ShopifyとQuickBooksの比較

ShopifyとQuickBooksの違い

維持することが大変な肥大化したソフトウェアに妥協しないでください。急速に変化する小売環境に対応できるよう設計された、ShopifyのPOSを選択しましょう。

Shopify POSとQuickBooksの比較

ShopifyとQuickBooksの機能比較表

主な機能

QuickBooks

Shopify POS Pro

無制限の販売件数 いいえ はい
店舗受取 いいえ はい
ローカルデリバリー いいえ はい
オンラインで購入した商品を店舗で交換 いいえ はい
オンラインで購入した商品を店舗で返品 いいえ はい
オンラインと実店舗での顧客注文履歴の統合 いいえ はい
オンラインでも実店舗でも使えるギフトカード いいえ はい
オンラインと実店舗での無制限のSKU いいえ はい
スタッフの権限のカスタマイズ はい はい
実店舗とオンラインでの在庫データの完全同期 有料の統合機能により可能 はい
実店舗とオンラインの決済 いいえ はい
無制限の販売チャネル いいえ はい
Eコマース 有料の統合機能により可能 はい
ウェブサイトビルダー いいえ はい
SNSでの販売 有料の統合機能により可能 はい
オンラインマーケットプレイスでの販売 有料の統合機能により可能 はい
アプリの統合 いいえ はい
ロイヤリティプログラムの統合 はい はい
組み込みのマーケティングプラットフォーム いいえ はい
24時間体制のサポート いいえ 24時間体制 (英語)

2021年6月年時点で日本で利用可能な機能に基づく

QuickBooksと比較して、Shopifyだからこそ提供できる10のメリット

高額な前払い料金なし

Shopifyなら、月額わずか29ドルから利用を開始できます。QuickBooksの場合、前払いで1,200ドル以上のソフトウェアを購入する必要がありますが、利用を中止したり、古い機能を使用したりすることになる可能性があります。

柔軟なプラン各種

急速に拡大するビジネスには成長を支援するパートナーが必要です。Shopifyなら月額29ドルから利用を始めることができ、いつでもアップグレードできます。QuickBooksでアップグレードする場合、さらに一括で高額の投資をする必要があります。

実店舗とオンラインの決済

ShopifyとQuickBooksを比較すると、いずれも決済を受け付ける機能がありますが、Shopifyではオンラインと実店舗の販売に同じ決済処理サービスを使用できます。これにより、財務状況をすべて1か所で管理することができます。

使いやすいギフトカード

QuickBooksでは、ギフトカードを販売するために追加料金を支払う必要があります。さらにギフトカードは、販売されたロケーションでしか利用できません。Shopifyでは、実店舗やオンラインで利用できる物理的またはデジタルのギフトカードを販売できます。

店舗受取

Shopifyでは、お客様が店舗に来店する前に在庫状況をチェックできます。また、オンラインで購入した場合、チェックアウト時に店舗受取または配達を選択できます。QuickBooksでは、地域での販売に対応する機能は提供していません。

無制限の販売チャネル

プランに応じてチャネルに制限があるQuickBooksとは異なり、Shopifyではプランを問わず各種販売チャネルへ無制限にアクセスできます。Facebook、Instagram、Amazon、eBay、TikTokなどに管理画面を通じてアクセスできます。

Eコマース込み

QuickBooks POSをEコマースと統合するには、サードパーティのプラットフォームを使用する必要があります。また、すでに支払っているQuickBooksの料金に加えて、Eコマースプランのサブスクリプションにも登録する必要があります。ShopifyならEコマースも含まれています。

無制限のオンライン注文

QuickBooksのEコマースプランには、プランごとにオンラインで受付可能な注文数に制限があります。Shopifyではプランを問わず無制限に注文を受け付けることができるため、予期せず買い物客が急増しても、慌てずに対応できます。

強力な在庫管理機能

Shopifyではアイテムが再入荷、販売、在庫転送、返品された際に実店舗とオンラインの在庫が同期されます。このように常に最新情報を表示できることで、どのロケーションでも売り越しになるリスクはありません。

組み込みのマーケティング機能

QuickBooksとは異なり、Shopifyのマーケティングツールとお客様プロフィールはオンラインと実店舗をまたいで購入情報が同期されます。そのため、カスタマイズしたメールキャンペーンの作成やリピート購入の促進、広告の作成をすべてShopifyで行うことができます。

多くのビジネスオーナーがQuickBooksではなくShopifyを選ぶ理由

成長をコントロールできる

QuickBooksは高額の前払いによる購入が必要となります。また、ソフトウェアが更新されるたびに作り直しが必要になり、ビジネスを変更しなければなりません。Shopify POSなら大きな投資は必要なくチャンスをつかむことができます。制約なしに新しいロケーションを追加し、さまざまな販売チャネルを試すことができます。

より優れたショッピング体験を提供できる

Shopifyでは、実店舗とオンラインのロケーション全体で在庫とお客様プロフィールが同期されます。そのため、お客様はオンラインで購入して店舗で受け取る、または店舗で購入して自宅に配送してもらうことができます。また、オンラインで購入した商品についてどの小売店でも返品・交換を受け付けることができます。

いつでもどこでも販売できる

Shopifyでは、新店舗の開設はもちろん、SNSで販売してInstagramのフォロワーをお客様に変えたり、eBayやEtsyなどのマーケットプレイスで商品を出品することができます。QuickBooksでは、2つ以上のロケーションを持つには一番高額なプランに申し込む必要があるうえ、Eコマースプランによって利用できる販売チャネルの数は制限されます。

お客様との関係を強化できる

お客様がどのロケーションから購入したとしても、Shopify POSを使えばすべての購入情報を1つのお客様プロフィールに関連づけることができます。つまり、購入履歴を活用して、ストアでの有意義な推奨を行うことができます。QuickBooksのお客様プロフィールは実店舗のみです。

コマース向けのソリューションを利用できる

Shopifyは商品販売のために構築されています。QuickBooksは会計のために構築されています。Shopifyはビジネス運営に必要なすぐに使えるツールを備えています。オンラインと実店舗での販売からすべての在庫の管理までを1つの管理画面から行えるため、ありあわせの統合を行わずに済みます。

ウェブサイトと管理ツールを提供

Shopifyではすべてのプランで追加費用なくEコマース機能を利用できます。Eコマース機能には、ホスティングやドラッグ&ドロップ式のウェブサイトビルダーのほか、無料と有料のウェブサイトテンプレートライブラリが利用できます。QuickBooksは有料の統合を通じてEコマース機能を提供しているのみです。

Shopifyについてさらに詳しく

Shopify POSを比較する

Shopify POSと人気の他社POSシステムの比較を見る

比較ページを見る 

Shopify POSについて詳しく知る

Shopifyの強力なソリューションが、なぜあなたのビジネスニーズを満たすことに役立つのかをご覧ください。

Shopify POSについて詳しくはこちら 

小売に関するブログを読む

成功事例から新たなトレンドまで、小売に関するあらゆるトピックをブログでチェックしましょう。

小売に関するブログにアクセスする 

Shopify POSを14日間無料でお試しください

Shopifyで実店舗とオンラインでの販売を統合し、運営を効率化して販売を増やしながら、高いリピート率を維持しましょう。

よくある質問

ShopifyはQuickBooks POSと連携できますか?

はい、ShopifyはQuickBooks POSと連携できます。ただし、連携するには高い費用がかかり、オンラインと対面での販売双方にShopifyを使用するのと同様のシームレスな統合は実現できません。

QuickBooks POSをShopifyと統合するには、サードパーティのツールを使用し、さらにEコマースサブスクリプションプランを選択する必要があります。つまり、QuickBooks POSとShopifyの料金に加えてWebgilityのサブスクリプション料金も毎月支払うことになります。サブスクリプションプランは月額39ドルからとなっており、毎月処理できる注文数と利用できる販売チャネル数が制限されています。

Shopifyであれば、オンラインと対面での販売が月額29ドルからと低額で、処理できる注文数と販売チャネル数に制限はありません。

Shopify POSに追加費用はかかりますか?

いいえ。Shopify POSに追加費用はかかりません。ただし、必要に応じてShopifyのプランにロケーションごとに月額89ドルを上乗せすることで、Shopify POS Proサブスクリプションを追加できます。

すべてのShopifyのプランはオンラインと対面での販売に対応しています。そのため、Shopifyでは月額わずか29ドルでオンラインと対面で販売することができます。ただし、オンラインストアと実店舗でのビジネス運営を行うには、月額79ドルのプランが最適です。店舗のロケーションごとに月額89ドルのPOS Proサブスクリプションを追加することができます。複数のロケーションや多くのスタッフ、大量の取引、または大規模な商品カタログがある場合にこのオプションをおすすめします。

ShopifyとQuickBooksの価格設定を比較すると、ShopifyではEコマースとPOSを1件にまとまった料金で利用できます。QuickBooksでは、POSの料金に加えてEコマースに追加で支払う必要があります。

コンピューターでShopify POSを使用できますか?

いいえ。Shopify POSをコンピューターで使用することはできません。Shopifyはビジネスソフトウェアであり、Shopify POSはPOSソフトウェアです。Shopifyはインターネット接続がある場所ならどこでも利用できますが、Shopify POSはiOSやAndroid用にダウンロードしてモバイルデバイスやタブレットで利用できるアプリです。Shopify POSはリアルタイムでバックオフィスに接続されますが、Shopify POSの情報を分けているのは、お客様情報を店舗で確認するスタッフがビジネス全体の情報にアクセスできないようにするためです。

ShopifyはどのPOSを使用していますか?

Shopifyには、Shopify POSと呼ばれる独自のPOSがあります。Shopifyのオンラインストアは他の主要なPOSプロバイダーと統合できますが、オンラインストアの運営にShopifyを使われているようであれば、Shopify POSの利用を強くおすすめします。それは、実店舗とオンラインでの販売や在庫、決済、レポート、お客様プロフィールを1か所に集約できるという機能がShopifyの優れた点だからです。すべてのビジネスデータを一元管理すると、オンラインで購入した商品の店舗での受け取りや、ロケーションを問わない返品・交換の受け付けまで、競合他社と差別化したカスタマーエクスペリエンスを提供できます。

ページ最終更新:2021年6月