ネットショップ開設にチャレンジしてみませんか?

YouTube広告収入の仕組みとは? 広告の種類と設定、費用の相場も含めて解説

近年、YouTuberという職業が知名度を上げ、子どものなりたい職業ランキングでも上位に入るほど人気が高くなっています。YouTuberは、YouTubeに動画を投稿することで広告収入を得ています。しかし、YouTubeに動画を投稿すれば必ず広告収入が得られるというわけではありません。

今回は、YouTubeの広告収入の仕組みや種類について、そもそもYouTubeとは何かやYouTubeに広告をつけるメリットとデメリットとともに解説します。

YouTube広告はユーザーに対して動画で訴求する広告のことです。18~64歳の利用率が82%(※1)にのぼるYouTube内の広告をうまく活用することで幅広い世代にリーチすることが可能となります。YouTube広告は無料で動画の視聴ができるサービスですが、広告収入を得るためには動画を投稿する必要があります。YouTubeでの広告収入に関する仕組みやコツ、流れ(※後述)などを知ることで、YouTube広告で収益を確保するポイントを把握することができます。

※1  参照:日本経済新聞「ユーチューブ、日本で10年 ネット人口の8割が視聴」

そもそもYouTubeとは?

インターネットの動画共有サービスが普及した現在、YouTubeはとても身近な存在になりました。しかし、YouTubeはどのような歴史をたどって現在に至るのかについては、知らないという方も多いかもしれません。

まずは、YouTubeの歴史と進化の過程を振り返りながら、今のYouTubeに至った経緯を確認しましょう。

YouTubeの進化と歴史

YouTubeの創業者やYouTubeの始まりについて詳しくないという方は少なくありません。

YouTubeの創業者はジョード・カリム、チャド・ハーリー、スティーブ・チェンの3人です。ジョード・カリム、チャド・ハーリー、スティーブ・チェンは全員PayPalで働いていましたが、2005年にカリフォルニア州のサンマテオで、ベンチャー企業であるセコイア・キャピタルから出資を受けてYouTubeを創業しました。

創業後すぐにYouTubeは世界的に注目を集め、創業から一年後の2006年には1日の総再生回数が1億回を超える(※1)日が当たり前になりました。YouTubeが世界的に注目を集めるようになったきっかけは、NBC放送やテレビ番組に取り上げられるようになったためです。

2006年、サーバーコストが問題となり、Googleからの買収に応じてGoogleの傘下に加わりました。

その後もYouTubeは利用者数を増やし続け、2007年には日本の国内利用者数も1,000万人を突破します。さらに2013年には月間のユニークユーザー数が10億人を突破するなど快進撃を続けます。

このユーザー数の増加には、YouTubeの機能が増加したことも影響しています。例えば、2011年にはYouTube Live、2017年にはYouTube Kidsなどの機能を追加しました。

なお、YouTubeに動画をアップロードして広告収入を得るプログラムは、2008年から一般ユーザー向けに公開されました。ただし、当時は動画に広告を表示できるアカウントは、特定の商用目的であり、かつ審査を通過したアカウントに限られていました。その後、一般アカウントにも広告表示が可能になり、YouTuberと呼ばれる職業が確立されるようになりました。

※1 ITmedia YouTubeの「1日1億」説を確認

動画広告市場の拡大

YouTubeに投稿されている動画に広告が表示されるようになった理由には、動画広告市場の拡大も影響しています。サイバーエージェントが行なった国内動画広告の市場動向調査によると、インターネットの普及と共に急成長していることがわかります。特に2021年は大手動画配信サービスのインストリーム動画広告を中心として動画広告の需要が大幅に増加しており、これまでは大企業の出稿が中心でしたが、中小企業も出稿する動きが活発化しました。

動画広告市場が急速に拡大した要因としては、スマホやPCでの動画視聴が日常化しており、動画広告の重要性が高まったことが考えられます。

動画視聴の端末や場所が多様化すれば動画広告市場はさらに拡大し続けると期待されており、サイバーエージェントは2025年には1兆円規模にまで成長すると予測しています。

YouTube利用者数率の増加

インターネットが普及したことでPCやスマホでSNSを楽しむ人が増えています。2021年時点の全世界のSNS利用者数は45億人です。このうち25億人は月に一度はYouTubeを視聴しています。つまり、SNSユーザーの約半数はYouTubeを利用しています。さらに、25億人という数字は全世界のインターネットユーザー数の約3分の1でもあることからも、YouTubeの利用者数が非常に多いことがわかります。

さらに、アメリカのYouTube利用者を年代別に見ると15歳〜55歳の70%以上がYouTubeを利用しています。15歳〜55歳の多くは日常的にインターネットを利用しており、YouTubeは幅広い世代に人気があることがわかります。特に56歳以上のYouTube利用者数の増加は大きく、2019年から2020年にかけて利用者数が9%アップしました。

このように、YouTubeは若い世代だけではなく高い年齢層でも利用者数が増加しています。今後もさらに幅広い年代でYouTubeの利用者数は増加すると見込まれています。

コロナ禍におけるYouTube

コロナイメージ

新型コロナウイルスの影響でさまざまな企業が大きなダメージを受け、倒産に追い込まれる企業も少なくありません。その一方で、コロナ禍の巣ごもり需要により、YouTubeがさらに活性化しています。なぜなら、外出自粛によって自宅にいる時間が増えたことでYouTubeを視聴する時間も増えたためです。

特に、コロナ禍では従来のスマホやPCでの視聴だけではなく、テレビに繋いで家族でYouTubeを視聴するという新たなスタイルも広がりました。

新型コロナウイルスが世界中で本格的に猛威を振るい始めた2020年。日本でも初めて全国で緊急事態宣言が発令され、娯楽施設が休業するなど外出自粛を余儀なくされる日々が続きました。その中でYouTubeを始めとする動画視聴サービスの需要が急拡大し、特に2020年のYouTube月間利用者数は国内だけでも6,500万人を超えるという驚異的な数字を記録しました。さらに外出自粛の影響でYouTubeに動画を投稿する人も増加し、投稿された動画の総時間数は前年同月の80%増という結果も出ています。

2022年4月現在は、2020年に比べると外出自粛の動きは緩和されています。しかし、現時点でも新型コロナウイルスの収束は見えず休日を自宅で過ごす人も少なくありません。今後もおうち時間のパートナーとしてYouTubeは多くの人に利用されることが予想できます。

YouTube広告のメリット・デメリット

YouTube画面

YouTube広告は、動画を投稿した人にとっては広告収入を得られるという大きなメリットがありますが、広告を出稿する企業にもメリットがあります。

この項では、YouTubeに広告を流す企業側のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

まずは、YouTubeに広告をつけるメリットをご紹介します。YouTubeに広告をつけることで得られる主なメリットは以下の通りです。 

  • 多くのユーザーにアプローチできる
  • ターゲットを絞って効果的にマーケティング戦略を実施できる
  • 自社サイトに誘導しやすくなる
  • 興味をもつ顧客を追跡できる

1つ目のメリットは、多くのユーザーにアプローチできる点です。YouTubeのユーザー数は日本国内だけでも月間6,500万人を超えます。ユーザー数が多ければその分広告を見てもらえる機会も増えるため、多くのユーザーに効率良くアプローチできます。

2つ目のメリットは、ターゲットを絞って効果的にマーケティング戦略を実施できる点です。YouTube広告には「セグメント機能」が搭載されています。セグメント機能とは、広告を出稿する際に性別・年齢・地域などを絞る機能です。そのため、ターゲットを絞って広告を効果的に配信できます。

3つ目のメリットは、自社サイトに誘導しやすくなる点です。YouTube広告は再生中にリンクを表示することができるため、顧客が興味を持つとリンクから自社サイトに訪問してくれる可能性があります。

4つ目のメリットは、顧客を追跡して広告を配信できる点です。YouTube広告はGoogle広告と紐付いています。Google広告は動画視聴者やサイト訪問者をユーザーリストとして登録できるため、広告動画を観た人やサイト訪問者に絞って再度広告を配信してアプローチできます。

デメリット

前述の通り、YouTubeに広告配信をすることでターゲットにしているユーザーに効果的にアピールしやすくなります。しかし一方で以下のようなデメリットもあります。 

  • 広告をスキップする人が多い
  • 広告のクオリティが低いと逆効果になる

1つ目のデメリットは、広告がスキップされることも多い点です。YouTubeの広告は、ユーザーが見たいと思った動画を開いた際に表示されます。つまり、ユーザーが自らその広告を見ているのではなく、意図せず表示されているためわずらわしさを感じてスキップする人が少なくありません。

YouTubeの広告にはスキップ可能な広告と不可能な広告がありますが、スキップ可能な広告は再生開始から5秒でスキップできてしまうため、商品やサービスを十分にアピールしにくいというデメリットがあります。

2つ目のデメリットは、広告のクオリティが低すぎるとマイナスイメージを与えかねない点です。なぜなら、YouTubeの広告はユーザーが望んで見ているわけではなく、マイナスな印象を持って広告と触れることになるためです。広告のクオリティがあまりにも低すぎたり、不適切なセグメントに配信をしてユーザーが興味のない広告を表示すると、その商品やサービスに対してマイナスイメージを抱かれてしまいかねません。このように、YouTube広告はマイナスイメージから入るため、広告が逆効果になることがあります。

YouTube広告収入の仕組み・種類

YouTube広告収入の仕組み

YouTube広告にはさまざまな種類があり、種類ごとに広告表示するための条件が設けられています。

この項では、広告収入の仕組みとともにYouTube広告の種類と条件について解説します。

YouTube広告収入の仕組み

動画投稿者が得られるYouTubeの広告収入は、広告を出稿している広告主が支払う「広告掲載料」から支払われています。つまり、広告主がYouTubeに対して広告掲載料を支払い、YouTubeが動画投稿者に広告収益を支払うという仕組みで成り立っています。

この仕組みからもわかる通り、YouTubeも広告収益を受け取っており、広告主が支払った広告掲載料は、YouTubeと動画投稿者で分配しています。

これまでの動画広告はテレビで放映するテレビCMが主流でしたが、近年のYouTube利用者数の増加とテレビ視聴者数の減少に伴い、YouTubeに広告を掲載する広告主が増えています。

YouTubeに動画を投稿することで得られる収益はYouTube広告だけではありません。YouTube広告以外にもYouTubeチャンネルメンバーシップやスーパーチャット、企業案件などで収益を得ることも可能です。

Googleアドセンス広告

Googleイメージ

Googleアドセンス広告とは、ここまでご紹介してきたYouTubeの動画広告のことです。YouTubeの動画に広告を表示することで広告収入が得られます。YouTuberと呼ばれる職業の人たちの多くは、主にこのGoogleアドセンス広告(YouTube動画広告)で収入を得ています。

Googleアドセンス広告の収入の仕組みは、前述の通り、広告主がYouTubeに広告掲載料を支払い、YouTubeが動画投稿者に一部の広告掲載料を支払うという流れです。

Googleアドセンス広告で動画投稿者が得られる収益は、再生時間と表示回数で決まります。YouTuberの人気指標としてチャンネル登録者数が注目されますが、広告収入は再生時間と表示回数という人気を示す指標とは異なる指標で決まります。ただし、チャンネル登録者数は広告収入への直接指標とはなりませんが、チャンネル登録している人はそのチャンネルのファンであるため、登録している人の方が再生時間や表示回数も多くなる傾向があります。

スーパーチャット

スーパーチャット

画像:YouTubeヘルプより

YouTubeでは、撮影して編集した動画をアップするだけではなくライブ配信も可能です。ライブ配信で得られる収益がスーパーチャットです。

スーパーチャットとは、ライブ配信中に視聴者が動画投稿者に対してコメントと共に支援金を送ることができる機能です。支援金を受け取る際はYouTubeに3割の手数料を支払う必要があり、1日当たりの支援金の上限は1人あたり50,000円までという制限があります。 

スーパーチャットは広告とは一切関係のない収入で、スーパーチャットだけで生計を立てられるYouTuberもいます。また、視聴者は、スーパーチャット機能を活用してコメントすればコメントが大きく表示されるため、自分のコメントがライブ配信者に読まれやすくなるというメリットがあります。

なお、スーパーチャットは視聴者からの支援金をYouTubeが受け取り、支援金の7割がYouTubeから動画投稿者に支払われるという仕組みです。

YouTubeチャンネルメンバーシップ

YouTubeチャンネルメンバーシップでも収入を得られます。YouTubeチャンネルメンバーシップとは、ファンクラブのYouTube版のようなもので、月額制のメンバー料金を支払うことでメンバー限定の特典を受け取れる仕組みのことです。動画投稿者は月額料金を受け取ることができ、視聴者はメンバーのみしか見られない動画を視聴できたり、メンバーのみ利用できるスタンプが受け取れたりなどお互いにメリットがあります。

ただし、YouTubeチャンネルメンバーシップにも収入に対する制約があります。それは料金を受け取る際に3割の手数料が発生することです。なお、YouTubeチャンネルメンバーシップはチャンネル登録者数が1,000人以上の動画投稿者しか利用できません。

アフィリエイト広告

アフィリエイト

アフィリエイト広告も広告収入の一種です。Googleアドセンス広告と異なる点は、アフィリエイト広告は動画投稿者自身が直接提携した企業の広告を掲載する点と、お金の流れです。Googleアドセンス広告は、自動的に自身の動画に適した広告がつきます。しかし、アフィリエイト広告は動画投稿者が自分で選んだ企業の広告を表示する必要があります。

また、Googleアドセンス広告のお金の流れは「広告主からYouTube、YouTubeから動画投稿者」でしたが、アフィリエイト広告は「広告主から動画投稿者」または「広告主からASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)、ASPから動画投稿者」です。つまり、アフィリエイト広告で得られる広告収入はYouTubeを仲介しません。

従来のアフィリエイト広告はブログが主流でした。しかし、YouTubeの利用者数の増加に伴いブログだけではなくYouTubeにもアフィリエイト広告を掲載したいという企業が増えました。

企業案件

企業案件で収益を得られることもあります。企業案件とは、企業から直接依頼を受け、動画投稿者が動画で依頼された企業の商品やサービスの魅力を紹介することで収益を得る広告です。企業案件のお金の流れは「企業から動画投稿者」であり、企業案件もアフェリエイト広告同様YouTubeを介することはありません。

企業案件は、一定数の知名度がありチャンネル登録者が多い動画投稿者に依頼されます。なぜなら、チャンネル登録者数が少なく再生回数も少ない動画投稿者にアピールを依頼しても十分な効果が見込めないためです。ただし、マニアックなジャンルの案件だった場合はチャンネル登録者数が少ない動画投稿者でも企業から依頼が来ることもあります。

その他

ここまでご紹介した通り、YouTubeに動画を投稿することで広告収入だけではなく機能の活用や企業案件によって収益が得られることもあります。

ご紹介した収益以外でも、オリジナル商品の販売やイベントの開催などで収益を得ることも可能です。

YouTube広告の種類と条件

YouTubeには複数の種類があり、種類ごとにさまざまな条件が設けられています。YouTube広告の5種類の特徴と条件をそれぞれ詳しくご紹介します。

インストリーム広告

インストリーム広告とは、動画を開いた際または再生中に流れるスキップ可能な広告です。ユーザーの目に留まりやすいというメリットがある一方で、煩わしさを感じてスキップされやすいというデメリットもあります。

なお、インストリーム広告は、視聴者がスキップせずに30秒間動画を視聴した場合、または広告のリンクをクリックした場合のみ収益が発生します。

バンパー広告

バンパー広告とは、インストリーム広告同様動画の再生中に流れる広告です。ただし、最初の6秒間は広告をスキップできないという特徴があり、バンパー広告の多くは6秒以内の短めの広告です。

6秒以内に広告を収められればスキップされないというメリットがある一方で、企業側は6秒間で商品やサービスをアピールしなければならないという難しさもあります。

バンパー広告は1,000回表示される毎に収益が発生します。 

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告とは、動画の下部に表示される広告で、動画ではなくバナー形式で表示されます。動画のジャンルに近い広告が自動的に表示されるため、ターゲット層にアピールしやすいというメリットがあります。オーバーレイ広告は、ユーザーが広告バナーをクリックした場合のみで収益が発生します。

ディスカバリー広告

ディスカバリー広告とは、検索結果の上部や関連動画の横などに表示される広告です。オーバーレイ広告同様、ユーザーの登録情報や動画視聴履歴から適した広告が表示されるためターゲット層にアピールしやすい一方で、目に留まりにくいというデメリットがあります。

ディスカバリー広告は、広告をクリックした場合のみ収益が発生します。

特徴や収益発生の条件などオーバーレイ広告に似ている点がありますが、両者は広告が表示される場所に違いがあります。

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告とは、YouTube外のサイトやアプリなどで表示されるモバイル専用の広告です。音が出ていないミュート状態で広告動画が自動的に再生され、タップすることで音声も流れます。

YouTubeユーザー以外にもアピールできるというメリットがある一方で、ミュート状態から再生されるため広告の存在に気づきにくいまたはタップしないと広告の内容を理解しにくいというデメリットがあります。

アウトストリーム広告は、2秒以上再生されるか画面の50%以上を占めた状態で表示されている場合のいずれかで収益が発生します。

YouTubeで広告収入を得るためのコツ

スマホYouTubeイメージ

YouTubeは単に動画を投稿すれば広告がつき、広告収入が得られるという単純な仕組みではありません。また、広告をつけられても広告収入を得るために再生回数を増やすための工夫が必要です。

この項では、YouTubeで広告収入を得るためのコツをご紹介します。

高いクオリティの動画を作る

YouTubeの広告収入を増やすためには、チャンネル登録者数を増やして広告の表示回数を増やすことが有効です。チャンネルの登録者数を増やすためには、高いクオリティの動画を作り続けましょう。クオリティが高い動画とは、視聴者が途中で見飽きない、内容がわかりやすい、その動画を視聴することで視聴者のメリットになるなどの動画です。

ユーザーにとって満足感のある動画を提供し続けられれば、根強いファンがつきチャンネル登録してくれます。

制作段階から動画の制作意図を明確にして高クオリティな動画を作り、広告収入を増やしましょう。

ターゲットを明確にする

動画のターゲットを明確にしておくことも重要です。なぜなら、ターゲットを絞ることでチャンネル登録してくれる確率が高くなるためです。

幅広いユーザーにアプローチしようとさまざまなジャンルの動画を作成すると、「視聴者は自分の見たいジャンルの動画が投稿された時だけ見よう」となかなかチャンネル登録してくれません。

ターゲットを明確にして動画のジャンルに一貫性を持たせましょう。

目的に合った広告を選択する

目的に合った広告を選ぶことも広告収入を得るコツです。なぜなら動画再生前に広告が表示されたとしても、自分の興味のあるジャンルであれば煩わしさを感じず広告のリンクをクリックしてくれる可能性が高くなるためです。

ターゲットを明確にすればターゲットのニーズに合った広告を選択しやすくなります。

動画を継続して投稿する

ターゲットのニーズに合った高クオリティな動画を継続的に投稿することが大切です。更新頻度があまりにも低かったり単発で投稿しても、チャンネル登録者数は増えません。動画を継続して投稿することで、着実にチャンネル登録者数を増やすことができ、自ずと広告の表示回数も増えます。

分析ツールで効果測定を行う

投稿している動画がターゲットのニーズに合っているかを判断するためには、定期的に分析ツールで効果測定を行いましょう。十分に効果が出ていない場合は、動画のジャンルを変えてみたり、選択する広告を変えてみるなどの工夫をすることで、チャンネル登録者数の増加及び広告収入の増加が図れます

YouTubeに広告出稿する流れ

YouTubeホーム画面

利用者数の多いYouTubeに広告を出すことで、多くの人の目に留まりやすくなります。そのためYouTubeに広告を出稿したいとお考えの方もいるでしょう。

そこでここからは、YouTubeに広告を出稿する流れをご紹介します。YouTubeに広告を出稿する流れは以下の通りです。

①YouTubeアカウントを作成する

②出稿したい動画広告をアップロードする

③広告動画の詳細を設定する(広告を表示する範囲など)

④予想インプレッション数、視聴回数、費用を確認する

⑤セグメント機能の設定をする(ターゲットの年齢や性別、趣味、関心など)

⑥一日あたりの予算を設定する

⑦ここまでの設定内容を再度確認する

⑧支払情報を登録する

⑥で設定した予算によって広告の掲載量が大きく変わります。なるべく多く広告を出したい場合は予算も高く設定しなければなりません。

また、支払い方法については、自動で決済を行ってくれる「自動支払い」と、出稿したい広告費を事前に入金する「手動支払い」の2種類から選択できます。

YouTube広告のターゲティング方法

先ほどご紹介した通り、YouTube広告にはセグメント機能がありターゲットを絞れます。セグメント機能では、性別・年齢・住んでる地域・ターゲットの趣味や関心などを細かく設定できます。

適切にターゲットに広告を配信するためには、セグメント機能は細かくかつ正確に設定しましょう。

YouTube広告をブロック・非表示にする方法

YouTubeの動画広告に煩わしさを感じる人は少なくありません。特に、見たい動画を開いた際に広告が流れることに不満を感じる人が多いです。

YouTube広告を非表示にするためには、YouTube Premiumに登録しなければなりません。YouTube Premiumは月額1,180円で利用できる有料会員の特典の一つです。YouTubeは基本無料で利用できますが、広告を非表示にしたい場合は有料プランのYouTube Premiumへの加入が必要です。

まとめ

YouTubeは利用者数が多くターゲットを絞れるため、YouTubeに広告を掲載することで効率的に商品やサービスをアピールできます。広告を掲載する際は、効率よくアピールできるYouTubeへの広告の出稿がおすすめです。

また、現在起業する方法は多数ありますがネットショップ開設がおすすめです。なぜなら、コロナ禍においてネットショップの需要が高まっている他、オフィスを構える必要がなく初期費用を抑えられるためです。ネットショップを開設する際は世界175カ国で利用されている「Shopify」をご利用ください。

よくある質問

Q.YouTubeへの広告の出稿は誰でもできますか?

A.YouTubeアカウントを作成して支払手続きをすれば誰でも出稿できます。

Q.YouTubeの広告の種類は?

A.インストリーム広告、バンパー広告、オーバーレイ広告、ディスカバリー広告、アウトストリーム広告などです。

Q.YouTubeに広告を出稿するメリットは?

A.ユーザー数が圧倒的に多い、ターゲットを絞って効果的にマーケティングできる点などです。

Q.セグメント機能とは?

A.性別や年齢、地域などターゲットを絞れる機能のことです。

ネットショップを開設しよう!

14日間のShopify無料トライアルはこちら

トピック: