok利用者最多国であるアメリカのユーザーの2022年の利用時間は、1日平均38分と見込まれています。Twitterは35分、Facebookは31分で、アメリカの成人が1日に30分以上利用するのは、これら3つのソーシャルメディアのみです。

アメリカにおいて、TikTokは利用時間で今年度も首位となりますが、2021年より利用時間が2分短くなりました。これには、今年に入ってコロナ禍の影響が薄れていることが起因しているでしょう。

8. TikTokの商用利用は?

新興サービスながら、Facebook、Instagram、YouTubeといったソーシャルメディアの巨人たちのなかで健闘しているTikTokですが、2022年には事業者の利用増加ペースで史上最速となると見られています。

今年度の事業者利用は40%増の見込みで、対するInstagramは32%増、YouTubeは29%増となっています。ソーシャルメディア全体の今年の潮流として、短い動画コンテンツが席巻しているためでしょう。

9. TikTokは購入につながる?

TikTokでの収益化を図るなら、こちらのTikTokデータに留意してください。

ソーシャルメディアを通じて商品を購入する消費者のうち、20.6%がTikTokから常時購入しています。ソーシャルメディア経由の購入ではTikTokが最多となり、対するYouTubeは16.6%、Instagramは16.4%です。

さらには、実に67%のTikTok利用者が、購入予定はなくても、TikTokを見て商品を買いたくなると答えています。

このように、TikTokの消費者への影響力は多大です。販促ツールも豊富で、たとえばShopifyのTikTokアプリでは、事業者やビジネスオーナーがブランドプロフィールに購入タブを追加できたり、商品ページにリンクもできます。設定も簡単です。

10. TikTokの売上高は?

TikTokの売上高

上述のように、TikTokの世界的な普及やアクティブユーザー数を見れば、TikTokの売上高が数千億でも驚かないでしょう。

直近のデータでは、今年度のTikTokの広告収益は3倍増となり、売上高は12億ドル (1ドル=120円換算で1兆4,400億円) 近くに上ります。TikTokの広告収益は全世界のネット広告収益の1.9%を占め、出稿者の過半数はアメリカの企業と見られています。

これはTikTokが事業者への営業に力を入れてきた成果です。TikTokは年々、広告サービスを拡充させ、事業者のTikTok導入を促進しています。

TikTokの広告収益はこの先の数年も増加が見込まれ、2024年には2022年の2倍となる23.58億ドル (2兆8,296億円) と予想されています。

TikTokインフルエンサーデータ

11. TikTokのインフルエンサー数は?

ビジネス戦略の一環でインフルエンサーマーケティング (英語) を推進するには、TikTokは外せないプラットフォームのひとつです。

直近のデータでは、TikTokには5万人のインフルエンサー (フォロワー千人以上) が存在しています。TikTokにおけるインフルエンサーのフォロワー数の分布は以下のとおりです。

  • 千〜1万人: 15%
  • 1万〜5万人: 16%
  • 5万〜50万人: 29%
  • 50万〜100万人: 4%
  • 100万人以上: 36%

12. TikTokのエンゲージメント率は?

TikTokのエンゲージメント率

フォロワー数を知れば、「メガインフルエンサー」 (フォロワー100万人以上) にコラボレーションを依頼したくなりますが、直近のデータでは、エンゲージメントを重視するのであれば得策ではありません。

TikTokのメガインフルエンサーの平均エンゲージメント率は4.96%で、Instagramの1.21%やYoutubeの0.37%よりもかなり高くなっています。

ところが、TikTokのメガインフルエンサーは、TikTokの他のインフルエンサーよりもエンゲージメント率が低いのです。フォロワー50万〜100万人までのインフルエンサーのエンゲージメント率は6.2%で、10万〜50万人までのインフルエンサーのエンゲージメント率はさらに高く6.67%です。

エンゲージメント率が最も高いのはフォロワー1万5千人以下のインフルエンサーで、17.96%です。

13. TikTokをインフルエンサーマーケティングに使う

    TikTokインフルエンサーのとてつもないフォロワー数を考えると、インフルエンサーマーケティングが2番目に多いソーシャルメディアであることも頷けます。

    2021年には、インフルエンサーマーケティング (英語) にTikTokを使うブランドが45%で、利用率68%のInstagramに追随しています。これは目覚ましい変化で、1年前にはインフルエンサーマーケティングにTikTokを採用する企業も少なく、推奨する識者もいませんでした。

    14. TikTokで人気のハッシュタグ

    TikTokで人気のハッシュタグ

    Twitter、Instagram、Facebookでも、SNSにはハッシュタグが欠かせないもので、ハッシュタグを広めることがSNSの特徴でもあります。TikTokも例外ではありません。

    ハッシュタグを投稿に使うと、閲覧数が伸び、検索からも見てもらえるようになり、ブランドの知名度を高められます。2021年の上位100位までのTikTokのハッシュタグは、実に2,500万の投稿で使われているのです。

    TikTokハッシュタグの人気には移り変わりがあり、トレンドの旬にもよりますが、下記のように不動の人気を誇る上位ハッシュタグもあります。各再生数もご確認ください。

    • #fyp (For You page): 23兆回
    • #foryoupage: 10兆回
    • #duet: 3兆回
    • #trending: 2兆回
    • #tiktokchallenge: 160億回

    15. TikTokの人気ユーザー

      TikTokでのマーケティングに注力するには、成功例を見て検討したいところです。まずは、TikTokの10億人の利用者がフォローしている主なユーザーを見てみましょう。

      直近のデータでは、18歳のCharli D'Amelioさん (アメリカ人ダンサー) がTikTokのトップインフルエンサーで、フォロワー数は1億4,070万人です。D'Amelioさんは5,000万フォロワーを初めて達成したTikTokerで、7ヶ月で5000万人を突破しました。

      2位はKhaby Lameさん (イタリア在住のセネガル人) で、フォロワー数は1億3,840万人です。トップ5のフォロワー数は以下のとおりです。

      1位 Charli D’Amelioさん: 1億4,070万人

      2位 Khaby Lameさん: 1億3,840万人

      3位 Bella Poarchさん: 8,960万人

      4位 Addison Raeさん: 8,760万人

      5位 Will Smithさん: 7,210万人

      TikTok利用動向データ・よくある質問

      TikTok利用動向データ

      以上のデータがみなさまのTikTokでの販促に活用されましたら幸いです。TikTokには大いなるポテンシャルがあります。TikTokの導入 (英語) にいち早く取り組めば、TikTokがあなたのビジネスにもたらすものも大きくなります。

      【2022年度版】TikTok利用動向データ・よくある質問

      TikTok利用者数は?

      全世界では2021年時点で10億人、日本では2019年時点で950万人です。

      TikTok利用者はどの世代が多い?

      18〜24歳の世代が多く、全体の43.7%を占めています。

      TikTok利用者の男女比は?

      全世界では57%が女性で、日本では女性55.9%・男性44.1%です。

      TikTok利用者の多い地域、国は?

      東南アジアが最多で、利用者数は2億2680万人です。国別ではアメリカが最多となり、1億3100万人で全体の10%以上を占めています。

      TikTokのダウンロード数は?

      2021年時点で35億を突破しています。

      TikTokの普及度は?

      アクティブユーザー数では全世界で第6位、日本でも第6位 (利用率17.3%) のソーシャルメディアです。

      TikTokの利用時間は?

      2021年の調査によると、日本のTikTok利用者で1日の利用時間が最も多い10代は、1日平均16分TikTokを利用しています。20代は13.9分、30代は5.4分、40代は4.2分、50代は11.1分で、30代以降の世代で前年度よりも増加し、利用率は各世代で前年度を上回っています。TikTok利用者最多国のアメリカでは、今年度の試算で1日平均38分です。

      TikTokの商用利用は?

      今年度は全世界で40%増の見込みです。

      TikTokは購入につながる?

      ソーシャルメディアを通じて商品を購入する消費者のうち、20.6%がTikTokから常時購入しています。

      TikTokの売上高は?

      今年度の売上高は12億ドル (1ドル=120円換算で1兆4,400億円) の見込みです。

      TikTokのインフルエンサー数は?

      フォロワー千人以上の利用者は5万人です。

      TikTokインフルエンサーのエンゲージメント率は?

      エンゲージメント率が最も高いのはフォロワー1万5千人以下のインフルエンサーで、17.96%です。

      TikTokのインフルエンサーマーケティング利用率は?

      2021年時点で、インフルエンサーマーケティングを行うブランドの45%がTikTokを採用しています。

      TikTokで人気のハッシュタグは?

      上位のハッシュタグは、#fyp (For You page): 再生数23兆回、#foryoupage: 10兆回、#duet: 3兆回、#trending: 2兆回、#tiktokchallenge: 160億回 などです。

      TikTokの人気ユーザーは?

      18歳のCharli D'Amelioさん (アメリカ人ダンサー) がTikTokのトップインフルエンサーで、フォロワー数は1億4,070万人です。トップ5は、フォロワー数2位Khaby Lameさん (1億3,840万人) 、3位Bella Poarchさん (8,960万人) 、4位Addison Raeさん (8,760万人) 、5位Will Smithさん (7,210万人) です。

      原文:Ying Lin 翻訳:Midori Aoi


      ネットショップを開設しよう!

      14日間のShopify無料トライアルはこちら

      トピック: