今日からShopify で販売を開始しよう

Shopifyを無料で試して、ビジネスの開始、運営、成長の為に必要なすべてのツールとサービスを体験しましょう。

ノートパソコンで小規模ビジネス向けローンの申し込みを行っている女性。

3PL(サードパーティ・ロジスティクス)とは?3PLの意味と導入メリット

物流業務を行うには、荷物を運ぶための車両やドライバーだけでなく、荷物を保管するための倉庫や、物流を管理するシステムなども必要です。自社でこれらを用意して維持しようとすると、膨大なコストや手間がかかります。

このような問題を解決するのが、物流業務を第三者に委託することで物流にかかるコストを削減できる「3PL(サードパーティ・ロジスティクス)」という選択肢です。

この記事では、3PLとは何か、その仕組みやメリット、サービスの種類をわかりやすく解説します。

目次

3PLとは?

3plに業務を委託している倉庫

3PL(スリーピーエル)とは、サードパーティ・ロジスティクスの略で、荷物の輸送などの物流業務を、専門のノウハウを持つ第三者に委託する業務形態のことです。

物流を委託された業者は、材料の調達に関わる物流や工場内の物流、在庫管理や輸配送管理に加えて、荷主に効率の良い物流戦略の企画や物流システムの構築を提案するなど、全面的に物流業務を請け負います。

3PLのメリット

荷物を運んでいる3pl業者

3PLのメリットは、以下の2つが挙げられます。

リソースを最適化できる

物流業務を3PL業者に委託すると、これまで物流業務に関わっていた人や資金などを別の業務に割り当てるなど、リソースの最適化が可能です。また、専門的なノウハウを持った業者にアウトソーシングできるので、自社でゼロからノウハウを積み上げて体制を構築する必要がありません。限りある人的資源や設備を有効活用できます。

固定費を削減できる

3PLの導入により、自社で物流業務を行うために必要な車両や倉庫、ドライバーといった固定費用が削減できます。3PL業者に委託することで固定でかかっていた費用を変動費に変えることができ、荷物量に応じた利用料や人件費を支払うことになるため、物流コストを削減できるでしょう。

3PLサービスの種類

3plのサービスの種類

3PLのサービスは、アセット型とノンアセット型という2つのタイプに分けられます。それぞれの特徴を解説します。

アセット型

アセット型は、車両や倉庫など、物流業務に必要な資産を3PL業者自身が保有して運用を行う業務形態です。物流業務の改善やドライバーの教育なども自社で行うため、サービスが向上でき信頼関係を築きやすいというメリットがあります。

ノンアセット型

ノンアセット型は、輸送手段や倉庫などを3PL業者自身が保有せず、輸送業者や倉庫業者と提携して、荷主のニーズに対応する業務形態です。たとえば輸送はA社で倉庫はB社というように、荷主の規模やコスト感に合わせて柔軟なサービスを提供することが可能です。

まとめ

物流業界では、物流業務を委託できる3PLサービスの活用が普及しています。物流業務を3PL業者に委託すると、本来取り組むべき業務にリソースを集中できます。さらに、物流業務にかかる固定費が削減できるので、他の事業に取り組むチャンスも高まります。


倉庫管理スタッフやドライバーの人手不足、物流にかかるコスト削減などにお悩みの場合は、3PLサービスを活用することで、物流業務を効果的に改善できるでしょう。

「3PL」に関するよくある質問

3PLの意味は?

3PLとはサードパーティーロジスティクスの略で、荷物の輸送や在庫管理などの物流業務を自社で担わず、専門のノウハウを持つ第三者に委託する業務形態のことです。

3PLの読み方は?

3PLは、「スリーピーエル」や「さんピーエル」と読みます。

3PLは何の略?

3PLは、サードパーティーロジスティクス(3rd Party Logistics)の略です。

コントラクトロジスティクスと3PLの違いは?

Aコントラクトロジスティクスと3PLの違いは、その業務範囲にあります。3PLは、荷主に代わって、物流戦略の企画や立案、物流システムの構築を提案して包括的に請け負う物流サービスです。一方、コントラクトロジスティクスは、長期的に契約して荷物の輸送や保管、管理などの物流業務を請け負います。つまり、コントラクトロジスティクスは3PLの物流の業務だけを請け負うサービスです。

3PLのメリットは?

3PLサービスを活用して物流業務を委託すると、人や物などの経営資源を商品開発や営業など、会社運営のコアとなる業務に集中できます。物流業務を3PLサービスでアウトソーシングすると、全体的な生産性が向上し、事業を成長させるきっかけになるでしょう。

トピック: